2023.05.09

5月なのに山口オクトーバーフェスト|リターンズ

コロナ禍の影響でしばらくご無沙汰だった「山口オクトーバーフェスト」(2019年のレポートはこれ,2018年のレポートはこれ

ついに帰ってまいりました。

ということでこのGW中に行ってまいりました。

20230504_161244

最初の一杯はWarsteinerのPremium Dunkel(500ml, 1600円+グラスのデポジット1000円,アルコール4.8%)。軽い口当たり,深みのある味わい。

20230504_125824

つぎにドイツ最古の醸造所:ヴァイエンステファン(Weihenstephan)のヘフェ・ヴァイス(500ml, 1600円,アルコール5.4%)を。

これはこれでフルーティーでうまい。

20230504_132340

あとは日本初上陸のオリジナルへレスを飲んだけど,見た目がヘフェ・バイスと区別がつかないので写真は省略。オリジナルへレスはのど越し抜群で,これもうまい。

20230504_133646

テントの中は大賑わい。

バンドの演奏に合わせて,バイエルン国歌(嘘)を斉唱:

 〽 Ein Prosit, Ein Prosit, der Gemütlichkeit !

そして会場全体で乾杯。

どれもこれも美味くていけませんね。

ビールについてもっと勉強しよう。

| | コメント (0)

2023.01.20

旧川上村の民具についての本

出張のついでに周南の古書店,マツノ書店に行ってみた。

郷土史や幕末の資料が充実していることで有名な書店だが,ここで,阿武川ダムの水底に沈んだ旧川上村+福栄村のいくつかの集落で使われていた民具についての本を入手した。

『ふるさとの民具 山口県』(山口民報社,1974年12月)と『阿武川の民俗資料』(川上村文化財愛護協会,1975年1月)の2冊で,どちらも著者は波多放彩氏。

後者『阿武川の民俗資料』の序文は「旅する巨人」宮本常一が担当している。

20230120mingu

ちょっと昔,とある用事で阿武川民俗資料館に寄った。そのとき,そこに展示されていた民具の数々に圧倒された。

この2冊の本では同資料館に収められている民具,例えば,寝具の掻巻(かいまき)や農具の唐箕(とうみ)など90点あまりが写真付きで解説されている。独特の文体で,読んでいて楽しい。

 

ちなみに,書店で購入したときには気づかなかったのだが,家に帰って両方の本を見比べてみると,9割以上の民具の記事が重複していた。

『ふるさとの民具 山口県』だけに載っている民具は「藍甕(あいがめ)」「口焼(くちやき)」「筋引(すじひき)」「威(おどし)」の4点,『阿武川の民俗資料』だけに載っている民具は「渋団扇(しぶうちわ)」「とっかん」の2点である。

『ふるさとの民具』のあとがき「くくりに」の文章によれば,同書のもともとの原稿は山口民報に掲載されたものだという。『阿武川の民俗資料』は『ふるさとの民具』が出版された直後に出版されたので,原稿は同じものが流用されたのだろう。

| | コメント (0)

2022.12.07

極寒のモンゴルにちょっと行ってみた

Сайн байна уу? (サインバイノー:こんにちは)

ついこの間まで,極寒の地,ウランバートルに出張していた。

ちょうど寒波が押し寄せてきていて,日中の最高気温がマイナス24℃だったりする。

チンギス・ハーン空港からウランバートル市内までの道路はこんな感じ:

20221128_113836

20221128_114449

外をずっと歩いていたら凍死しますね。

大都会ウランバートル市内はまだ人が歩いても大丈夫な感じ。

20221129_131245

日中,日が差すと,路面の一部で雪が解ける。

20221201_131014

ふと,道路を見ると,ウランバートルを走っている車はトヨタのプリウスだらけだったりする。

トヨタ車大人気。

20221201_130957

マイナス30℃になろうとしているのに,夜の散歩を楽しんだりする。

モンベルのパウダーランドパーカを着ていれば,なんとか大丈夫!

ここは,スフバートル広場:

20221128_192706

世界帝国の創始者が祀られている:

20221128_192754

| | コメント (0)

2022.08.15

観光列車「〇〇の話」に乗ってきた

新下関から東萩まで山陰線を走る観光列車「〇〇の話」に乗ってきた。

「はなし」というのは沿線の萩,長門,下関の頭文字をとったという話。

和洋折衷という風情のカラーリングで,乗って良し眺めてよし。

2号車の先頭は赤く塗装されているが,1号車に向かって赤から青にグラデーションで変化していく。

20220813_112529

20220813_112406

そして,1号車に移り,青から緑へのグラデーション。と言った凝った塗装で美しい。

20220813_112709

内装は,というと1号車は木材や畳を多用した和風。

20220813_142523

そして2号車はレンガ風の壁に皮のシートの座席という洋風の内装である。

20220813_095821

窓から眺める山陰の景色は絶景とも言うべきもの。山口の日本海側には白い砂浜が広がっている。

20220813_143359

そして,車中で販売される「東洋美人」を嗜む。「飲み鉄」(by 六角精児)気分で楽しい。

20220813_115526

| | コメント (0)

2022.05.06

出雲国造の話

出雲国造(いずもこくそう)

「出雲国造は出雲大社の神職の上官なり,神代に大国主命,此国を去り給ひし時,天神,天穂日命をして其の祭祀を主らしめ給ひしより以来,子孫相継ぎて,国造に任ぜらる,中世より其家千家北島の両流と為り,明治維新の後,並に家族に列せらる」(古事類苑神祇部 洋巻第4巻 1058頁,※カタカナをひらがなに,旧字体を新字体に変更)

ということで,出雲大社と言えば,皇族の嫁ぎ先である千家氏が有名なのだが,千家氏と並ぶ出雲国造としてはもう一流,北島氏がある。というのが本記事の前説。

 

さて,このGW,久しぶりに出雲に行った。

当然のように出雲大社に詣でたのだが,まず訪れたのが北島国造館である。

20220503_100905

出雲国造家は室町時代・康永年間(1340年頃)に千家氏と北島氏に分かれた。それ以降は月ごとに交代で出雲大社の宮司を務めるようになった。

しかし,明治維新の後,いろいろな経緯を経て千家氏が出雲大社の宮司ということに(詳細は出雲教のサイトをご参照)。千家氏は出雲大社(おおやしろ)教という宗教団体を興した。これに対し,北島氏が興したのが出雲教である。その出雲教の本部がこの北島国造館である。

20220503_100717

この北島国造館を訪れたのち,東に歩いていくと,出雲大社の御仮殿に直接到着する。

このあとは社殿を巡って二拝四拍手一拝をしたり,神楽殿の大注連縄を見物したり,牛の像を触ったりと,参拝客気分を満喫。

20220503_102143

20220503_103242

20220503_104030

ちなみに,前回,出雲大社を訪問したときは御本殿大屋根の吹き替え工事が行われていて,工事現場の見学をしたり,吹き替え費用の寄付をしたりした。

そのとき寄付のお礼としていただいた檜皮は今も家に飾っている。

| | コメント (0)

2022.04.29

地今坊?ジーコンボ?

今や消えてしまった地名であるが,宇部の小羽山のあたりは,団地が開発される前は「地今坊(ジコンボウ)」と呼ばれていた。

そのことを示す文献がなかなか見当たらないのだが,『平凡社「日本歴史地名体系」特別付録 輯製二十万分一図復刻版 山口県全図』には出ている:


20220428jikonbo

赤で囲った部分,右から読むのだが,「地今坊」と書かれている。「地」の字が潰れてしまって読みにくいが…。

ところで,「ジコンボウ」という呼び名でふと思い出したのが,山口県の日本海側の離島,見島にある「ジーコンボ古墳群」のことである。

「ジーコンボ」の語源として5つの説があるらしい(参考)。その説のうちのどれか一つと宇部の「地今坊」の間に共通点があれば面白いと妄想する次第。

| | コメント (0)

2022.01.03

三社参り?|人麻呂様,八幡宮,護国神社

おせち料理ばかり食べていたら,やはり太ったので,運動を兼ねて三社参りをした。

20220102_120729

↑人麻呂社

20220102_123149

↑八幡宮

20220102_133257

↑護国神社

三社参りは西日本に根付いた風習だと仄聞しております。

| | コメント (0)

2021.12.26

美祢のプチラボベーカリーに行ってきた。

美祢市に用事があったので,そのついでに「プチラボベーカリー」に行ってきた。

2019年5月にオープンしたベーカリーで,独自にブレンドした粉で作ったカンパーニュやバゲットを売っている。

20211223_115134

「カーサ ブルータス」にも取り上げられたベーカリーで,平日でも開店前から入口に列ができる程の大賑わい。

何を買ったのかについては秘密。とにかく旨い。できたてのパンはなおさら。

| | コメント (0)

2021.12.14

濱田庄司記念益子参考館に行ってきた

先日から民藝づいている。

今回は陶芸の町として知られる栃木県芳賀郡益子町の「濱田庄司記念益子参考館」を訪問。

20211212_122916

人間国宝ともなった陶芸家・濱田庄司は,柳宗悦,河井寛次郎,バーナード・リーチらとともに民藝運動の中心人物であった。

民芸品の収集家としても知られ,「自分が負けた」(つまり素晴らしい価値がある)と感じた世界各地の民芸品を収集し,創作活動の糧とした。

20211212_123612

この「参考館」を構成する建築物群もまた濱田庄司の収集物である。収蔵品とともに鑑賞するべきものである。

20211212_124115

↑2号館,3号館は大谷石で作られた蔵。もとは肥料庫であった。

20211212_125518

↑その内部で濱田庄司の収集物が展示されている。

20211212_124209

↑参考館に関する説明。

20211212_131042

↑収集物の一つ,イヌイットの彫刻,フクロウ。

20211212_130635

↑収集物とともに展示されている濱田庄司作品,琉球窯赤絵花瓶。

20211212_131726

↑4号館(上ん台)。これは濱田庄司最大の収集物である。旧名主の家屋を移設したもの。

20211212_131823

↑4号館内部。

20211212_132455

↑囲炉裏とその周りの収集物。

20211212_132757

↑山形の民芸品,羽広鉄瓶。

広大な敷地に,素晴らしい建物とコレクションが揃っているのに,あまり観光客がいなくてもったいない感じがする。

いま,東京国立近代美術館で「民藝の100年」展が開催されているわけだが,そこのコレクションに負けないぐらいの展示物が揃っている。

読者各位も機会があれば,濱田庄司という人の眼を通して選ばれた,クオリティの高い品々を直接ご覧いただきたいと思う。

 

 

| | コメント (0)

2021.10.22

国際テナガザルの日,世界キツネザルの日

毎年,10月24日は国際テナガザルの日,そして10月の最終金曜日は世界キツネザルの日だそうです。

ときわ動物園にはシロテテナガザル(↓)と

Img_4268s

ワオキツネザル(↓)がいるので,

Img_432s

10月24日(日)と10月29日(金)にはときわ動物園にいきましょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧