2018.06.17

『ポリアーキー』拾遺

ロバート・ダールは著書『ポリアーキー』(高畠通敏・前田脩訳,岩波文庫,2014年10月)の中で,

「私の意見は,抑圧体制からポリーアーキ―への変化は,望ましい場合が多いということである」(46~47ページ)

と述べつつも,変化は一方向ではないことについても言明している:

「私は,抑圧体制からポリアーキーへの変化が,歴史的必然であると仮定してないことを,はっきりさせておきたい。 (中略) ある歴史的発展法則によって,社会は必然的に,抑圧体制から,公的異議申立てのできる体制へと変化すると考えるのは,愚かというべきだろう。その逆方向への変化についても同様である。現代の民族国家はこの両方向への動きをみせてきている。」(47~48ページ)

ポリーアーキ―から抑圧体制へと変化する具体例として,本書第8章では,アルゼンチンの事例が取り上げられている。

1853年から1930年の間,アルゼンチンは国民の多くが公的異議申立ての機会を利用できるような体制,つまりポリアーキーを整備していった。しかし,制度としてはポリアーキーの体を成していたものの,ポリアーキーに対する信念を欠いていた。すなわち,

「アルゼンチンは,ポリアーキーの諸制度の正統性について,強い信念を少しも発達させてこなかった。その結果,ポリアーキーの体制が重大な困難に直面した時,それは独裁によって,簡単に一掃されてしまった。」(210ページ)

ダールは,ポリアーキーにとって有利な条件を,歴史的展開,社会経済的秩序,平等と不平等,下位文化的多元性,外国権力の支配といった指標(独立関数)によって分析してきたが,アルゼンチンにおけるポリアーキーの失敗は,これらの指標(独立変数)に加えて,「信念」というものがいかに重要であるか,ということを示す好例である。ダールは本書の少なからぬ部分,およそ100ページを割いて「政治活動家の信念」について論じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

ダール『ポリアーキー』を読む

本棚に放置されていたロバート・ダール『ポリアーキー』(高畠通敏・前田脩訳,岩波文庫,2014年10月)を読んだ。

ダールの偉いところは,民主主義という定義が多様で測り難い概念に代えて,ポリアーキーという測定可能な概念を設定したところにある。

ダールは政治参加(Participation)=包括性(選挙への参加の権利のひろがり)と公的異議申し立て(Opposition)=自由化(政治競争を許容する度合い)という2つの軸を設定し,その両方が満たされる極限としてポリアーキーを定義した。

Polyarchy_2

一般に民主的だと言われている国々は,このポリアーキーに属している。

かつて存在した,貴族のみあるいは男性のみが参政権を持った議会政治などは,政治競争が存在するものの,包括性を欠いており,上図で言えば競争的寡頭体制に分類される。

現存する社会主義体制の多くは,国民全員が参政権を持つという点では包括的であるが,異議を唱えにくいということで,包括的抑圧体制に分類される。

このようにポリアーキー概念を設定したうえで,ポリアーキー(あるいはその対極としての抑圧体制)はどのような条件で成立するのか,という議論を展開するのが本書である。また,本書では抑圧体制をポリアーキーへと変化させるにはどのような手だてが必要になるのか,ということも最終章で議論している。

ダールはポリアーキーが成立しやすい条件を次の7つの指標(独立変数)によって説明している:

  1. 歴史的展開
  2. 社会経済的秩序
  3. 社会経済発展段階
  4. 平等と不平等
  5. 下位文化的多元性
  6. 外国権力の支配
  7. 政治活動家の信念

ダールはこれら一つ一つの指標について一章ずつを割いて詳細に検討を行っている。

例えば,社会経済発展段階という指標では,一人当たりGDPの高低がポリアーキー成立のし易さに影響する。また,下位文化的多元性という指標では,地域的あるいは文化的対立が激しくない方がポリアーキー成立に有利である。

これは当たり前のようであるが,政治活動家の信念についていえば,政治活動家がポリアーキーの正当性について信念を持たなければ,ポリアーキーは成立しにくくなる。

ダールは学者として控えめで冷静な態度をとっており,これらの指標(独立変数)がポリアーキーの成立に影響を与えることを実証的に示しつつも,影響を与えることがそのまま成立を確約するわけではないことを随所で述べている。また,どの指標(独立変数)がポリアーキーの成立に強く影響を与えるのか,という重みづけに関しても留保している。

ダールが10章で述べたように,本書にまとめられた内容はあくまでも出発点である。これから議論を深めていくべきであるという点で,本書は開かれた書である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.13

紀田順一郎『読書の整理学』再読

うちの本棚を眺めていて,たまたま目についた紀田順一郎『読書の整理学』(朝日文庫)を手に取った。

「情報化社会に対応した・・・(中略)・・・”最新読書技術辞典”」と裏表紙に書いてあるのだが,朝日文庫版の書版は1986年。三十余年前の内容なので,隔世の感がある。

何を以て隔世の感があると言うか。それは,情報収集の中心が活字情報ではなくなってきたということに尽きる。

本書が書かれた当時は,情報収集の中心は書籍,雑誌,新聞など活字メディアだった。今は何でもネット。

読書という行為は今もなお健在だと思うが,読書と情報収集の分離が著しくなったのが現在だと思う。

かつては,情報収集のプロセスとして,

読書→ノート→カード化→整理

という一連の作業が行われていた。つまり読書を起点として個人的にデータベースを作成する(実際にカード化などしなくても,頭の中にデータベースを構築することもある)ことが情報収集の中核を担っていたのだが,今では,すでに出来合いのデータベース(狭義のデータベースだけでなく,googleやwikipediaも含む)を利用することが情報収集術となっている。つまり能動的情報収集から受動的情報収集へと変わってきている。

読書自体は,というと情報収集の中心から外れ,楽しみとしての読書へと,いわば純化路線をたどりつつあるように思う。「創造的な読書活動」の強迫観念から離れることができてよかったのかもしれない。


◆   ◆   ◆


隔世の感,と言ったが,そう思ったもう一つの理由は,著者の蔵書家人生が今,終焉を迎えつつある,ということにある。

老境に達し,家庭の問題から莫大な蔵書を手放さざるを得なくなった事情が近著『蔵書一代』に記されている。

実は『読書の整理学』にも「蔵書の一代性」ということが記されている:

「蔵書という「群」全体は,一人の読書家の比類のない人格と精神遍歴の総体である。したがってこれを本来の意味において継承しうる者は厳密には存在しない。もっとも近い血縁の者ですら,これを継ぐことはできない。」(『読書の整理学』,233ページ)

「蔵書一代は,感傷ではなく,一つの諦観,悟りである」(『読書の整理学』,234ページ)とまだ働き盛りだった著者は述べていたが,本当に手放さざるを得なくなった時,著者はどう思い,どう行動したのか。それは『蔵書一代』に克明に記されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.05

千野隆司『塩の道―-おれは一万石(2)』を読む

何度も書いているが,うちのツマのご先祖は加賀藩主前田利常公に仕え,禄高10,950石を拝領していた重臣,小幡宮内長次(おばたくないながつぐ)だった(参考記事:「加賀藩・小幡宮内家の近世」)。なので,千野隆司『おれは一万石』(双葉文庫)には過剰に親近感を持つわけである。

おれは一万石』はすでに読み終えたが,その続き,『塩の道-おれは一万石(2)』を今頃になって読んでいる。


前作は天明6(1786)年,老中田沼意次が失脚しそうな不穏な雰囲気の頃の話だったが,本作は同年の晩秋から話が始まる。

主人公は,下総高岡藩井上家に婿入りした井上正紀(まさのり)17歳。

前作では高岡藩小浮村の洪水を食い止めるべく2000本の杭を調達したり,農民と一緒に普請に参加したりと大活躍だった。小藩のトップは自ら最前線に出ないとだめなのである。

本作では凶作に見舞われた藩の財政を立て直すべく,財源探しをするというのが最大のミッション。国元の家老ら抵抗勢力と論戦したり,二つ年上の姉さん女房・京に気を遣ったり,セブンティーンなのにいろいろ忙しい正紀である。


◆   ◆   ◆


さて,老生の手元には古地図資料出版による復刻版の「大日本行程大絵図」(天保14年卯5月御免,安政4年巳5月刻成)がある。この地図で高岡藩の位置を確かめてみると・・・

Edotakaoka

右の中ほど,白い点線で囲ったところに,「井上筑後守殿 高岡 1万石 江戸より19里」とある。

江戸からは遠いような近いような微妙なところ。

正紀は普段は江戸・下谷広小路の井上家上屋敷に住んでいる。これまた古地図資料出版による復刻版の大江戸絵図(明和八年辛卯)で確認すると…

Edotakaoka2

あったあった。左端中ほどからやや下,点線で囲ったところに「井上筑後守」とある。義父の井上正国は従五位下・筑後守だった。

ということで,古地図に照らしながら『おれは一万石』シリーズを読むと面白さが倍増。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.27

寺院の質屋業に対する陸游からの批判

先日購入した,浅田泰三『中国質屋業史』(東方書店,1997年)を紐解いているところである。

先の記事でも書いたように,質業の起源は仏教寺院にある。

同書によれば,陸游が著書『老學庵筆記』の中で寺院の質業を批判したという。そこで該当箇所を「四庫全書・子部」に収められた『老學庵筆記』から探してみた。

巻六に該当箇所が見つかった:

「今僧寺輒作庫質錢取利謂之長生庫至為鄙惡予按梁甄彬嘗以束苧就長沙寺庫質錢後贖苧還於苧束中得金五兩送還之則此事亦已久矣庸僧所為古今一揆可設法嚴絶之也」(『老學庵筆記』巻六)

意訳してみた:

今の寺院はたやすく庫を作り,質屋業を営み,利を得る。これを長生庫という。いたって俗悪なものである。かつて梁の甄彬(けんひん)は苧麻(ちょま,麻の一種,カラムシ)を長沙寺に質入れし,後にこれを請け出した。すると,苧麻の中に金5両を発見した。甄彬はこれを長沙寺に返したという。この事例は寺院が質屋業を営んで既に久しいということを示している。凡庸な僧がなすことは過去も現在も同じである。法を設け,厳しく寺院の質屋業を禁ずるべきである。

だが,陸游の憂いも空しく,寺院の質業は栄え,元代にも続いていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.25

柴山守『地域情報マッピングからよむ東南アジア』

GISを利用した東南アジア地域研究の実例でも勉強しようと思って,柴山守『地域情報マッピングからよむ東南アジア』という本を手に取ってみた。

そうしたら,豈図(あにはか)らんや,本書の最初の三分の一ほどは,タイ語ワープロ開発史の話だった。タイ文字フォントや入力方式の開発秘話,仏典の用語索引作成などの偉業が語られている。

だが,小生が求めているのはそこじゃない。

地図上に人やモノの動きをマッピングするGISらしいお話は,残り三分の二に登場する。

「第2章 上座仏教寺院と僧侶の<うごき>」,「第3章 海域アジアにみるものの<うごき>」,「第4章 ハノイ都市化の<うごき>をよむ」といった各章に小生が求めてきた研究の実例が紹介されていた。

建築学あるいは都市計画の専門家にとっては第4章が興味深いことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.24

東方書店で『中国質屋業史』を購入

東京出張のついでに神保町の東方書店に立ち寄り,同書店刊行の本を買ってきた:

浅田泰三『中国質屋業史』(東方書店,1997年)

この本によると,質(抵当)をとるという行為は大昔から存在するが,業として質屋が営まれるようになったのは南北朝時代らしい。

南朝の仏教寺院が経営する「寺庫」が最初の質屋業ということである。

坊主丸儲けとはこのことかと。

最初は伽藍建立や慈善のための資金を稼ぐことが目的だったらしいが,後には単なる金儲けと化していく。唐代になると民営の質屋業(質庫),宋代になると官営の質屋業が加わり,質屋業は隆盛を極める。

この本で初めて知ったのだが,「寺庫」の発展を支えたのは,当時の仏教界にあった「福徳」思想と「無尽蔵」思想なのだという。

福徳思想とは,善行を施すことによって幸福と利益が得られるとする思想である。

そして,無尽蔵思想とは,日本における「頼母子(たのもし)」と同じで,母子が無限に続くように,金が利を生み,利が利を生むことによって無限に利が生産されるという思想である。

そもそもの原始仏教にはこれらの思想はなかったと思うのだが,古代・中世の中国仏教(三階教)ではこういう思想が広がっていたようである。

なお,現代の中国語では質に入れることを「典当(ディエンダン,diǎndàng)」という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.07

趙汝适『諸蕃志』を読む

引き続き,「四庫全書」に収められた書物の話。

744pxchina_qing_dynasty_flag_1889_s

『諸蕃志』は南宋の官僚・著述家,趙汝适の著作。趙汝适は北宋太宗より8世の子孫である。

泉州の市舶司だったときに,地理・風土・物産に関する海外情報を集め,この本をまとめた。

これもまた,ネット上で読むことができる:

諸蕃志』(維基文庫,自由的圖書館)


『諸蕃志』は上下2巻に分かれ,上巻は地理・風土,下巻は物産を記している。

  • 卷上 志國 交趾國 占城國 賓瞳龍國 眞臘國 登流眉國 蒲甘國 三佛齊國 單馬令國 凌牙斯加國 佛囉安國 新拖國 監篦國 藍無里國 細蘭國 闍婆國 蘇吉丹 南毗國 故臨國 胡茶辣國 麻囉華國 注輦國 鵬茄囉國 南尼華囉國 大秦國 天竺國 大食國 麻嘉國 層拔國 弼琶囉國 勿拔國 中理國 甕蠻國 記施國 白達國 弼斯囉國 吉慈尼國 勿厮離國 蘆眉國 木蘭皮國 勿斯里國 遏根陀國 海上雜國 渤泥國 麻逸國 三嶼 蒲哩嚕 流求國 毗舍耶 新羅國 倭國
  • 卷下 志物 腦子 乳香 沒藥 血碣 金顏香 篤耨香 蘇合香油 安息香 梔子花 薔薇水 沉香 箋香 速暫香 黃熟香 生香 檀香 丁香 肉豆蔲 降眞香 麝香木 波羅蜜 檳榔 椰子 沒石子 烏滿木 蘇木 吉貝 椰心簟 木香 白豆蔲 胡椒 蓽澄茄 阿魏 蘆薈 珊瑚樹 琉璃 猫兒睛 珠子 硨磲 象牙 犀角 膃肭臍 翠毛 鸚鵡 龍涎 瑇瑁 黃蠟 海南

例によって日本(倭国)の項を読んでみると,冒頭はこんな感じである:

倭國在泉之東北,今號日本國。以其國近日出,故名。或曰惡舊名改之。

訳: 倭国は泉の東北にある。今は日本国と号する。日の出に近いので,そのように名付けた。倭という旧名を憎んで,解明したという話もある。

有水牛、驢、羊、犀、象之屬。

とも書かれているが,日本には水牛や犀や象はいない。誤情報。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018.05.06

張燮『東西洋考』を読む

東西洋考』は明代の文人,張燮によって編まれた地誌・歴史書である。万暦45(1617)年発刊。

744pxchina_qing_dynasty_flag_1889_s

乾隆帝の勅命により編纂された「四庫全書」に収められているのだが,中国の人々は大したものでテキストデータがアップされており,自由にネット上で読むことができる:

四庫全書」(維基文庫,自由的圖書館)
東西洋考』(維基文庫,自由的圖書館)

『東西洋考』は全12巻から成り,各巻の内容は以下の通りである:

  • 卷一 西洋列國考 交阯〈清化 順化 廣南 新州 提夷〉
  • 卷二 西洋列國考 占城 暹羅〈六坤〉
  • 卷三 西洋列國考 下港〈加留[𤣩+巴]〉 柬埔寨 大泥〈吉蘭丹〉 舊港〈詹卑〉
  • 卷四 西洋列國考 麻六甲 啞齊 彭亨 柔佛 丁機宜 思吉港 文郎馬神 遲悶
  • 卷五 東洋列國考〈東番考附〉 呂宋〈大港 南旺 玳瑁 中邦 呂蓬 磨荖央 以寧 屋黨 朔霧〉 蘇禄〈高藥〉 貓里務〈網巾礁老〉 美洛居 文萊 東番考〈鷄籠淡水〉
  • 卷六 外紀考 日本 紅毛番
  • 卷七 餉稅考〈清化 順化 廣南 新州 提夷〉
  • 卷八 稅璫考
  • 卷九 舟師考
  • 卷十 藝文考
  • 卷十一 藝文考
  • 卷十二 逸事考

老生としては,柬埔寨(カンボジア),柔佛(ジョホール),日本の項が興味深い。

日本の項を読んでみると,秀吉に関してこういう記述がある:

倭自平清盛秉政,一門並據要路,為淫暴於國。萬曆十四年,平信長為關白,其義子平秀吉者,先是母為人婢,得娠,欲勿舉,念有異徵,育之。秀吉幼微賤,販魚為業,醉臥樹下。信長出獵,吉驚起衝突。將殺之,見其鋒穎異常,因留養馬,名木下人。嗣從征伐,有功為大將。已而信長為明智所殺,秀吉與行長誅明智,廢信長子自立為關白。倭奴既盛,散入諸國間。萬曆初,使臣封琉球,聞中山王往往為倭所苦。至十八年,阻中山王勿通貢,閩撫以聞。朝議置腥氈不問。

二十年正月,秀吉帥行長、清正等入犯朝鮮。朝鮮承平久,武備盡弛,王李昭聞變恇怯,遂陷三道。太妃及世子為倭所執,昭北走義州,絡繹告急。遣祖承訓往援,全師皆沒。上震怒,以來應昌為經略,率大將軍李如鬆督諸將東征,渡鴨綠江,戰平壤,大破之。倭奴宵遁,我師追討,遇伏發,戰碧館,師遂少挫,自是連戰不利。大司馬石星度內閣有厭兵意,力主和議。以布衣沈惟敬往遊說焉。倭遣小西飛來議貢。〈顧養謙、孫钅廣相繼為總督,俱掣肘不得展。〉中朝力陳其偽,章滿公車。大司馬持之堅,上為下禦史曹學程於獄,至論死。於是中外莫敢言。乃遣臨淮勳衛李宗城及沈惟敬持冊封秀吉為日本國王。使至,秀吉不受封,宗城遜還。朝鮮陪臣李元翼知關白無意罷兵,議乘釜山漸弛,作攻復之計,為惟敬所阻。久之,倭益肆,羽檄旁午,和議訖不成。上始暴大司馬星誤國狀,下獄論死。

二十五年,邢玠為經略,楊鎬為經理。鎬誓師躬自督戰,屢破清正,圍秀吉。秀吉糧盡請和。鎬曰:「受降不受和也。」倭窘甚。會大雨雪,我師沾濕,不得駐,倭突圍出戰,我師敗歸。鎬坐奪職。萬世德為經理。無何秀吉死,倭人反首拔舍而還。世德追破之,斬獲甚夥,朝鮮以寧。

(『東西洋考』巻六,日本)

信長と秀吉の姓は平ということになっている。そして,秀吉は信長の義子とのこと。秀吉は「幼微賤,販魚為業,醉臥樹下」,つまり若い頃は貧しく,魚を販売して生計を立て,木の下を寝所としていたと書いてある。信長が明智に殺されたので,明智を誅し,信長の子を廃して,自ら関白になったとも書いてある。

細部に誤りがあるものの,わりと正しく伝わっているといのが老生の感想。

むしろ,同時代の日本の人々はこんなには知らなかったのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.30

吉田類『酒は人の上に人を造らず』を読む

今年の正月下旬に上梓された吉田類『酒は人の上に人を造らず』(中公新書)を読み終えた。酒に関する蘊蓄ではなく,酒場の人間学,参与観察の本である。

吉田類らしく読んでいて楽しく余情のある文章。「軽妙洒脱」と評したいところだが,「洒脱」には「俗気がなく,さっぱりしている」という意味があり,「俗気」の部分で引っかかるので,「軽妙情味」という造語で評しておく。

以前読んだ,『酒場詩人の流儀』(中公新書)との違いは,一つ一つのエッセイの長さ。

『酒場詩人の流儀』には「新潟日報」や「北海道新聞」に掲載された,2ページ程度の短いエッセイがまとめられていたのだが,この『酒は人の上に人を造らず』には「中央公論」に掲載された,7ページぐらいのそれなりの長さのエッセイがまとめられている。

一つのエッセイには数か所の酒場のことが取り上げられている。東京・神田の話だと思って読んでいると,いつのまにか場面は宮津・天橋立に飛んでいく。

「酒は,時空を自在に浮遊する息吹を魂に吹き込む妙薬でもある」(176ページ)

と著者が書いているように,酒を介してあらゆる場面が一つのエッセイにまとめられているのである。


◆   ◆   ◆


このエッセイ集を読んでいて,頻繁に出くわすのが,著者が意識を失うところ。

酔って帰った博多のホテルで寝込み,筏で漂流する悪夢を見て飛び起きたところ,風呂のお湯を出しっぱなしにして大洪水を起こしていたという話。山登りを終えて疲労困憊したところで,訪れた河川敷の酒場「たぬきや」に行ったはずが,気がついたら自分の職場での新年会になっていたという話。

こんなに朦朧としていて大丈夫か?と思うのだが,翌日にはアルコールは分解され,二日酔いはないというのだから驚かされる。


◆   ◆   ◆


酒や人が好きでありながら決してのめり込まないのが良い。老生が好きな一文を引用する:

「屋台の灯とネオンが揺れる運河沿いの光景は,どこか浮世離れしている。そんなシーンの中へ紛れるには,ファッションだってさりげない工夫がほしい。ダークな色使いで,ハットかハンティングを被り,軽いストールを巻く。あれっ,どこかで見かけたような……。」

酒場に溶け込む自分自身さえも観察する視点が面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧