2017.10.20

桃木至朗『歴史世界としての東南アジア』を読む

このところ,東南アジア史の本ばかり読んでいる。この方面での仕事が山のようにあるからだ。

この『歴史世界としての東南アジア』(桃木至朗著,山川出版社・世界史リブレット)は薄い割には情報がてんこ盛り。2度読んで,ようやく全体像が掴めた。非常に刺激的な一冊だった。

著者はベトナムおよびチャンパーの歴史研究者である。

著者は本書の中で,東南アジア史の研究史を概説し,前近代の東南アジア国家がどう理解されてきたのか,そしてそれを通じて東南アジアという歴史世界が持つ特質を示している。

東南アジア史はここ数十年で興隆してきた分野である。そもそも,東南アジアという言葉自体,第二次世界大戦中に普及してきた用語[1]であり,この地域をまとめて論じようという学者はかつてはほとんどいなかった。

東南アジアの地理や歴史には,「多様性の中の統一(ビネカ・トゥンガル・イカ, Bhinneka Tunggal Ika)」というインドネシア共和国の国是がぴったり当てはまる[2]。様々な人々や勢力が渦のように離合集散し,複雑な姿を見せながら,それでいて,東南アジア的としか言いようのない,共通した何かを印象付ける。

それ,つまり複雑・多様でありながら統一性を持つ東南アジアの歴史をうまく言い当てようとして,日本史,中国史,西洋史の概念やモデルを持ってきてもダメ。例えば「東洋的専制」とか「封建制国家」といった概念は東南アジアの歴史には適用できない。東南アジアの歴史を語るためには,東南アジアの歴史のための概念やモデルが必要なのである。

そこで登場するのが本書で紹介される様々なモデルや概念である。例えば,タンバイヤの「銀河系的政体」,ウォルタースの「マンダラ」,ギアツの「劇場国家」である。

東南アジアの歴史研究には,従来型の歴史学者だけでなく,文化人類学者,民族学者,地理学者,経済学者,農学者等々,多様な分野からの研究者が参加しており,先日紹介したグローバル・ヒストリー(参照)の先進地となっている。上に述べた,東南アジア史独自のモデルや概念はグローバル・ヒストリー的なアプローチの成果である。

「○○国の歴史」という一国史のスタイルは東南アジアの歴史には相応しくない。地域・海域で総体的にとらえることが必要なのである。

著者が専門とするチャンパー史もベトナムの一地域の歴史に留まるものはない。チャンパー人は東南アジアの交易の担い手として,長きにわたって活躍してきた。チャンパーの歴史は決してベトナム南部の地に封じ込められるものではなく,広大な時空間の広がりを持つものだというのが,著者の主張である。

東南アジアの歴史を研究していくと,その多様性や関係する時空間の範囲の広さ故に,東南アジアの歴史とは結局何なのか,という根本的な疑問にたどり着いてしまう。たとえば,交易の範囲を考えると,インドや沖縄までが範疇に入ってしまう。東南アジアにこだわる必要性があるのだろうか,ということである。オーストラリアの研究者,ジョン・レックはその著書の中で「東南アジア史の脱構築」という一節を設けてしまったぐらいである。

この難問を前に,著者は最後にこう締めくくる:

「ややこしい時代になった。だがこれも東南アジア史研究が一人前になったからこその試練だ。学問はこうでなくてはおもしろくない」(桃木至朗『歴史世界としての東南アジア』,87頁)


※注釈

[1]本書だけでなく,ジャン・デルヴェール『東南アジアの地理』でも,東南アジアという呼称がわりと新しいものであることが述べられている。

[2]レン・タン・コイ『東南アジア史』(文庫クセジュ)でも東南アジア史について「ビネカ・トゥンガル・イカ」という言葉で表現している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.08

八木澤高明『ネパールに生きる』を読む

ネパールに行ったのは今年の3月が初めて(参照)で,しかもカトマンドゥから一歩も出ていないので,ネパールについては知らないことばかり。


Sdsc_0645


なので,ちょっと勉強しようと手に取ったのがこれ,八木澤高明『ネパールに生きる』(新泉社,2004年)である。



本書の表紙を飾っているのは,笑顔が印象的なマオイストの女性兵士,コムレット・ノビナ。戦闘服を着て,ダルバートを食べている。

ノビナは取材後,政府軍との戦闘で命を落とす。ノビナとは誰か,マオイストとは何か,政府軍とマオイストがなぜ戦っているのか,その辺りが気になった人は本書を読んでいただきたい。

本書で取り上げられているのは今から十数年前,2000年代あたりのネパールの実情。今述べたマオイストと政府軍による内戦のほか,児童労働やアウトカーストのことが記されている。さらに,ミャンマーに生きる元グルカ兵のことや「東電OL殺人事件」のことなど,ネパール国外のネパールに関わる話題も取り上げられている。

<目次>

  • プロローグ ヒマラヤの向こうへ
  • 児童労働 こどもたちの現実
  • 王宮事件 見えざる王室の闇
  • マオイスト1 銃を取る若者たち
  • マオイスト2 出口なき混迷
  • グルカ兵 忘れられた兵士たち
  • アウトカースト・バディ 逃れられない宿命
  • エイズ 日常に潜む影
  • 東電OL殺人事件 夫の無実を信じて
  • ある女性兵士の生と死 あとがきにかえて

「東電OL殺人事件」は本書が出たずっと後,2012年にゴビンダ・プラサド・マイナリ氏の無罪が確定して一段落したため(事件自体は未解決だが),隔世の感を覚える。しかし,それ以外の章は現在のネパールの社会経済状況に直結する話ばかり。特に,貧困,不平等という,本書のあらゆるところに顔を出す問題は,この国が今もなお抱える病魔である。

内陸国で貧乏国といえば,老生がよく訪れるラオスもそういう国なのだが,ラオスとネパールとでは貧困や不平等の性質が全く異質。

ラオスの場合は現金の流れが悪いだけ。自給自足・物々交換のおかげでお金が無くても生きていける。貧富の差は拡大しているが,それが即差別等に結び付いたりはしない。

ネパールの場合は貧困・不平等の背後にカースト制が存在し,それが貧困・不平等の解決に対する大きな障害となっているように思う。カースト制度を何とかしない限り,この国に明るい展望は開けないのではなかろうか?

ちなみに,「立命館大学人文科学研究所紀要 No.102」(2013年11月)所収の「ネパール人のカースト序列認識の客観性と恣意性―ポカラ市住民のアンケート調査による考察―」(山本勇次,村中亮夫)という論文によれば,ネパールのカースト制度はネパール最初の成文法「ムルキ・アイン(Mulki Ain):民法典」(1854年)によって恣意的に導入されたものであるという。本家インドのカースト制度が長い年月を経ながら自生的に確立されていったのとはだいぶ異なる。ネパール人自身がネパールのカースト制度の歴史の浅さと恣意性を強く認識すれば,状況は変わるかもしれない。ということで,教育は重要だ。


◆   ◆   ◆


著者は1972年生まれの写真家・作家。写真週刊誌「フライデー」専属カメラマンを経て,フリーに。1994年からネパールに通い,児童労働,カースト制,マオイスト等,同国の社会問題を取材してきた。1998年には現地の女性と結婚している。本書の取材テーマから派生して,『マオキッズ 毛沢東のこどもたちを巡る旅』や『娼婦たちから見た戦場』等の本を出している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.02

タイ・スマイル・エアウェイズに乗った

ラオスからの帰路に就いた。

今回のヴィエンチャン~バンコク間の移動は,初めてタイ・スマイル・エアウェイズを使ってみたのだが,なかなか良い。

タイ航空の子会社だと思っていたのだが,タイ航空のブランドの一つらしい。低価格で運行している。ちなみにスターアライアンスのマイルは貯まらないらしい。

シートも機内食もなかなか良い。ヴィエンチャン~バンコク間に関しては,夜に飛んでいるタイ航空の機体や機内食の方が劣るかもしれない。

Sdsc_0579

ついでに。

窓から外の景色を移してみたのだが,ヴィエンチャン近辺とバンコク近郊では開発の度合いが全然違うのがよくわかる。

↓これがヴィエンチャン近辺

Sdsc_0578

↓そしてこれがバンコク近郊

Sdsc_0582

農地がきれいに区画整理されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.01

派手な色使いのラオスのノート

ラオスの文房具店に入ってみると,タイから輸入されたノートの他に,ラオスで作られていると思しき,派手な色遣いのノートがあった:

Sdsc_0572

A5サイズで164頁(82枚)。

中身は方眼紙になっている:

Sdsc_0573_4

1冊7000キップ。100円ぐらいだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラオスはやはり雨期

ラオスは現在,雨季なので,こういう風に雨が降る。

Sdsc_0568

Sdsc_0569

写真だとあまり迫力が無いが,実は,会話が聞き取れなくなるほどの豪雨なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.31

ラオスの猫(続)

ラオスの勤め先に野良猫がいる,という記事を先日書いたが,その野良猫には親猫がいる。

今日は親子揃って魚の肉を食べていた:

Sdsc_0570

Sdsc_0571

色が違うので親子なのだろうか?と疑問に思っていたのだが,周囲のラオス人の証言によると親子(父と息子)だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.29

ヴィエンチャンのたこ焼き屋台

引き続き,ヴィエンチャン滞在中。

通勤途中,電気屋さんの前に,たこ焼き屋の屋台が出ているのを発見した。

Ssdsc_0567

内陸国なので,タコは冷凍したものを輸入していると思われる。

あるいはカンボジア・プノンペンのイオンモールのように,具材がイカ,という可能性もあるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.28

ヴィエンチャンは雨季だが晴れたら暑い

今,ヴィエンチャンは雨季だが,晴れたらとても暑い。

Sdsc_0565

だから,韓国系のパン屋,パリジャンカフェで体を冷ます。

Sdsc_0566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.27

インラック前首相の逃走経路

ラオスにおりますが,タイの話題。

800pxflag_of_thailand_svg

まずは前置き。

NHKの海外向け放送で「おんな城主直虎」を観ていたのだが,今日は気賀ジェノサイドだった。2週にわたって過酷な内容。

そのあともNHKを引き続きつけっぱなしにして仕事をしていたら,週刊こどもニュースか何かをやっていて,「微笑みの国タイ」とかいうテーマでなにやらタイの政治についてのお話が始まった。で,ワチュラロンコン国王やプミポン前国王の写真が出てきた途端に画面が真っ白になり

"Programing will return shortly"

という文字が出てそのままの状態に。これは多分,タイ当局による規制ですな。いまもまだ戒厳令下ですからね。

さて,ようやく本題。

8月25日に最高裁判所に出廷するとか言っていたインラック前首相だが,結局姿を見せず国外逃亡した模様。

バンコク週報の記事によれば,カンボジアとの国境に面するトラート県チャーン島からヘリコプターでカンボジアの首都プノンペンに脱出,プノンペンからさらに空路でシンガポールに逃げた模様。今頃はたぶん,タクシン兄貴のいるドバイにいることだろう。

ずいぶん簡単に国外逃亡しているが,ひょっとしたら厄介者払いということで,現政権も黙認していたのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.24

ラオスの野良猫

ラオスにも野良猫はいる。いっぱいいる。

だいたい痩せている。

ラオスの勤め先に居ついてしまった子猫がこれである。

Sdsc_0924_2

人懐こく,誰かが近くに来るとおなかを出して転がって見せる。

Sdsc_0923_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧