2018.08.30

明治のころのネパールに関する知識

119pxflag_of_nepal

明治から昭和初期にかけて,ネパールに対する日本人の知識はどの程度のものだったのか知ろうと思って,国立国会図書館のデジタルコレクションを眺めているところである。

鳥谷部銑太郎編『世界之帝王』(1905(明治38)年6月15日,博文館発行)という本に当時のネパール国王のことが載っていたので,丸ごと引用する。


◆   ◆   ◆


ネパールはヒマラヤ山脈中の独立王国にして,その称号はマハラジャ,ドヒラジャ,ビルチビ,ビル,ビクラム,シャムセル,ユング,バハヅル,サー,バハヅル,シャムセル,ユングという長き語なり。彼は1875年8月8日生まれて,同81年5月17日即位せり。国体は軍人政治にして,主権は王の掌中に帰せど,実際は宰相ビム,シャムセル,ユングの握るところたり。


この国はかつてシナに属したれど,後独立し,また英と戦いしかど1815年以来は,英と親交を結べり,常備兵は2万5千あり。


この国を訪いし者は,宮殿はじめ,仏教寺院は言わずもあれ,普通の建築にても,装飾に意を用うること非常なるに驚かざるを得ず。王はシナ皇帝,及びダライ・ラマと同年輩にして彼を訪いし英国人の記するところによれば,ネパール人中には稀に看る程の好男子にして,知識もまた進み,英語を語ること甚だ自由なりと。


王は万事英国風に倣わんと欲し,国民もまた王に倣うて,英国を模範とす。ロバート伯は,かつてネパール王宅に招かれたり。当時の記事によれば,王は欧州の事情を研究すること実に深し。国務大臣は,政治のごとき俗務を,王の耳に入るるは,彼の神聖を汚すものなりとて,ことごとく自身らにて処理すとか。


王は青年の頃,4人の妃を迎えたり。このうち2人は宰相の娘なりという。


(鳥谷部銑太郎編『世界之帝王』, pp.216 - 217)


◆   ◆   ◆


さて,この文章に出てくる王様「マハラジャ,ドヒラジャ,ビルチビ,ビル,ビクラム,シャムセル,ユング,バハヅル,サー,バハヅル,シャムセル,ユング」とは,ネパール第7代国王プリトビ・ビール・ビクラム・シャハ (Prithvi Bir Bikram Shah पृथ्वी बीर विक्रम शाह)のことである。「マハラジャ,ドヒラジャ」は王の称号である。細かい話だが,この本では生年月日が1875年8月8日となっているが,正確には8月18日である。

当時は王家を差し置いて,ラナ家が独裁政治をしていた時代である。宰相「ビム,シャムセル,ユング」とはビール・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ (Bir Shamsher Jang Bahadur Rana वीर समसेर जङ्गबहादुर राणा)のことだと思われる。ただし,ビール・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナが宰相を務めていたのは1901年3月までのことで,この本が発行された1905年には弟のチャンドラ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナ (Chandra Shamsher Jang Bahadur Rana चन्द्र समसेर जङ्गबहादुर राणा)が宰相を務めていた。

国王プリトビ・ビール・ビクラム・シャハはラナ家から実権を取り戻そうと試みて,結局宰相チャンドラ・シャムシェル・ジャンガ・バハドゥル・ラナに毒殺されたという話だ。

王家が実権を取り戻すのは,国王プリトビ・ビール・ビクラム・シャハの遺児トリブバン・ビール・ビクラム・シャハ (Tribhuvan Bir Bikram Shah त्रिभुवन वीर विक्रम शाह)の代,1951年のこと。カトマンズのトリブバン国際空港や名門トリブバン大学の名はこの王の名から取られたものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.09

デーヴァナーガリー文字とラオ文字をまとめて学ぶ

ネパールやラオスでの仕事があるため,デーヴァナーガリー文字を学んだり(参考),ラオ文字を学んだり(参考)しているわけである。

眺めてみるとどちらもブラーフミー系文字なので,文字の並びが似ている(形は似てないが)。

纏めてみたので下に示す:

Lao

"s"の類がラオ文字では硬口蓋音に入っているのはいかがなものかという意見はごもっとも。本来は摩擦音の方に属していないといけないが,ラオ文字のアルファベット順をなるべく維持しようとして敢えて硬口蓋音の行に置いている。


並べた時にかっこよく見えるのはデーヴァナーガリー文字だと思うが,これは好みの問題。

以下は小生の教科書:



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.30

ネパール語のもう一つのbe動詞(cha)の活用(単数形)

119pxflag_of_nepal

前回までネパール語のbe動詞的なもの,हो (ho)の活用形を学んだわけだが,ネパール語にはもう一つbe動詞的なものがある。

छ (cha)である。

今回も,石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を紐解く。

छ (cha)の活用形だが,1,2,3人称×単数複数×肯定否定は次の通りである:

一人称単数
म ... छु । ... छैन​ँ ।
ma ... chu. ... chaina~.
私は・・・いる。 ・・・いない。

二人称単数
त​​ँ ... छस । ... छैनस् ।
ta~ ... chas. ... chinas
お前は・・・いる。 ・・・いない。

三人称単数
उ, त्यो, यो ... छ​। ... छैन
u, tyo, yo ... cha. ... chaina
あの人,その人,この人は…いる。 …いない。
一人称複数
हामी ... छौं । ... छैनौं ।
haamii ... chau~. ... chainau~.
私たちは・・・いる。 ・・・いない。

二人称複数
तिमी ... छौ । ... छैनौ ।
tinii ... chau. ... chainau
お前たちは・・・いる。 ・・・いない。

三人称複数
उनी, तिनी, यिनी​​ँ ... छन्। ... छैनन्
unii, tinii, yinii ... chan. ... chainam
あの人たち,その人たち,この人たちは…いる。 …いない。

ちなみに,尊敬形はहो (ho)の時と同じで,हुनुहुन्छ​ (hunuhuncha), हुनुहुन्न (hunuhunna)である。

次に短文の練習:

म घरमा छु ।
ma ghar-maa cha.
私は 家に います。

बिरालो टेबुलमा छ ।
biraalo Tebul-ma cha.
猫がテーブルの上にいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネパール語のbe動詞的なもの(ho)の活用(尊敬表現)

119pxflag_of_nepal

今回も,石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を参照しながら,ネパール語のbe動詞的なもの,हो (ho)の活用形を学ぶ。1,2,3人称の単数形と複数形は覚えたので,最後に尊敬表現(尊敬形)を学ぶ:

तपाईं ... हुनुहुन्छ
​ tapaaii ... hunuhuncha
あなたは・・・だ。

उहाँ ... हुनुहुन्छ​
uha-~ ... hunuhuncha
あの方は・・・だ。

यहाँ ... हुनुहुन्छ
yaha-~ ... hunuhuncha
この方は・・・だ。

否定形は,例えばこうなる:

तपाईं ... हुनुहुन्न
​ tapaaii ... hunuhunna
あなたは・・・ではない。


これで一通り覚えたので,例文を書いてみる。

म जापानी हुँ ।
ma jaapaanii hu~
私は 日本人 です。

म नेपाली होइन​ँ ।
ma nepaalii hoina~
私は ネパール人 ではありません。

उहाँ नेपाली गुरु हुनुहुन्छ ।
uha~ nepaalii guru hunuhuncha
あの方は ネパール人の 先生 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.29

ネパール語のbe動詞的なもの(ho)の活用(続)

119pxflag_of_nepal

今回も,石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を参照しながら,ネパール語のbe動詞的なもの,हो (ho)の活用形を学ぶ。1,2,3人称複数形は次のようになっている:

<1人称複数>

हामी ... हौं
haamii ... hau~
私たちは…だ。

<2人称複数>

तिमी ... हौ
timii ... hau
お前たちは…だ。

<3人称複数>

उनी ... हुन्
unii ... hun
あの人たち(あれら)は…だ。

तिनी ... हुन्
tinii ... hun
その人たち(それら)は…だ。

यिनी ... हुन्
yinii ... hun
この人たち(これら)は…だ。


さて,次に否定形である。

<1人称複数>

हामी ... होइनौं
haamii ... hoinau~
私たちは…ではない。

<2人称複数>

तिमी ... होइनौ
timii ... hoinau
お前たちは…ではない。

<3人称複数>

उनी ... हुोइनन्
unii ... hoinan
あの人たち(あれら)は…ではない。

तिनी ... हुोइनन्
tinii ... hoinan
その人たち(それら)は…ではない。

यिनी ... हुोइनन्
yinii ... hoinan
この人たち(これら)は…ではない。

これで,1, 2, 3人称×単数複数の6パターンを学んだわけだが,あと,尊敬形と呼ばれるものもある。それについては別途ご紹介する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.28

ネパール語のbe動詞的なもの(ho)の活用

119pxflag_of_nepal

とても毎日は勉強できないが,暇を見つけては,石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を紐解き,ネパール語の勉強をしている。

今回はネパール語のbe動詞的なもの,हो (ho)の活用である。
ネパール語もインド・ヨーロッパ語族に属するので,1,2,3人称×単数複数の動詞の活用がある:

<1人称単数>

म ... हुँ
ma ... hu~
私は…だ。

<2人称単数>

तँ ... होस्
ta~ ... hos
お前は…だ。

<3人称単数>

उ ... हो
u ... ho
あの人(あれ)は…だ。

त्यो ... हो
tyo ... ho
その人(それ)は…だ。

यो ... हो
yo ... ho
この人(これ)は…だ。


さて,次に否定形である。

<1人称単数>

म ... होइनँ
ma ... hoina~
私は…ではない。

<2人称単数>

तँ ... होइनस्
ta~ ... hoinas
お前は…ではない。

<3人称単数>

उ ... होइन
u ... hoina
あの人(あれ)は…ではない。

त्यो ... होइन
tyo ... hoina
その人(それ)は…ではない。

यो ... होइन
yo ... hoina
この人(これ)は…ではない。

三人称について思ったのだが,「この人」と「これ」が同じ表現である。人とモノが同じで面白い。まあ,日本語で言えば,「あちらは」「そちらは」「こちらは」という表現かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.15

ネパール語の比較表現

119pxflag_of_nepal

石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を紐解きながら,ネパール語の勉強を断続的に続けている。

今は比較の表現を勉強したところ。

भन्दा (bhandaa)は比較を表す後置詞で,「よりも」という意味を持つ。

यो कलम त्यो कलम भन्दा राम्रो छ ।
Yo kalam tyo kalam bhandaa raamro cha.
この ペンは あの ペン よりも 良い です。

नेपाल अमेरिका भन्दा सानो देश हो ।
Nepal Amerikaa bhandaa saano desh ho.
ネパールは アメリカ よりも 小さい 国 です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.05

ネパール語とロシア語における所有の表現

ネパール語の勉強を淡々と続けているところだが,所有の表現で興味深いことが分かった。

私はペンを持っています。

という日本語を英語に訳すと,

I have a pen.

となる。だが,ネパール語には所有を一語で表す単語がなく,「私のところにペンがあります。」という表現をする:

मसंग कलम छ ।
masanga kalam cha.
At me a pen exists.
わたしには ペンが あります。
=私はペンを持っています。

このような表現,どこかで見たような気がすると思ったら,老生がかつて習っていたロシア語でも似た表現をするのを思い出した:

У меня есть ручка.
u menya yest’ ruchka.
At me exists a pen.
わたしには あります ペンが。
=私はペンを持っています。

所有に関する表現について,英語型とロシア語型とで言語を分類すると面白いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.27

「猫」を使ってのネパール語作文

石井溥『基礎ネパール語』(大学書林)を開いての作文練習。

同書にはこんな文例はないが,練習のため創作してみる:


के तपाईंको बिरालो कहाँ छ ?
ke tapaaiiko biraalo kahaa cha?
あなたの猫はどこにいますか?

मेरो बिरालो मेरो घरमा छ ।
mero biraalo mero gharmaa cha.
私の猫は私の家にいます。


多分,こんなくどい返事はしない。もっと短く,

मेरो घरमा छ ।
mero gharmaa cha.
私の家にいます。

と答えるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.25

ネパールの民族

ネパールは多民族国家で,125の民族/カーストが居住している。

National Planning Commission Secretariat, Central Bureau of Statisticsが発行している"National Population and Housing Census 2011 (National Report)" (November, 2012)によれば,民族/カーストの構成は次の図の通りである。

Nepalpop_2

チェトリ(Chhetree)およびバフン(Brahman - Hill)はパールバティ・ヒンドゥーと呼ばれる民族集団の中の上位カーストだが,両者合わせて人口の29%も占めている。

これらに続くのが,シナ・チベット語族のマガール(Magar),印欧語族インド語派のタルー(Tharu),シナ・チベット語族のタマン(Tamang),シナ・チベット語族のネワール(Newar)で,以上を合わせると人口の半数を超える。

首都があるカトマンズ盆地に長らく(3世紀以降)居住していたのがネワール族で,カトマンズ、パタン、バクタプルの歴史的建造物はネワール族によるものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)