2024.05.23

『<学知史>から近現代を問い直す』所収の「オカルト史研究」を読む

有志舎からこの春に刊行された『<学知史>から近現代を問い直す』を読んでいる。

「学知史」という言葉は聞きなれない言葉だが,人文科学諸分野(歴史学とか思想史とか)の学説史・研究史を横断的に研究する方法論(リサーチ・メソドロジー)である。とは言っても形成途上の方法論なので,スタイルは固まっていない。

本書には大正期から最近までの様々な分野の研究の歴史をまとめた論文が収められている。

例えば斎藤英喜「『日本ファシズム』と天皇霊・ミコトモチ論―丸山真男,橋川文三,そして折口信夫―」とか山下久夫「『文献学者宣長』像をめぐる国学の学知史―芳賀矢一・村岡典嗣・西郷信綱・子安宣邦・百川敬仁―」とか。

学説史・研究史というのは研究者ありきなので,具体的な研究者名がサブタイトルに登場する。やはり人は人のことを知るのが好きなんですよ。

さて,面白そうな論文がひしめき合っている中,最も目を引いたのが,

栗田英彦「ポスト全共闘の学知としてのオカルト史研究―武田崇元から吉永進一へ―」

である。

最近「オカルト2.0」なんか読んだから「オカルト」に過剰反応する。

この論文,出だしの一文が良い:

「近年,オカルト(オカリティズム・エソテリシズム)史研究が国内外で脚光を浴びている。」(『<学知史>から近現代を問い直す』280ページ)

まさしくそんな気がする。

以降,オカルト史(エソテリシズム史)研究の日本代表として吉永進一を取り上げ,その研究の変遷,アプローチ手法のみならず,ニューウェーブSF読書経験やオカルト体験についても概説してくれる。要するにこの論文はほぼ吉永進一の評伝となっている。

栗田氏は吉永進一の発言を踏まえて,その研究姿勢を次のようにまとめている:

「つまり,アカデミズムのエティックな概念で対象化することで安全な立場に立つ,つまり「客体として取り出して整理する」というのではなく,「自己に戻って」自分の問題として捉えることを重視する。その意味で「オカルト」とは実体的領域を示す客観的概念というよりは,むしろその実体性や客観性を掘り崩して,自分の問題として考えるための方法論的な概念として用いられていることがわかる。」(『<学知史>から近現代を問い直す』295ページ)

そういえば,先日読んだ「オカルト2.0」の著者もオカルトを研究対象としつつも,自分の問題として捉えていた。オカルト史研究の典型的な研究姿勢なのだろう。

竹内裕=武田崇元=有賀龍太からの影響のほか,浅田彰や安彦良和にも少し触れられていたりして,オカルト史研究というのは,在野とアカデミズムの境目の無い,学際的な領域なのだなぁと感心した。

| | コメント (0)

2024.05.22

トマス・リード『人間の知的能力に関する試論』を読む

昨年から時折,トマス・リードの『人間の知的能力に関する試論』(上下 戸田剛文訳 岩波文庫)を読んでいるのだが,トマス・リードの正直さには感心する。

何が正直かというと,わからないものはわからないと述べていることが正直だというのである。

例えば,あなたにAさんという友達がいるとして,あなたがAさんについて何を知っているかというと,Aさんの属性(背が高いとか低いとか,性格が明るいとか暗いとか,勉強ができるとかできないとか)しか知らないでしょう,本質はわからないでしょう,ということをリードは述べている。

今の例では人物を取り上げたが,物でも現象でもおなじことで,リードは『人間の知的能力に関する試論』の中で,あらゆる対象について

属性は明確にわかるけど,本質はわからない

ということを述べている。

具体的には第5巻第2章「一般概念について」の中でこういうことを述べている:

「われわれがあらゆる個体について持っている,あるいは得ることができるすべての判明な知識は,その属性の知識である。というのも,われわれは,どのような個体の本質も知らないからだ。それは人間の機能の届く範囲を超えているように思える」(下巻141ページ)

もちろん,背が高いとか低いとか,性格が明るいとか暗いとか,勉強ができるとかできないとかいった属性はAさんという主体なしには存在できない。赤い色は,赤い色をした自動車とか服とか具体的な主体がなければ存在できない。

だが,主体の本質となるとわからない。お手上げである。

「自然は,われわれに,思考することと推論することは主体なしには存在できない属性だと教えてくれる。しかし,その主体について,われわれが作ることのできる最良の思念も,そのような属性の主体だということ以上のことをほとんど含意していないだろう」(下巻143ページ)

今では,「複雑系」のように「全体は部分の合計よりも大きな何かである」という考え方がある。しかし,実際にわれわれが主体に関して語ることができるのは,属性の総和が関の山で,本質については想像以上のことを語ることはできない。

トマス・リードはスコットランド常識(コモン・センス)学派の代表格である。彼の著書には常識学派という通称に違わぬ考え方が示されている。

| | コメント (0)

2024.05.17

『オカルト2.0』を読む

竹下節子『オカルト2.0』を読んだ。

近年のフランスのオカルト事情や動物磁気説で知られるメスメル(1734~1815)の栄光と挫折の生涯など,興味の尽きない話題が提供されている。

著者はオカルトのビジネス化やカルト化に警戒しつつも,カオスの時代を生きる方法としての可能性を「オカルト2.0」に見出している。

死,病,事故,別れなど人生には避けられない「悲劇」もあるけれど,それはある意味で単純なものだ。その他に自分でややこしくこじらせているさまざまな心理的葛藤がたくさんあって毎日の現実を汚染している。

実存的な悲劇と心理的葛藤とを分けなくてはいけない。葛藤を一つひとつ解決する「治療」を求めるのではなく,それらを抱えたままで「大いなる健康」に向かう一つの方法がオカルト2.0であるかもしれない。(「あとがき」より)

従来のオカルトは正統的な科学や宗教の裏側に在ったり対抗していたりしたのだが,今や科学とオカルトは対立するものではなく,協調しうるものだ,というのが本書のスタンスである。

それにしても,ビジネス界隈で流行していた「コーチング」の源流が,神秘思想家ゲオルギイ・グルジエフやその影響下で形成されてきたエニアグラムにあったというのは初めて知った。不明を恥じる次第である。

オカルトとビジネスは実に相性が良い(有名な経営者がスピリチュアルなものに傾倒している例はいくつもある)。

| | コメント (0)

2024.05.07

ダイ・シージエ『バルザックと小さな中国のお針子』を読む

ダイ・シージエの『バルザックと小さな中国のお針子』を読んだ。

こんなあらすじである:

文化大革命下の中国。知識階級の子供と見なされた主人公と友人の羅(ルオ)の二人は下放された。

生まれ故郷の大都会・四川省の成都を離れ,電気もないド田舎,鳳凰山で農作業に従事することになった。

主人公と羅が住んでいる村には,時折,仕立屋がやってくる。その仕立屋の娘が表題の「お針子」である。「小裁縫」と呼ばれている。とても美しい娘で主人公と羅は恋をした。

毛沢東語録以外の本は所有禁止という状況下で,主人公と羅はフランス文学の翻訳本を入手した(盗んできた)。

娯楽に飢えていた二人はむさぼるようにそれらの本を読む。

そして,羅は小裁縫にバルザックなどを読み聞かせ,だんだんと親密になっていく。

羅は小裁縫に教養を付け,田舎には似つかわしくない洗練された女性に仕立てようとするわけだが・・・。

20240429_1940531

フランス在住の中国人映画監督が綴る青春小説。

ある程度予想されていたことだが,最後のどんでん返しがとても良い。

| | コメント (0)

2024.04.30

『デルスウ・ウザーラ』読了

デルスウ・ウザーラ』(東洋文庫55)を読み終わった。

アムール川流域の先住民ナナイ(ゴリド)の猟師デルスウ・ウザーラと,ロシア人探検家アルセーニエフが,1907年から1908年にかけてシホテ・アリニ山脈を踏破する話である。

この本に感銘を受けた黒澤明がソ連の全面的協力の下,映画『デルス・ウザーラ』を撮り,モスクワ国際映画祭金賞やアカデミー賞外国語映画賞を獲ったのは有名な話。

はじめは一日1章のペースで読んでいたのだが,この本に描かれている状況が理解できるようになると読むのが早くなり,最後は2,3章まとめて読むようになった。

読者はデルスウの素朴な世界観と狩猟民族としての知恵に惹かれるだろう。

デルスウの世界観はアニミズムのそれであり,人間も動物も機能するモノも全て「ひと」と見なされる。

それらの「ひと」たちに対する知識や態度は,デルスウとの関わり合いによって濃淡が変化する。

天体に対してはわりと塩対応だ。こういうエピソードがある。

・・・1907年8月25日の夜明け,東の水平線付近に彗星が見えた。

アルセーニエフが率いる探検隊のメンバーたちは彗星が何を予言しているのかと議論し合った。

アルセーニエフがデルスウに意見を聞いてみたところ,次のように答えた:

「あれはいつも空をいく,人のじゃまはしない」彼はつまらそうに答えた。

自然を人格化してみる彼の考えではあるが,それでも彼は正しかった。彼は事物をそのあるがままに判断した。

(長谷川四郎訳『デルスウ・ウザーラ』「第7章 シャオケムに沿って」より)

このあと,アルセーニエフが太陽についてもデルスウに訊いてみるのだが,これも面白い:

「デルスウ」私は彼にきいた。「太陽とは何かね?」

彼はふしぎそうに私をみて,こんどは彼の質問を出した。

「あんたみたことないのか。みなさい」彼はこう言って,手でちょうど水平線にのぼった太陽の円板を示した。

みんなは笑った。デルスウは不満だった。その太陽自体が眼前にあるのに,太陽とは何かと人にたずねる。彼はからかわれたように思ったのだ。

(同じく『デルスウ・ウザーラ』「第7章 シャオケムに沿って」より)

天体に対してはこんな様子だが,魚やカラスやトラに対しては深い洞察を示す。

 

デルスウはこの旅の途上,老いによる視力の低下にショックを受ける(とは言ってもまだ58歳だったのだが)。旅の終わり,アルセーニエフはデルスウを自宅に引き取ることにした。

しかし,都市の生活はデルスウにはなじまなかった。なぜ,薪や水に金を払わないといけないのか? なぜ,街中で猟銃を撃ってはいけないのか? デルスウはアルセーニエフのもとを離れ,森に帰っていく。

それから二週間ほどたったある晩,デルスウは寝ているところを,何者かに襲われ,殺される。加害者はロシア人と推定されるが,捕まらないままであった。

デルスウは,事件を聞きつけたアルセーニエフに見守られながら埋葬された。

その2年後,アルセーニエフはデルスウを埋葬した場所を訪れようとするが,その場所には町が広がっていて,もはや探し当てることができなかった。

| | コメント (0)

2024.04.10

梅棹忠夫とモンゴル語

「モンゴルはわたしにとって,あこがれの国だった。中央アジアの高原のさわやかな空気にふれたかったのである。」(梅棹忠夫『実戦・世界言語紀行』岩波新書205)

さて先日,モンゴル・ウランバートルに出張した。ウランバートルに行くのはこれで2回目である。

温品廉三『モンゴル語のしくみ』や橋本勝『ニューエクスプレスプラス モンゴル語』でちょっと勉強してきたが,ちょっとのことでは歯が立たないのがモンゴル語。

日本語の「う」や「お」にあたる母音が全部で4種類もあり,とても聞き分けできない。

以前ご紹介した(ご参考),エル="Л (L)"の発音。これも手ごわい。「無声歯茎側面摩擦音」と言い,「ひ」とか「し」に聞こえる。

あとは"Х(kh)"がやたら多いが,これはまあ,ロシア語で練習済みなので,「か」と「は」を合わせたつもりで喉の奥で発音すればよい。

結局,現地ではご挨拶の

"Сайн байна уу?" (サェン バイノー)

ぐらいしかできなかったわけである。

(「ありがとう」を意味する,"баярлалаа"なんか,巻き舌р (r)と無声歯茎側面摩擦音л (l)が混在していて文字通り舌が回らない)

東南アジア諸国と違って,モンゴル人はお愛想で笑ったりしない。なので,通じたかどうかも不明のまま。

…ということで老生は苦戦していたモンゴル語だが,冒頭にあげた梅棹忠夫はあこがれの国の言葉ということで,実用上困らない程度にマスターしていた。

 

◆   ◆   ◆

 

実戦・世界言語紀行』の第2章「アジア大陸の奥深く」の半分はモンゴル語の話である。

1944年の春に蒙古聯合自治政府・張家口市に蒙古善隣協会・西北研究所が設立された。所長は今西錦司。梅棹忠夫は今西についていくことを決め,この研究所の嘱託(後に所員)となった。

モンゴルの牧畜社会を研究するにはモンゴル語が不可欠ということで,梅棹忠夫は勉強を始めた。まずは読み書き。なんと,というか当時としては当たり前のことなのだが,縦書きのモンゴル文字の読み書きを学んだということである。

読み書きの次は会話である。1944年5月に梅棹忠夫は西北研究所に着任するが,張家口市は漢族の街なので彼のモンゴル語会話力はなかなか上達しない。モンゴル人の間に入らないとダメだ,と思っていたところ,粛親王府の牧場を訪れる機会に恵まれた。ここでモンゴル人に囲まれて生活する中,ひと月ほどで日常会話ができるレベルになった。

日本語が使えない状況になると外国語が上達するというのはよく言われることである。モンゴル語ではなく,英語であるが,老生もそういう経験がある(上達したというよりも恐れずに話せるようになっただけ)。

梅棹忠夫のモンゴル語力はめきめきと上達。しかし,いよいよ本格的に研究を始めようとしたところで終戦。残念ながら大陸から引き上げざるを得なくなった。以後,数十年にわたってモンゴルに渡航することができなくなった。

しかしながらモンゴル語の能力を生かす機会は意外なときにめぐってくる。アフガニスタンのモゴール族探検(1955年)がそれで,この探検については『モゴール族探検記』(岩波新書青版F-60)に詳しいので,そちらをご参照ください。

| | コメント (0)

2024.02.12

宮本袈裟雄『天狗と修験者』を読む

宮本袈裟雄『天狗と修験者』(法蔵館文庫)を読んでいる。

修験道は「山岳修行を通して超自然的・霊的な能力を獲得し,それをもとに人々の悩みを究極的に解決しようとする宗教であるといえる。」(『天狗と修験者』,10ページ)

修験道の担い手は修験者に他ならないのだが,その性格を時代とともに変化する。著者は次のように言う:

「中世迄の山岳修行は苦行性が強く,山岳修行を第一義とする理念と現実とがほぼ一致していたと言えるのであるが,近世に入ると理念と現実との差が顕著になり,全体としては山岳修行を懈怠(けたい)する傾向が強まる」(『天狗と修験者』,14ページ)

江戸時代になると山岳修行を経ず,村落に定住する修験者たちが増えた。この修験者たちは村落の祈祷師として活動し,山岳に対する庶民の信仰を集める役割をしていた。修行という面で見れば「懈怠」だが,修験道の信者を増やしたという意味では修験道に大きく貢献していると言える。

明治になると神仏分離,修験禁止令等により,修験道は禁止された。修験者は神職となるか,天台宗・真言宗に帰入するか,還俗するか,という選択を迫られた。修験者の多くは還俗した。

明治・大正・昭和と修験道の暗黒時代が続いたが,第二次世界大戦後は信教の自由が保障されることとなり,いくつかの修験教団が形成されることとなった。

現代の修験者たちの姿はどうなっているかというと,面白いことに中世の修験者の姿に近いものになっており,日夜厳しい山岳修行に打ち込んでいる。著者は具体例として石鎚山の行者たちのライフヒストリーを紹介している(「石鎚山行者伝承」『天狗と修験者』,70~83ページ)。あたらしい中世と言えようか?

 

さて,本書では修験道に関連するものとして天狗が紹介されている。ご存知の通り,昔話の天狗は修験者の服装をしている。

伝承の中の天狗の姿は時代とともに畏怖される神秘的な存在から滑稽であるが親しみやすい存在へと変化する。

これは山岳修行を懈怠し,村落に定住する祈祷師へと姿を変えた近世の修験者たちの姿にシンクロしているようで面白い。

| | コメント (0)

2023.11.08

データ主導時代に抗して

3年ほど前の『學士會会報』に掲載された照井伸彦先生の「マーケティングにおけるビッグデータの活かし方」(『學士會会報』No.944,2020,pp.13 - 17)を読んだ。

ビッグデータの威力を認めつつも,データ至上主義に流れがちな実業界とアカデミアに警告を鳴らすような内容だった。

要約すれば:

――ビッグデータを扱う人々は,データ主導の「帰納-発見」アプローチに偏りがちで,中には

  • 「量」が「質」を凌駕する
  • 「検索」と「相関」ですべてが予測できる
  • 「理由」ではなく「答え」があれば十分

と考える人々も登場している。

これは,従来の科学の共通認識である,分析対象を理解するための理論として構造(モデル)や変数間の因果関係が大事という考え方の軽視,換言すれば,理論主導の「仮説-演繹-検証」アプローチの軽視につながる。

学問にせよ,実務にせよ,両アプローチでバランスよく問題に取り組まなくてはならない――

という内容だった。

これを読んで思い出したのが,グレゴリー・ベイトソン。

ベイトソンは『精神の生態学へ』の序章「精神と秩序の科学」でこんなことを言っている:

「科学の発展は圧倒的に帰納的なプロセスであり,またそうであるべきだと信じている研究者が,特に行動科学の領域に多く見られるようだ」

帰納的なプロセスというのは,先の「データ主導の『帰納―発見』アプローチ」にあたる。

観察された事実から理論を構成するのは別に悪いことではないのだが,こればかりやっていると,適用範囲の小さい無数の理論ばかりになって,全体を見通せる理論を構成できなくなる,という事態に陥る。

(ちなみに科学における理論は,一定の期間,検証され支持されてきた仮説にすぎない。いずれの理論も,研究が進めば別の理論へと置き換えられる可能性を有している。)

ベイトソンは適用範囲の小さい無数の理論のことを,「いまだ検証中の『仮説』」,「『研究促進的』概念」と呼んでいる。

「研究促進的」概念を,多くのデータによって検証し,改善していけば,いずれ「基底の知」と言うべき根本の理論に到達するというのが研究者たちの考え方であるが,実際はどうか? 無数の「研究促進的」概念だらけになっているではないか,とベイトソンは指摘する。

「精神と秩序の科学」が書かれたのは1971年。それから半世紀経ってビッグデータの時代が訪れ,「帰納性偏重」の度合いはさらに強まっているのではないか。

| | コメント (0)

2023.10.31

ケストナー『一杯の珈琲から』(小松太郎訳)を読む

帰路の途上,車の中でエフエム山口・大和良子司会の「COZINESS」を聞いていたところ,古い歌「一杯のコーヒーから」が流れてきた。

これを聞きながら,

――そういえば,本棚に未読のまま放置していた『一杯の珈琲から』(ケストナー)があった――

と思い出し,ついに読む決意をした。

エーリヒ・ケストナーによる日記体のユーモア恋愛小説である。

「一杯の珈琲から」という邦題は,訳者の小松太郎によるものである。原題は"Der Kleine Grenzverkehr"で直訳すれば,「小さい国境往来」となる。

主人公ゲオルク(ドイツ人)は夏休みを音楽の都ザルツブルク(オーストリア)で過ごす計画を立てる。しかし,現金の国外持ち出し制限で,ひと月10マルクしかオーストリアに持ち出すことができない。そこで,歌劇をオーストリアのザルツブルクで楽しみ,宿泊をザルツブルクの隣,ドイツのライヘンハル(バート・ライヒェンハル,Bad Reichenhall)で済ませるということを考える。つまり,朝晩国境を往復して歌劇祭を楽しもうという魂胆。原題はこれに由来している。

ちなみに為替管理局からマルクの国外持ち出し許可が出なかったため,ザルツブルクではゲオルクはほぼ無一文。昼ご飯はライヘンハルから持ち込み,コーヒーはいつも友人のカールにおごってもらっている。

 

ある日ちょっとした事件が起きる。

8月21日,ゲオルクがいつものようにザルツブルクでコーヒーを嗜んでいたところ,カールが現れない。ゲオルクがコーヒー代の支払いに窮していたところ,助けてくれたのが,オーストリア人のお嬢さん,コンスタンツェ。某伯爵の宮殿で働いているという。

ゲオルクはコンスタンツェに夢中になり,交際が始まる。邦題はこれに由来。

8月24日にはゲオルクはコンスタンツェの部屋に泊まり,8月25日には結婚を申し込む。なんというスピード展開。

ところが,コンスタンツェには(読者にはバレバレだが,ゲオルクが気づかない)秘密があった……

 

娯楽小説の向上を目指したケストラーらしく,残忍さや猥雑さが全く無い小説である。子供向けかというと,ピルスナーやシャンパンなど飲酒の楽しさは子供にはわからないはずなので,やはり大人向けの小説である。

原著は1938年にスイスで出版されたが,同じ年の3月にアンシュルス(ドイツによるオーストリア併合)があって,本書で描かれた国境往来というものがなくなった。

そして,同じ年,ナチス政権下のドイツで禁書扱いとなり,それは敗戦まで続いた。

お気楽な内容にもかかわらず,歴史に翻弄された小説である。

 

ちなみに老生が持っているのは真鍋博によるカバー画のもの(1986年5月23日付け第16版)。

初版が1975年3月。11年あまりで16版も刷られているということは人気の高い小説だといえるだろう。

20231031_134649-2

| | コメント (0)

2023.10.17

Microsoft Copilotとのやり取りの例

久々の投稿。

忙しいのと,X (旧twitter)の投稿がお手軽なのとが重なり合って,ブログの更新が滞っております。

今回はAIの活用の話。

ウィリアム・ギブスンの『モナリザ・オーヴァドライブ』というSFがある。

主人公である久美子の記憶容量ってどのくらいだっけ?と思ったので,GoogleやBingで適当に調べたけれど,埒が明かない。

そこで,Microsoftの"Copilot"に聞いてみた。

老生:


「ウィリアム・ギブスンの小説『モナリザ・オーヴァドライブ』に出てくる久美子の記憶容量はどのくらいのサイズですか?」
Copilotのお答え:




こんにちは、これはBingです。ご質問ありがとうございます。😊

ウィリアム・ギブスンの小説『モナリザ・オーヴァドライブ』に出てくる久美子というキャラクターは、脳に埋め込まれた記憶チップを使って、他人の記憶をコピーしたり、自分の記憶を売ったりしています。小説では、久美子の記憶容量は明確には示されていませんが、いくつかのヒントから推測することができます。

まず、小説の中で久美子が自分の記憶を売る際に、1メガバイトあたり100ドルの値段がつけられていることがわかります1。また、久美子が最初に記憶チップを手に入れたときに、その容量は「十分なものだった」と言われています2。さらに、小説の後半で久美子がボビー・ニューマークというハッカーの記憶をコピーする場面では、その記憶が「数百メガバイト」であることが示されています3

これらの情報から、久美子の記憶容量は少なくとも数百メガバイト以上であることが推測できます。しかし、小説の舞台は21世紀後半であり、当時の技術水準や市場価値を考えると、数百メガバイト程度ではあまりにも少なすぎるように思われます。実際、小説の中では「テラバイト」や「ペタバイト」という単位も登場しており、記憶チップの容量もそれに比例して大きくなっている可能性が高いです。

したがって、久美子の記憶容量は数百メガバイトから数テラバイトの範囲であると推測することができます。ただし、これはあくまで小説に登場するヒントや推論に基づいた仮説であり、正確な答えは作者であるウィリアム・ギブスンにしかわかりません。

参考文献:

1: ウィリアム・ギブスン, 黒丸 尚 (翻訳), 『モナリザ・オーヴァドライヴ』, 早川書房, 1989, p. 342

2: 同上, p. 332

3: 同上, p. 2343

4: 同上, p. 1214

5: 同上, p. 2355.

今や1TB(テラバイト)のUSBスティックメモリーが売られている時代なので隔世の感がある。

だが,記憶容量なんかよりも世界観が大事。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧