2018.02.25

石井遊佳『百年泥』を読む

ツマが芥川賞受賞作2作が掲載された「文藝春秋」2018年3月号を買ってきた。

とりあえず石井遊佳『百年泥』を読んでみた。

あらすじはこんな感じ:

借金返済のため,インド・チェンナイのIT企業に日本語教師として送り込まれた"私"。チェンナイに来て3か月半経ったところで,100年に一度と言われる大洪水に遭った。

洪水から三日目,ようやく水が引き,"私"は泥を踏みしめながら勤め先に向かう。勤め先に辿り着くためには,アダイヤール川に架かる橋を渡らなければならないのだが,橋の上は,水量を増した川を見物しようとする人々で大混雑していた。そして橋の上の歩道には洪水による泥の小山ができていた。

一世紀に渡って川底に蓄積されていた泥。これを"私"は百年泥と呼ぶ。

チェンナイの人々,そして"私"は,この百年泥の中から掘り出された記憶のかけらや懐かしい人々に再会するのだった。

泥の中から過去の人々が現れたり,チェンナイのエリート層が翼を付けて飛翔して出勤したりと,およそ現実的ではないことが普通に書き込まれている。これはマジック・リアリズムの手法だ。エイモス・チュツオーラの『やし酒飲み』参照)や『薬草まじない』参照)を思い出した。

この小説,特筆すべきはその文体だろう。百年泥に相応しいねっとりした口語調の文体だ。

例えば,こんな感じだ:

急激に都市化したインドの街はどこもそうであるように,中学の地理で落ち武者ヘアーの社会科教師に「マドラス」と習ったこの街もまた信じがたいほど空気がひどい,だがこの騒々しく殺伐とした街のいたるところにただよう海の予感によって,それは多少やわらげられている。

もっと長い文もある:

土手へとつづく下の道路ぞいにならぶ工具店にペンキ屋,フルーツジュース屋,看板に<YAMAHA>と大きくジャパンブランドの書かれたバイク屋などの諸店舗はいまだ泥水の中,いつも露店のココナッツ売りがいたあたり,ぱん,と鉈で一撃した大ぶりの実のてっぺんにストローを挿しちゅうちゅう吸いあげる客たちがちらばってた樹下のへん,今はいちめんの茶色い水,その隣に公衆トイレのあったことは思い出さないようにしてたらふいに段差に蹴つまづきそうになる。

口語調だが口語ではない。計算された粘性の高い文章である。

「文藝春秋」2018年3月号の「選評」で山田詠美が「話すように書きながらも,書き言葉でないと成立しない文体の勝利」と評していたが,そうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.22

今週かった漫画:『ファイブスター物語XIIII』と『乙嫁語り10』

出たら是非もなく買う漫画がある。小生には。

永野護『ファイブスター物語』と森薫『乙嫁語り』はその中に含まれる。この間までは『へうげもの』が入っていた。

この2月中旬,『ファイブスター物語 XIIII』と『乙嫁語り 10』が本屋に並んでいたので購入した。

『ファイブスター物語』では13巻から大幅に設定変更があり,モーターヘッド/MHゴティックメード/GTMになっちゃったわけである。マイトガーランドになったし。

それはそれとして魔導大戦は面白い。14巻で輝いているキャラは,ナルミ支隊長ツバンツヒだと思う。異論は認める。

『乙嫁語り』は10巻に達した。カルルクの武者修行の話も良いが,スメスさんことスミスと薄幸の美女タラスの再会が泣ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.18

アンドレ・グンダー・フランク『リオリエント』を読む

昨年の秋に「水島司『グローバル・ヒストリー入門』を読む」という記事を書いた。

そのとき,ウォーラーステインの世界システム論すら「ユーロセントリズム(ヨーロッパ中心主義)」と批判し,これを乗り越えようとする動きがあることを紹介した。

その成果の一つがアンドレ・グンダー・フランクリオリエント 〔アジア時代のグローバル・エコノミー〕』(山下範久訳,藤原書店,2000年)である。

ものすごく分厚い。640ページある。

著者は執筆の目論見を次のように明確に語っており,清々しさすら感じる:

「本書において私は,既存のヨーロッパ中心的な歴史叙述および社会理論を『グローバル学』的 (globological)パースペクティブを用いて転覆しようと思う」(21ページ)

著者がこの本で主張していることは:

  • 現状の世界システム(いわゆる「近代世界システム」や「資本主義世界システム」)はコロンブスの「新大陸発見」やヴァスコ・ダ・ガマの喜望峰回航から始まっているわけではなく,もっともっと悠久の昔から連続して続いているものであること
  • そして,世界システムに中心は無く,もし経済活動の中心地とでも言えるものがあるとすれば,それは千年以上に渡って東アジア,とくに中国であったということ
  • さらに,ヨーロッパによるヘゲモニーなどと言うものはせいぜいここ200年ぐらいの一時的なものであること

等である。

いわゆる世界史では「大航海時代」以降,ヨーロッパ諸国の世界全体への進出が目覚ましく,ヨーロッパ中心の世界システムの中にヨーロッパ以外の地域が組み込まれていったという史観に基づいた記述が行われているが,本書はこれを完全に否定する:

「ヨーロッパは自力で経済的上昇を遂げたのではなく,また合理性,制度,企業家精神,技術,温暖な気候などといった――要するに,人種的な――いかなるヨーロッパ『例外主義』によるものではないことは確かである」(51ページ)
「代わって本書は,ヨーロッパがアメリカ産の貨幣を使って,どのようにアジアの生産,市場,交易に割り込み,そこから利益を引き出したか――つまり,世界経済におけるアジア経済の優越的な地位から利益を得ていたか――を示す。ヨーロッパは,アジアの背中をよじ登り,次いでアジアの肩の上に立ち上がったのである――だが,それは一時的なものなのだ」(52ページ)

ヨーロッパが自力で勃興したかのような見方を,アンドレ・グンダー・フランクは次の端的な言葉で否定する:

「ヨーロッパはアメリカのお金を使ってアジア列車に乗る切符を買ったのだ」(36ページ)


◆   ◆   ◆


アンドレ・グンダー・フランクによれば,「ユーロセントリズム(ヨーロッパ中心主義)」的な史観が現れたのは19世紀である。社会科学分野の学者は「ヨーロッパはなぜ特別なのか」という設問の答えを探した。マルクスにとっては,ヨーロッパだけに「資本主義的生産様式」が生まれたことが答えであり,ウェーバーにとっては「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」が答えだった。

しかし,ヨーロッパを特別視する設問自体が間違っている。19世紀以前はヨーロッパ人はアジアに対して高い評価を加えていた。例えば,18世紀の思想家・経済学者アダム・スミスは「中国は,ヨーロッパのどの部分よりもずっと豊かな国である」と評価していた。

いま,グローバル・ヒストリーという概念が普及し,ユーロセントリズムは終焉を迎えようとしている。"reOrient"という書名は「アジア再評価」と「方向修正」というダブルミーニングで付けられた。本書の狙いを一言で表すキャッチ―なネーミングだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.12

ヒグチユウコ『ボリス絵日記』を読む

今を時めく画家/絵本作家のヒグチユウコ

うちのツマのリクエストにより,広島の蔦屋家電で,『ボリス絵日記』と『せかいいちのねこ』を買った。

ボリス絵日記』はヒグチユウコの家の飼猫,ボリスを主人公とする4コマ漫画集である。

作者が得意とする緻密な画風から離れ,柔らかな線と淡い色使いによるほほえましい感じの絵柄となっているのだが,内容は凄まじくシュールで毒もたっぷりである。

猫漫画というと,通常,作者と猫の日常生活を描いたエッセイ的なものが多いのだが,これは,日常生活をはみ出てファンタジーやSF要素も混じっている。

ボリスと鳥(文鳥?)の淡い恋やパン屋「ナイスキャッツ」でのボリスの作業風景など軸となるストーリーはあるのだが,いずれも爆笑をさそう展開となっている。どうなっているんだ作者の頭,と思うこと必至。

残部少なくなっているようなので(蔦屋家電では小生が買ったのが最後の1冊だった),興味ある人は見かけたらすぐに入手するべき。


【2018年2月21日加筆】
うちのツマも『ボリス絵日記』についてツイート。そうしたらヒグチユウコ先生ご自身からのリツイートもあったりして,結構盛り上がっております:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.07

スティーブ・シルバーマン『自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実』を読む(続)

病気というと治さなくてはいけないものというイメージがつきまとう。

しかし,自閉症(Autism)は治すものではなくて受け入れるものである。

本書を読んで自閉症に対する考え方はそのように大きく変わった。

本書では脳多様性(ニューロダイバーシティー)という,とても大事な言葉が登場する。

自閉症は神経学的な多様性の現れ方の一つである。多数派に対するマイノリティという意味ではLGBTと良く似た立場にある。

LGBTに属する人々の中からファッションや美術を牽引する人々が登場しているのにも似て,自閉症の人々から自然科学やコンピュータ業界に革新をもたらす人々が登場している。

高機能自閉症者であり,科学者であるテンプル・グランディンはこのように警告する:

「自閉症を遺伝子プールから完全に取り除こうと試みることは,数千年間にわたって文化や科学や技術革新を進歩させてきた才能を一掃することでもあり,人類の未来を危険にさらしかねない」(スティーブ・シルバーマン『自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実』,556ページ)

自閉症の発見者,ハンス・アスペルガー(1906~1980)は,当初からこのことを見抜いており,自閉症の子供たちを「小さな教授」と呼んで尊重していた。

アスペルガーの卓見は第二次世界大戦の暴風の中で忘れ去られた。戦後,自閉症研究の第一人者となったのはオーストリア系アメリカ人のレオ・カナー(1894~1981)だった。

本書ではレオ・カナーに始まる自閉症研究が70年にもわたって迷走し,自閉症者やその家族が翻弄され続けてきた歴史がつづられている。

脳多様性の概念が無かったころ,自閉症の子供を持つ親たちは,子供をいわゆる正常児に治そうと,様々な努力を払い,場合によっては怪しげな民間療法に走っていった。

その状況は徐々に改善される。1980年代にローナ・ウィングによってアスペルガーの業績が再発見され,「自閉症スペクトラム」という概念が生み出された。続いて,映画『レインマン』によって人々の間に自閉症についての理解が浸透した。そして,1990年代以降のインターネットの発達も一助となり,自閉症者自らが発言を始めたことによって自閉症も個性や才能の一つであることが認識され始めた。もちろん,今でも自閉症に対する誤解は続いており,道半ばという感じではあるが。


◆   ◆   ◆


本書は600ページを優に超える大著で,決して気楽に読める入門書ではない。

だが,オリバー・サックスが言う通り,

「包括的で,洞察力に富む自閉症の歴史書であり,読者を魅了する物語である。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.04

『風と光と波の幻想―アミターバ坂口安吾』は鳥居哲男文学の最高峰かもしれない

1月19日に新聞のサンヤツ広告で見かけて以来捜し歩いて,ついに丸善丸の内本店で入手したのが,これ,

風と光と波の幻想―アミターバ坂口安吾〈第1部〉』(開山堂出版)

である。

鳥居哲男の著書は,『清らの人』を読んで以来注目していて,『倍尺浮浪』や『折口信夫&穂積生萩 性を超えた愛のかたち』なども読んだ。どれもこれも読みやすく面白い。

折口信夫&穂積生萩 性を超えた愛のかたち』については,「やってくれたな!」と感嘆したものだが,今回の『風と光と波の幻想』には,それを上回る衝撃を受けた。

なにしろ,死んだ坂口安吾が時空を超えて全国各地を巡り,自分の生涯,自分の作品を振り返るという物語だからだ。

プロローグの末尾で坂口安吾はこんなことを言っている:

――よし,いまからオレはこの風と光と波に乗って,自分が生きてきた生涯を,もう一度たどる旅に出発しよう。何しろ,あっちこっち命がけだったものだから,冷静に自分がその時その時,どうだったかを,覚えてないものな。プレイバック,プレイバック!

そして,坂口安吾は長崎,佐賀,美濃,加賀,長岡,等々,ゆかりの土地を巡り始めるのだった。

こんな趣向,普通思いつきますかね?


◆   ◆   ◆


本書の最後,エピローグでは坂口安吾と著者が対話する驚きの展開がある。

これで思い出したのが,『清らの人』では著者の個人的体験と折口信夫に関する様々なエピソードとが巧みに組み合わされていたことである。これによって,『清らの人』は単なる折口の評伝ではなく,鳥居哲男という人の眼差しや思考プロセス,さらには人生の一部を浮き彫りにする文学作品となっていた。

本書も同じ。坂口安吾の生涯を辿りつつ,やはり鳥居哲男その人の眼差しや思考プロセスや読書体験を描いている。

先日,アレハンドロ・ホドロフスキーの『エンドレス・ポエトリー』を観てきた。これはホドロフスキーが自らの青春の日々をマジック・リアリズムの手法で描いた,もしくはリテイク(撮り直し)した作品である。

本書『風と光と波の幻想』もまた,マジック・リアリズムの手法に依って,第1義的には坂口安吾の生涯のリテイク,第2義的には鳥居哲男という人の読書体験の再整理を行っている作品であるように老生は思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.27

『へうげもの』完結にて候

へうげもの』が25巻(25服)で完結した。

長い長い道のりだった。

終わり方が実に良い。慶安3(1650)年,老境に達した上田宗箇岩佐又兵衛が織部の面影を追って旅をする。

実は,慶安3(1650)年は上田宗箇と岩佐又兵衛が没した年である(上田宗箇は慶安3年5月1日(1650年5月30日)没,岩佐又兵衛は慶安3年6月22日(1650年7月20日)没)。両人とも薩摩や琉球に旅などできるわけもない。

――それは,宗箇と又兵衛とが最後に見た,白日夢のたぐいかも知れぬ――

と,折口信夫『死者の書』の末尾を真似してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.26

江坂輝彌『日本の土偶』が講談社学術文庫に入った

江坂輝彌著『日本の土偶』という本が講談社学術文庫に入った。

日本で出土した土偶について,300点以上の図版を駆使して体系的に解説している。
また,土偶はどこから来て、どのように変化したのか,縄文時代の文化・信仰とともに探求している。

もう表紙を見てピンときた。

これは諸星大二郎のイラストだと。そして買わなくてはいけないと。

諸星大二郎の絵はプリミティブな文化を描くのに最適。

思わず,ジャケ買いした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.23

数で埋め尽くされた本:『2017年 最大の素数』(虹色社)

今宵もまた,人の褌で相撲を取る。

ハフィントンポストの記事の引用だが,虹色社という出版社から『2017年 最大の素数』という本が出た。719ページに渡って,2324万9425桁の数字がびっしりと印刷されているわけである:

無茶しやがって…。「史上最大の素数」まさかの書籍化」(ハフィントンポスト,2018年1月21日)

アマゾンで「品切れ」と表示されても,ご安心あれ。オンデマンド出版だから数日でお手元に。

こういう本って,たまに出るわけである。

小生が知っているのは,暗黒通信団の『円周率1000000桁表』とか『素数表150000個』とか。

これらの本については,以前,本ブログでも紹介した(参照「『円周率1000000桁表』を読む・・・いや読まない」)。

数値がびっしり書かれていること自体にエクスタシーを覚える人はいるわけで,そういう人は『2017年 最大の素数』をお買い求めください。そんなに高くないし(税込み1944円)。

そうそう。好評につき紀伊国屋新宿本店4階にて販売開始だそうで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.19

阪大工業会誌TechnoNetをお片付け

入試の採点ミスを今頃になって認めたり,センター試験で試験監督が居眠りしたり,と緩みまくって失笑を買っている大阪大学。

この凋落著しい大学の工学部を遥か昔に卒業したのが老生である。一連の騒ぎは不徳の致すところとお詫び申し上げる次第である。


さて本題に移る。

そこの工学部の同窓会,大阪大学工業会からは年に4回,会誌"TechnoNet"が送られてくるのだが,塵も積もれば山となる,いまや本棚を圧するばかりの量になってきたので,一気にお片付けをすることにした。

Sdsc_0940
↑山と積まれた"TechnoNet"のバックナンバー

たまに面白い記事があるので,そのまま捨てるのは惜しいような気がした(最近のヒットはリタイアした方によるNISA体験記。身銭を切って投資にチャレンジした結果を公表している。工業とは全然関係ない)。

そこで興味ある所だけはスキャンして,あとは束ねて廃品回収に。棚も少しはすっきりした。

昨年の秋にも本を捨ててみたが(参照:「本を捨てる」),この頃は,本や雑誌の整理に凝り始めた次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧