2018.09.21

板倉聖宣『白菜のなぞ』:高度な知識を楽しくわかりやすく

板倉・塚本・宮地による『たのしい知の技術』(仮説社,2001年)を読んでいたら,同社から出ている他の本も読みたくなったので,板倉聖宣『白菜のなぞ』(仮説社 やまねこ文庫,1994年)を取り寄せて読んでみた。

土橋とし子のイラストがいい味わいを出している。

さて,中身は……というと,凄くイイ!

身近な野菜である白菜にまつわるミステリーを,小学校高学年以上であれば理解できる,楽しくわかりやすい文章で解き明かしている。

まず驚くのが,白菜は清国の野菜であり,日本に伝来し,根付いたのは,明治維新以降だったということである。

そして,日本で栽培に成功するまでには大変な苦労があったということである。

なぜ,日本ではなかなか栽培に成功しなかったのか。それには,「種(しゅ)」と「品種」の概念が関係する。

「品種」もしくは「変種(亜種)」は,種が同じだが,形が性質が大きく異なるものを区別するための概念である。

ダイコンとカブは種が違う。だから交雑しない。

しかし,白菜とカブは品種が違うが,種は同じ。だから交雑する。

ついでに言うと,白菜とカブに加えて,アブラナはもまた同じ種で品種が違うだけ。いずれも「ブラッシカ・ラパ(Brassica rapa)」というアブラナ科アブラナ属の植物である。

日本では昔からカブやアブラナが栽培されてきた。そこへ新参者の白菜がやってくるとどうなるか?

もうだいたい結果の想像がついたと思う。

そういった環境で白菜が栽培できるようにするためにはどうしたらよいのか。農業関係者の悪戦苦闘ぶりが本書に記されている。


◆   ◆   ◆


本書は特徴ある書きぶりで,白菜の謎だけではなく,科学的思考とは何かということをも伝えている。

科学的思考の特色として「仮説検証」ということが挙げられる。まず,仮説を提示して,それを立証・反証していくということである。

本書の第1章では,白菜が明治維新以降に清国から伝来した野菜であることを資料によって示したうえで,なぜ,明治以前に白菜が栽培されていなかったのか,ということについて,

(1)昔の日本人は,中国や朝鮮(韓国)にハクサイがあることを知りもしなかったのでしょうか。

それとも,

(2)知ってはいても,昔の日本人はハクサイのようなものが好きではなかったので,取り入れようともしなかったのでしょうか。

それとも,

(3)ハクサイを取り入れたかったのに,いろいろな障害があって取り入れることができなかっただけなのでしょうか。

(本書19~20ページ)

とリサーチクエスチョン(仮説を疑問形で表したもの)を提示している。そして,このリサーチクエスチョンに答える形で話を進めていく。まさしく「仮説検証」プロセスそのもの。


◆   ◆   ◆


最後に。

やまねこ文庫の「やまねこ」とは,かつてガリレオ・ガリレイが活躍したイタリアの科学アカデミー「アッカデーミア・デイ・リンチェイ(Accademia dei Lincei)」,すなわち「山猫学会」に由来する。

本書の内容にふさわしいレーベルである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.18

リサーチメソドロジー

リサーチメソドロジー,つまり研究方法論というものを教えなくてはいけなくなったので,それに関する資料をまとめているところである。

単に研究方法(テクニック)を教えるだけでなく,そもそも研究とは何か,なぜ研究をする必要があるのか,ということも含めて教える必要がある。

ここで,参考にしているのが立場の違う2つの書籍である。

ひとつは,職業研究者を育てようという意図がある書籍,Ranjit Kumarによる"Research Methodology: A Step-by-Step Guide for Beginners" (SAGE, 2014)である。

人文社会科学系の研究初心者向けの書籍だが,理工系の研究者にとっても参考になることが多い。

そしてもう一つが,アマチュア研究者を応援しようという意図がある書籍,板倉・塚本・宮地による『たのしい知の技術』(仮説社,2001年)である。

アマチュアでもやり方次第で職業研究者なみの成果が得られる方法を伝えている。また,アマチュア研究の醍醐味として「究極の知的エンターテイメント」であることを伝えている。

残念ながら,『たのしい知の技術』は現在,品切れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.22

新阿武川発電所を観てきた

仕事の一環で,山口県企業局が管理している新阿武川(しんあぶがわ)発電所を観てきた。

これは阿武川水系に設置された阿武川ダムの水を利用して発電を行う,要するに水力発電所である。

Damdsc_1142

阿武川ダムは重力アーチ式コンクリートダムで,堤高は95メートルある。

Damdsc_1147

近くで見るとやはり圧巻である。

ダムには治水と利水の2つの役割がある。治水というのは洪水を防いだり,水量を調整することを言う。そして利水というのは飲み水や工業用水を取水したり,発電したり,水を利用することを言う。水力発電所は後者,利水のための施設である。

新阿武川発電所はこのダムの底から取水して下の写真(↓)の水圧鉄管に水を流し,その水を使って水車を回す。この水圧鉄管には毎秒30立方メートル,つまり30トンの水が流れる。

Damdsc_1146

水車自体は見られないが,下の写真(↓)はその水車によって回る軸である。

Damdsc_1144

この車軸(↑)がさらに発電機(↓)を回して,最大19,500kWの電気を起こす。

Damdsc_1143

この発電所,運転開始は1975年3月。年間70,000MWh,およそ20,000世帯分の電力を作り出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.06

ラオ文字を学ぶ

ラオスにはかれこれ9年9回にわたって出稼ぎに行っているのだが,あいさつ程度しかラオ語ができない。

ここで一念発起してラオス語(ラオ語)を学ぶことにした。ネパール語も勉強し始めたところだというのに。


まずはラオ文字を覚える。

ラオ文字の子音字は27個ある。ヒンディー語やネパール語で使うデーヴァナーガリー文字の場合,子音字は33個だったから,少しばかりは楽である:

Lao01_2

あと,一筆書きで書けるところが良い。

しかし,似た字があって老生のような初学者はちょっと混乱する。

bとp,rとh,nyとyが似ている。

Lao02_2

あと2文字ずつある,phとfも互いに似ていてちょっと混乱する。fの方がしっぽが少し長いが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.04

統計実務の好著が出た:朝野煕彦『入門 多変量解析の実際』

統計実務の好著がちくま学芸文庫に入った:

朝野煕彦『入門 多変量解析の実際』(ちくま学芸文庫,2018年5月)

以前,同じくちくま学芸文庫に入っていた,林知己夫の『調査の科学』を紹介したことがある(参照)が,ちくま学芸文庫は統計学をはじめ,こういう数学の背景にある思想を伝える名著を出してくれるので,とても助かる。


◆   ◆   ◆


この本はもともとは講談社から2000年に発刊されていた。それから幾星霜,いまやデータサイエンス全盛期である。統計実務とでもいおうか,多変量解析のような分析手法を使いこなすことが文系理系関係なく多くの人に求められている。

分析自体はRのほか,SASやSPSSのような統計プログラム・パッケージが自動的に行ってくれる。問題は分析の目的や分析後の解釈の部分である。そういった「思想」に関わる部分をしっかり教えてくれる本が必要である。そういう意味で,『入門 多変量解析の実際』のような本は貴重。

これまで,Rをさんざん駆使して重回帰分析だのクラスター分析だのをやってきたわけだが,こういう本を読むと,自分のやってきたことの意味を再確認することができる。それだけではなく,今まで勘違いしてきたこと,知らなかったことも判明する。


◆   ◆   ◆


理工系書籍で知られる,朝倉書店からは朝野煕彦先生ほか監修の「シリーズ マーケティング・エンジニアリング」が出ている。R使いのみならず,統計実務に関わっている人たちにはお勧め:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.31

火山探検家タッキー:Nature系の雑誌にも名前が…

芸能界とかスポーツ界にはときおりアカデミックな業績を上げる人が登場する。

老生の知っているところでは,考古学者でもある,俳優・苅谷俊介がそうだ。

スポーツ界では室伏"アレクサンダー"広治がそうだ。本ブログでも過去に2回取り上げた(「室伏博士」(2007年7月4日),「室伏広治博士、機械学会誌に寄稿す」(2010年2月12日))。

で,このほど,タッキーこと滝沢秀明がこの列に加わった。

昨晩,NHKBSプレミアム「滝沢秀明の火山探検紀行」という番組が放送されていたのだが,この番組で,タッキーが火山探検家であり,資料の採取など,火山の研究にも貢献していることを知った。

一応確かめてみたら,Nature系の雑誌"Scientific Reports"に連名で登場していた:

"Giant rhyolite lava dome formation after 7.3 ka supereruption at Kikai caldera, SW Japan" (Scientific Reports volume 8, Article number: 2753 (2018))

インパクトファクター最高峰のNatureではないが,同グループの雑誌に名前が出るとは大したもの。素直に驚く次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.30

ネパール語のもう一つのbe動詞(cha)の活用(単数形)

119pxflag_of_nepal

前回までネパール語のbe動詞的なもの,हो (ho)の活用形を学んだわけだが,ネパール語にはもう一つbe動詞的なものがある。

छ (cha)である。

今回も,石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を紐解く。

छ (cha)の活用形だが,1,2,3人称×単数複数×肯定否定は次の通りである:

一人称単数
म ... छु । ... छैन​ँ ।
ma ... chu. ... chaina~.
私は・・・いる。 ・・・いない。

二人称単数
त​​ँ ... छस । ... छैनस् ।
ta~ ... chas. ... chinas
お前は・・・いる。 ・・・いない。

三人称単数
उ, त्यो, यो ... छ​। ... छैन
u, tyo, yo ... cha. ... chaina
あの人,その人,この人は…いる。 …いない。
一人称複数
हामी ... छौं । ... छैनौं ।
haamii ... chau~. ... chainau~.
私たちは・・・いる。 ・・・いない。

二人称複数
तिमी ... छौ । ... छैनौ ।
tinii ... chau. ... chainau
お前たちは・・・いる。 ・・・いない。

三人称複数
उनी, तिनी, यिनी​​ँ ... छन्। ... छैनन्
unii, tinii, yinii ... chan. ... chainam
あの人たち,その人たち,この人たちは…いる。 …いない。

ちなみに,尊敬形はहो (ho)の時と同じで,हुनुहुन्छ​ (hunuhuncha), हुनुहुन्न (hunuhunna)である。

次に短文の練習:

म घरमा छु ।
ma ghar-maa cha.
私は 家に います。

बिरालो टेबुलमा छ ।
biraalo Tebul-ma cha.
猫がテーブルの上にいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネパール語のbe動詞的なもの(ho)の活用(尊敬表現)

119pxflag_of_nepal

今回も,石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を参照しながら,ネパール語のbe動詞的なもの,हो (ho)の活用形を学ぶ。1,2,3人称の単数形と複数形は覚えたので,最後に尊敬表現(尊敬形)を学ぶ:

तपाईं ... हुनुहुन्छ
​ tapaaii ... hunuhuncha
あなたは・・・だ。

उहाँ ... हुनुहुन्छ​
uha-~ ... hunuhuncha
あの方は・・・だ。

यहाँ ... हुनुहुन्छ
yaha-~ ... hunuhuncha
この方は・・・だ。

否定形は,例えばこうなる:

तपाईं ... हुनुहुन्न
​ tapaaii ... hunuhunna
あなたは・・・ではない。


これで一通り覚えたので,例文を書いてみる。

म जापानी हुँ ।
ma jaapaanii hu~
私は 日本人 です。

म नेपाली होइन​ँ ।
ma nepaalii hoina~
私は ネパール人 ではありません。

उहाँ नेपाली गुरु हुनुहुन्छ ।
uha~ nepaalii guru hunuhuncha
あの方は ネパール人の 先生 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.29

ネパール語のbe動詞的なもの(ho)の活用(続)

119pxflag_of_nepal

今回も,石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を参照しながら,ネパール語のbe動詞的なもの,हो (ho)の活用形を学ぶ。1,2,3人称複数形は次のようになっている:

<1人称複数>

हामी ... हौं
haamii ... hau~
私たちは…だ。

<2人称複数>

तिमी ... हौ
timii ... hau
お前たちは…だ。

<3人称複数>

उनी ... हुन्
unii ... hun
あの人たち(あれら)は…だ。

तिनी ... हुन्
tinii ... hun
その人たち(それら)は…だ。

यिनी ... हुन्
yinii ... hun
この人たち(これら)は…だ。


さて,次に否定形である。

<1人称複数>

हामी ... होइनौं
haamii ... hoinau~
私たちは…ではない。

<2人称複数>

तिमी ... होइनौ
timii ... hoinau
お前たちは…ではない。

<3人称複数>

उनी ... हुोइनन्
unii ... hoinan
あの人たち(あれら)は…ではない。

तिनी ... हुोइनन्
tinii ... hoinan
その人たち(それら)は…ではない。

यिनी ... हुोइनन्
yinii ... hoinan
この人たち(これら)は…ではない。

これで,1, 2, 3人称×単数複数の6パターンを学んだわけだが,あと,尊敬形と呼ばれるものもある。それについては別途ご紹介する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.28

ネパール語のbe動詞的なもの(ho)の活用

119pxflag_of_nepal

とても毎日は勉強できないが,暇を見つけては,石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を紐解き,ネパール語の勉強をしている。

今回はネパール語のbe動詞的なもの,हो (ho)の活用である。
ネパール語もインド・ヨーロッパ語族に属するので,1,2,3人称×単数複数の動詞の活用がある:

<1人称単数>

म ... हुँ
ma ... hu~
私は…だ。

<2人称単数>

तँ ... होस्
ta~ ... hos
お前は…だ。

<3人称単数>

उ ... हो
u ... ho
あの人(あれ)は…だ。

त्यो ... हो
tyo ... ho
その人(それ)は…だ。

यो ... हो
yo ... ho
この人(これ)は…だ。


さて,次に否定形である。

<1人称単数>

म ... होइनँ
ma ... hoina~
私は…ではない。

<2人称単数>

तँ ... होइनस्
ta~ ... hoinas
お前は…ではない。

<3人称単数>

उ ... होइन
u ... hoina
あの人(あれ)は…ではない。

त्यो ... होइन
tyo ... hoina
その人(それ)は…ではない。

यो ... होइन
yo ... hoina
この人(これ)は…ではない。

三人称について思ったのだが,「この人」と「これ」が同じ表現である。人とモノが同じで面白い。まあ,日本語で言えば,「あちらは」「そちらは」「こちらは」という表現かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧