2018.05.08

加古里子,古川薫,訃報相次ぐ――実はどちらもエンジニア

5月2日に加古里子(かこさとし)が,5月5日に古川薫(ふるかわかおる)が逝去した。

加古里子は1926年3月31日生まれ,古川薫は1925年6月5日生まれで,同学年。どちらも92歳で没した。

加古里子といえば,『だるまちゃんとてんぐちゃん』

だるまちゃんも,てんぐちゃんも子供なのに髭面というのがとても良い。


◆   ◆   ◆


古川薫と言えば,下関生まれの郷土作家。幕末期の長州藩を舞台にした作品が多い。

山口大学教育学部を卒業後,教員を経て山口新聞に勤務。1990年に『漂泊者のアリア』で第104回直木賞受賞。

老生が読んだ『斜陽に立つ』(毎日新聞社,2008年)は乃木希典(と児玉源太郎)の生涯を描いた評伝小説。ほぼ晩年の作。

この作品の後は『君死に給ふことなかれ 神風特攻龍虎隊』(幻冬舎,2015年)と『維新の商人 語り出す白石正一郎日記』(毎日新聞出版,2017年)のみ。


◆   ◆   ◆


実はこの人たち,学年が同じというだけではない。エンジニアとしての教育を受けてきた,という共通の背景がある。

古川薫は航空機のエンジニアになるため宇部工業学校機械科を卒業し,航空機会社に勤務した。

加古里子は東京大学工学部応用化学科を卒業後,昭和電工に勤務した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.05

グアテマラ・コーヒー

グアテマラからお客さんが来て,お土産にコーヒーをくれた。

Sdsc_1040_2

たっぷり440gもある。計量スプーンとマヤ人を描いたマグカップも貰った。

グアテマラは農業国で,コーヒー,砂糖,バナナがおもな輸出品である。

人口1,658万人。北海道と四国を合わせたぐらいの面積の国である。

640pxflag_of_guatemalasvg

International Coffee Organizationのウェブページで世界のコーヒー生産量を調べてみたら,こんな結果だった。

2017/18年度の1位から13位
(シェア1%以上の国)
×1000[袋(60㎏入り)] シェア[%]
Brazil 51500 32.4
Viet Nam 28500 17.9
Colombia 14000 8.8
Indonesia 10800 6.8
Honduras 8349 5.3
Ethiopia 7650 4.8
India 5840 3.7
Uganda 5100 3.2
Peru 4600 2.9
Mexico 4000 2.5
Guatemala 3800 2.4
Nicaragua 2500 1.6
Costa Rica 1560 1.0
World 158930 100

ということでグアテマラは世界11位のコーヒー生産国である。

もらったコーヒーはマイルドな味わいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.04

最近食べたお菓子2点

先日,「デンマーク・デザイン展 ヒュゲのかたち」に行ってきたのだが,その際,ミュージアムショップで買ったのが,これ,ダニッシュ・ミニクッキーである。

Sdsc_1015

中身はクッキーというかビスケットで,まあまあのお味だが,大事なのは入れ物の缶。

Sdsc_1016

ロイヤルコペンハーゲンから許可を得た「ブルーフルーテッド」の柄である。上品な感じで良い。

お次は,生協で購入したアイス。

この巴屋のアイスモナカは一味違う。

Sdsc_1040

まず,アイスがシャーベット風でいわゆる「アイスクリン」。さわやかな味わい。

そして皮は本物の最中(モナカ)の皮。

明治・大正にアイスモナカを作ったら,こんな感じだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.30

弥生三十日のキュレーション

平成29年度もそろそろ終わり。

外では桜が満開で,新年度になったらほとんど散ってしまっているのではないかという恐れがある。

温暖化の影響だと言われているのだが,桜(ソメイヨシノ)の開花は10年で0.9日早まっている(『地球温暖化防止コミュニケーターハンドブック』)。

いずれ花見は歓迎会行事ではなく,送別会行事となるのではないか。


◆   ◆   ◆


さて,最近気になったニュースを取り上げてみる。

日本で進むネット世論操作と右傾化」 (by 一田和樹,2018年3月29日,THE ZERO/ONE)

ドイツ・エアランゲン=ニュルンベルク大学のファビアン・シェーファー博士の研究(参考)によれば,世論操作のためのボットが日本国内のネット上で大規模に活動しているとのこと。

RPA(Robotic Process Automation),つまりソフトウェアロボットによる業務プロセスの自動化が話題となっているが,ネット世論のような限定された領域ではすでに数年前から当たり前となっていると言えるだろう。


映画『ブラックパンサー』は,「アフロ・フューチャリズム」を人類の希望に転じた:池田純一レヴュー」(2018年3月18日,WIRED)

日本は内政外交ともに暗雲立ち込めているような気がするが,アフロアメリカンのみならずアフリカ社会には輝かしい未来がありそうに見えてうらやましい。そういえば,ルワンダとかハイテク活用で奇跡の復活を見せているという話。これもWIRED情報。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.26

何かについて知りたかったら

「何かについて知りたかったら本を一冊書けばいい」(池澤夏樹)

昨晩,マームとジプシーによる演劇『みえるわ』で川上未映子の詩に触れたので,そういえば,昔の「ユリイカ」に詩が載っていたなぁとバックナンバーをあさってみたところ,2006年9月号に「少女はおしっこの不安を爆破,心はあせるわ」が載っていた。

ちなみにその号の特集は「理想の教科書」。

川上未映子(当時は「未映子」名義)による切れ目の少ない散文詩を読んだ後,今度は特集記事をずっと読みふけった。

そのうちの一つ,長谷川一による論考「なにかについて知りたかったら本を書けばいい」(ユリイカ2006年9月号145~154ページ)の中盤に引用されていたのが,冒頭の池澤夏樹の言葉である。

確かに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.13

宇宙食版お好み焼き

先日,母から宇宙食のお好み焼きを貰ったわけである。

パッケージはこんな感じ:

Sdsc_0941

そして中にはこんなものが入っていた。

Sdsc_0942

大きさの比較のため,100円玉も一緒に写真に撮った。

ボソボソした食べ物でずいぶんと水分を吸い取られたが,確かにお好み焼きの味。

大阪でよく食べた駄菓子,「満月ポン」を思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.12

男子モーグル金銀銅全部"ID one"

平昌オリンピックのスキー男子モーグルをずっと見ていた。原大智が銅メダルとったのは朗報だが,それにもまして驚いたのが,金銀銅すべての選手が"ID one"のスキー板を使用していたこと。

というか,決勝の段階で6人全員が"ID one"だったわけである。それまでは米有名メーカー"Hart"のスキー板の選手もいたのだが・・・。


"ID one"は大阪・守口のスポーツ用品メーカー「マテリアル・スポーツ」のブランドだが,この会社,社長を含めて4人だけでやっている。

この会社のことを取り上げたのが次の記事:

最強“スキー板”を履いた選手が獲得した金メダルは6個ーー社員4人のメーカー社長を直撃!

この記事の末尾に

「大阪発の最強スキー板が、平昌五輪では表彰台を独占するかもしれない。」

とあるが,その通りとなった。

「下町スキー」あるいは「下町モーグル」やね。

「下町●ブスレー」のことは触れないということで・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.18

枯れた技術の水平思考:Nintendo Switchとダンボール工作の融合

任天堂がNintendo Switchとダンボール工作の融合を考えた。

まさしく「枯れた技術の水平思考」。素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.10

日本への留学生,29万人超え

日本政府はグローバル化の一環として留学生の増加を狙い,2008年以来,「留学生30万人」の目標を掲げてきたわけである。

昨日たまたま手に取った,NPO「国際留学生協会」が発行する「向學新聞」の2017年11月号のトップに「留学生,過去最高の29万人超 政府目標年内に達成か」という見出し付きの記事が載っていた。日本政府の悲願もいよいよ達成か。ちなみに日本国内の在留外国人数もまた過去最高で,247万人を超えている。

今を去ること約10年前,2008年9月下旬に本ブログで「アメリカには58万人の留学生がいる」という記事を書いた。その時は,米国にはそんなにも多くの留学生がいるのか,と感心したものである。それが,今や日本も負けていないぐらいになったものである……。

と感慨深げになりつつ,米国Institute of International Educationの統計で,現在の米国における留学生数を確認してみたところ,魂消た。

2016/17年度の米国への留学生総数は1,078,822人で,さらに延びていたわけである。

まあ,人口比で考えたら日本も同水準だと言えるわけだが,それにしても米国は凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.07

せり,なずな,…

せり,なずな,ごぎょう,はこべら,ほとけのざ,すずな,すずしろ,これぞ七草。

というわけで,今日は七草粥の日である。もともとは「七種」と書いたらしい。
うちのツマがスーパーで,宇部西高校産の春の七草セットを買ってきた。

Sdsc_0940

正月食べ過ぎた人が胃を休めるように,という意味を持つ。ありがたい古人の知恵である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧