2017.12.06

特許情報から見たPezy Computing社長の技術力

スパコン開発ベンチャーPEZY Computingのことがホットな話題になっているが,同社社長齊藤元章氏の技術力を特許情報から見てみた。

特許情報はおおよそ,「公開特許公報」と「特許公報」から拾い上げることができる(「再公表特許公報」というのもあるが,今回は省略)。

公開特許公報」は出願してから1年半経つと発明内容が公表されるものである。この時点では特許をとっているわけではない。

ご存知かと思うが,発明はそのままでは特許取得に至らない。発明して,出願して,審査を受けて後,特許が登録されるわけである。

特許が登録されたのちに公開されるのが,「特許公報」である。


さて,発明者をPEZY Computing社社長のお名前にして検索してみると,「公開特許公報」では47件の出願がヒットした:

公開特許公報掲載分
出願番号 出願日 名称
1993-212601 1993/8/27 カテーテルシステムの接続方法
1994-302608 1994/10/30 X線を利用した血管造影を中心とする立体撮影において、3次元(立体)的または4次元(時間軸を有した3次元)的情報の画像表示を行う方法
1998-074773 1998/2/18 コンピュータ断層装置
1998-090524 1998/3/2 コンピュータ断層装置
1999-126207 1999/3/30 コンピュータ断層装置
1999-130405 1999/4/2 三次元画像表示装置
1999-215690 1999/6/25 三次元画像表示装置
1999-215691 1999/6/25 三次元画像表示装置
1999-264278 1999/8/16 三次元画像表示装置
1999-311386 1999/9/28 三次元画像表示装置
1999-311387 1999/9/28 コンピュータ断層装置
1999-311388 1999/9/28 三次元画像表示装置
1999-311401 1999/9/28 インターネット上の個人保健医療情報信託サービスを核としたビジネスモデル
1999-315742 1999/10/1 三次元画像表示装置
2000-059572 2000/1/31 多層プロトコルを用いた医用画像情報システム
2000-140911 2000/4/6 三次元画像表示装置
2000-404063 2000/12/12 インターネット上の個人保健医療情報蓄積サービスと携帯型保健医療情報端末を核としたシステムおよびビジネスモデル
2001-171766 2001/5/2 ネットワーク環境における三次元画像表示装置
2001-220613 2001/6/18 コンピュータ断層装置
2001-220614 2001/6/18 画像データ圧縮装置
2001-318705 2001/9/11 ネットワーク環境におけるレポートシステム
2001-373389 2001/11/2 ネットワーク環境におけるレポートシステム
2001-398256 2001/11/22 ネットワーク環境におけるマルチプロセッサシステム
2002-115483 2002/3/14 画像処理とネットワーク配信を対話的に行うことを可能にしたX線CT装置
2002-132071 2002/4/1 ネットワーク環境におけるデータ蓄積・処理センター
2002-132072 2002/4/1 ネットワーク環境におけるCTデータ蓄積・処理センター
2002-218895 2002/6/25 医用画像複合観察装置
2002-315049 2002/9/25 コンピュータ読影支援システム
2002-361463 2002/11/11 医用画像複合観察装置
2002-383174 2002/12/12 X線CT装置の投影データから直接三次元画像を作成する三次元画像表示装置
2003-302028 2003/7/24 広域ネットワーク環境における電子カルテシステム
2004-139208 2004/4/7 広域ネットワーク環境における医用画像処理システム
2005-138250 2005/5/11 情報システム
2005-149252 2005/5/23 ネットワーク環境における三次元画像表示装置
2005-149253 2005/5/23 ネットワーク環境におけるレポート作成システム
2005-185651 2005/5/31 圧縮された画像データを順次部分解凍しながら三次元画像を作成する三次元画像表示装置
2005-214298 2005/7/25 ネットワーク環境における三次元画像表示装置
2005-214299 2005/7/25 ネットワーク環境における三次元画像表示装置
2006-105747 2006/4/6 解析プロトコルに基づいた前処理装置を備える三次元画像表示装置
2007-256194 2007/9/28 解析プロトコルに基づいた前処理装置を具備する三次元画像表示装置
2007-256193 2007/9/28 解析プロトコルに基づいた前処理装置を具備する三次元画像表示装置と画像保管通信システムの連携システム
2007-256207 2007/9/28 解析プロトコルに基づいた前処理装置を具備する三次元画像表示装置を相互接続した医用画像解析システム
2008-276600 2008/10/28 ネットワーク環境における医用画像処理システム
2011-148293 2011/7/4 金属基材の防食塗装方法
2012-206252 2012/9/19 断層撮影装置
2014-170616 2014/8/25 電子機器の冷却システム
2016-201898 2016/10/13 電子機器の冷却システム


2011年より前と以降とで傾向が全く異なることがわかる。2008年までは医療用画像処理関連の発明が多いのだが,2011年からはコンピュータの冷却技術に関する発明に切り替わっている。


◆   ◆   ◆


次に,「特許公報」掲載分を見てみよう。27件ヒットする:

特許公報
出願番号 特許/登録番号 登録日 名称
2002-218895 4197108 2008/10/10 医用画像複合観察装置
2002-115483 4231237 2008/12/12 画像処理とネットワーク配信を対話的に行うことを可能にしたX線CT装置
2001-373389 3705588 2005/8/5 ネットワーク環境におけるレポートシステム
2001-318705 3704492 2005/7/29 ネットワーク環境におけるレポートシステム
2001-171766 3766608 2006/2/3 ネットワーク環境における三次元画像表示装置
2000-059572 4299944 2009/4/24 多層プロトコルを用いた医用画像情報システム
2002-383174 4361268 2009/8/21 X線CT装置の投影データから直接三次元画像を作成する三次元画像表示装置
1999-264278 4458309 2010/2/19 三次元画像表示装置
2002-132072 4681790 2011/2/10 ネットワーク環境におけるCTデータ蓄積・処理システム
2001-220613 4705737 2011/3/18 コンピュータ断層装置
2011-148293 5170801 2013/1/11 金属基材の防食塗装方法
2007-256207 5252263 2013/4/26 解析プロトコルに基づいた前処理装置を具備する三次元画像表示装置を相互接続した医用画像解析システム
2007-256193 5252262 2013/4/26 解析プロトコルに基づいた前処理装置を具備する三次元画像表示装置と画像保管通信システムの連携システム
2014-170616 5853072 2015/12/11 電子機器の冷却システム
2016-507719 5956100 2016/6/24 液浸冷却装置
2016-517011 5956708 2016/6/24 ダイ及びパッケージ、並びに、ダイの製造方法及びパッケージの生成方法
2016-546560 6042590 2016/11/18 液浸冷却用電子機器、及びそれを用いた冷却システム
2016-546559 6042589 2016/11/18 液浸冷却用電子機器、及びそれを用いた冷却システム
2016-546558 6042588 2016/11/18 液浸冷却用電子機器、及びそれを用いた冷却システム
2016-546557 6042587 2016/11/18 液浸冷却用電子機器、及びそれを用いた冷却システム
2016-507720 6064083 2016/12/22 電子機器の冷却システム
2016-507718 5956099 2016/6/24 電子機器の冷却システム
2016-507717 5956098 2016/6/24 電子機器、及び電子機器の冷却装置
2016-507716 5956097 2016/6/24 電子機器の冷却装置
2016-546556 *** *** 電子機器の冷却システム
2016-546555 *** *** 電子機器の冷却システム
2016-546554 *** *** 電子機器の冷却システム

2014年以降の特許が半分を占めている。そしてその多くが冷却に関わる技術である。

そしてその多くが,「公開特許公報」掲載分には含まれていないことに気づいた人もいると思う。これは「早期審査対象出願」という制度を利用したもので,通常の審査では平均14カ月かかるところを平均で2か月に短縮するというもの。


◆   ◆   ◆


ということで雑に特許情報を一瞥したが,PEZY Computing社の現在の技術力が那辺にあるかというと,冷却技術ということになるかと思う。

大枠ではスパコン屋さんということになるが,画期的なアーキテクチャを実現したとか,そういう話ではなく,あくまでも冷却屋さんであると考えられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.02

【Web特殊漫画】てっ…天才だ!

ネット(一部)で話題の漫画。

不条理漫画に分類されると思うが,その中でも特に,ながいけん『神聖モテモテ王国』,中川ホメオパシー『バトル少年カズヤ』などの系譜に連なるものだと思う。

ヤバい人の言動の描写は完璧と言っても良い。中川ホメオパシー作品であれば,苦笑いで済むところが,キム・ギニョン作品では戦慄を覚える程になる。

ネット界に天才が現れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.27

Web歴史漫画『カンニング・スタンツ』ついに完結

以前から推していた(参照),コロラド”十段”ひろし先生の歴史漫画『カンニング・スタンツ』が,2017年11月21日の更新を以て終了した。

これは「楚漢戦争」,すなわち,秦王朝滅亡後の覇権を巡って項羽と劉邦との間で繰り広げられた戦いを中心に描いたWeb漫画である。

いわゆる「項羽と劉邦」ものだが,季布(きふ)を主人公に据えているのが一味違っていて面白かった。

2011年3月18日に第1話を掲載してからおよそ6年余り。お疲れ様でございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.03

【続】新都社の三大戦記物といえば『覇記』『カンニング・スタンツ』,あとは?

今から3年余り前に「新都社の三大戦記物といえば,『覇記』,『カンニング・スタンツ』,あとは?」という記事を書いた(2013年9月18日)。

そのときは,玄界灘潮先生の『ブルトンの金獅子』を3つ目の戦記物として挙げていたが,もはや修正すべきだろう。

3つ目の戦記物は同じ玄界灘潮先生の作品だが,『エンゼルシューター』を挙げておきたい。

【あらすじ】
日本に似た八洲という島国が舞台。西欧列強の到来とともに八洲では内戦が発生し,帝国と共和国という2つの国に分裂。以後,両国は対立と抗争をつづけることとなった。
帝国軍の侵攻によって家族を失い孤児となった天野安寿は,共和国軍の第一独立狙撃中隊(後の「エンゼルシューター」)に入り,特殊能力を生かして帝国軍と戦う……。

最近,これらの3作が更新されたので,紹介しておく:

『カンニング・スタンツ』と『エンゼルシューター』は,ほんまにお薦め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.05

お節介な顔認識テクノロジーに対抗する

さて,本日も英語の勉強ということで,the guardian紙のサイトを見ていたわけだが,面白そうな記事を見つけた:

"Anti-surveillance clothing aims to hide wearers from facial recognition" (by Alex Hern, the guardian, Wednesday 4 January 2017)

ベルリンを拠点として活動しているアーティスト兼技術屋のアダム・ハーヴィー(Adam Harvey)が,顔認識(顔認証)技術に抵抗する衣服を開発している,というニュースである。

このアダム・ハーヴィー,以前,「顔認識を拒否する化粧法」を開発して発表していた。その化粧法は,Wired誌でも取り上げられていた(参考)が,"CV Dazzle"というネーミングだった。

今回,ハーヴィーが提案しているのは,顔と誤認識させるテキスタイル・パターン(布地の柄)である。ガーディアン紙に写真が掲載されているので,そちらを見ていただきたいが,コンピュータがそのテキスタイル・パターンを見ると何百・何千という顔を認識してしまい,来ている人の顔を認識できなくなるというわけである。いわば,顔の飽和攻撃。

ハーヴィーがこのような対抗技術を開発している動機は,もちろんプライバシーの擁護,ということであるが,さらに言えば,人間の外観から人間の価値を決定しようとする誤った考え方への批判という意味もある。

ガーディアンの記事によれば,顔認識システムは,マーケティングから犯罪抑止まで応用されつつあるという。上海交通大学の研究者は,口や鼻の位置関係から犯罪性を見破ることができるとまで言っているという。

こういったお節介な顔認識テクノロジーはフランシス・ゴルトンらの優生学を思い起こさせる,とハーヴィーは言う。犯罪者は犯罪を実行する人々のことであって,犯罪者に見える人々のことではない,ということが忘れ去られているわけだ。


◆   ◆   ◆


ここで小生が思い出したのが,2013年9月にガーディアン紙でスラヴォイ・ジジェクが語っていたことである(参考)。本記事に関連する部分を再録してみる:

現在,大量の個人情報が国家によって収集されているが,それは膨大過ぎて情報機関のコンピュータをフル活用しても処理しきれないほどである。すると場合によってはコンピュータ・プログラムのバグによって,普通の市民がテロリストと誤認される可能性もある。なぜテロリスト判断されたのか,理由もわからずに。
"Without knowing why, without doing anything illegal, we can all be listed as potential terrorists." (Slavoj Zizek)

顔認識システムが誤った進化を遂げると,我々は何かの拍子に,犯罪者としてリストアップされ,ネット上で曝され,クレジットカードの使用を停止され,生存すらできなくなる可能性があるというわけである。

我々には認識されない自由というのも必要だろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016.09.14

『カンニング・スタンツ』第三十七話開始,リクナビ『ワンマン社長は決断が早すぎる』連載開始

これまでにもたびたび紹介してきたが,季布を狂言回しとして秦末・楚漢戦争を描いている『カンニング・スタンツ』の新章が始まった。

今回のタイトルは「第三十七話 新戦場」である。楚の項籍(項羽)と秦の李由の戦いを描く。

あと最近の面白い漫画としては,リクナビで連載が始まった,にぎりこぶし作『ワンマン社長は決断が早すぎる』がある。

「中小企業あるある」という感じか。絵が達者。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.02

『能面女子の花子さん』を読む

web上では色々な漫画が読めて楽しいわけだが、今一番ホットなのはこれではないか?

織田涼『能面女子の花子さん』

女子高生×能面という発想が素晴らしい。主人公泉花子さんが勉学もでき、とても性格が良いのに周囲から完全に浮きまくっているのが良い。

多分、テレビドラマ化されるのではないかと思われる(演ずる女優を伏せておかないと面白さが半減どころか激減するけどね)。

長い黒髪の和風の大人びた女子高生という点では吉田秋生の『吉祥天女』の叶小夜子を思い出した。あっちはサスペンスですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.18

!!「ユーザープロファイルを読み込めません」だと!!

当たり前のことだが,コンピュータのトラブルは突如やってくるものである。

約三年ほど前には「ネットワークアダプタが検出されなくて大騒動」が起きたわけだが,今回は

User Profile Serviceによるログオンの処理に失敗しました。 ユーザー プロファイルを読み込めません。

という現象に出くわした。

後世のため,小生の対処法をメモ的に残しておく・・・(と言ってもMicrosoftのサポート情報に従っただけだが)


◆   ◆   ◆


1. セーフモードで再起動を行った

パソコンの立ち上げ時,Windowsロゴが表示される前にF8キーを押すことでセーフモードに入ることができる。

セーフモードには複数あるがとりあえずどれでも良い。

セーフモードだと荒い画面になるが,とりあえずログオンができる。


2. ユーザー・アカウント・プロファイルを修正した

ユーザー・アカウント・プロファイルを読み込むことに失敗しているのだから,ユーザー・アカウント・プロファイルを読めるように直せばよいわけである。

"regedit"(レジストリエディター)という知る人ぞ知る,レジストリを編集する恐ろしいプログラムを使用してユーザー・アカウント・プロファイルを読めるように直した。

レジストリエディターの何が恐ろしいかというと,レジストリを変に書き換えるとパソコンが起動しなくなることがあるからだ。慎重に慎重に…。

いい加減なことを書けないので,詳しい手順はMicrosoftのサポート情報

"ユーザー プロファイル サービスによるログオンの処理に失敗しました" エラー メッセージが表示される

の「方法 1: ユーザー アカウント プロファイルを修正する」を読んでいただきたい。


3. パソコン再起動→OK

レジストエディターを閉じた後,パソコンを再起動した。

で,改めて普通にログオン画面が出てきたので,パスワードを入力したところ,無事にログオンできた。


◆   ◆   ◆


ということで,ユーザー・アカウント・プロファイルが無事に読み込めるようになったわけだが,この一連の作業,ネットで情報を拾いながら行ったわけである。つまり,別の予備のパソコンが無いとできない。

なので,パソコンユーザ諸兄におかれては,ノートPCやタブレットPCなど,ネットにつなぐことができる別のパソコンを常備されたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.15

WEB漫画『神兵器アヴァターラ』が面白い

密かに連載が継続しているWEB漫画『神兵器アヴァターラ』(by ダンボール先生)が面白い。

舞台はインド神話的な世界で,人間や魔族(アスラ)たちがアヴァターラという人型の巨大兵器を操って争いを繰り広げている。

アヴァターラの操縦のためにはヨーガの修行を通した精神の修養が必要であり,限られた(選ばれた)人あるいはアスラでなくては操縦ができない。

登場人物の名前はヒンドゥー教の神々や用語に基づいている。主人公の名,シャクラはおそらく,サンスクリットで「輪」を意味し,身体の複数の中枢を表す「チャクラ」にちなんだものだろうと思われる。

主人公シャクラはアマラ国の第三王子であるとともに,アヴァターラの一つ「インドラ」の操縦者である。初めはチャラけた若者に過ぎなかったが,戦いを通じて大切な人々を失い,その結果,深い思索にふけるようになる。この漫画はインド神話世界のコミカライズにとどまらず,主人公の名が象徴するように,精神世界の旅を描いたものとなっている……なんつって。


◆   ◆   ◆


シャクラの幼染,アハリヤーはインド神話と同様に,カウシカ・ガウタマ仙の妻となっている。

インド神話ではアハリヤーはインドラ神と情交を結ぶのだが,この漫画『神兵器アヴァターラ』では,アハリヤーは「インドラ」の操縦者であるシャクラと情交を結ぶ寸前まで行く(第2話~第3話)。

神兵器アヴァターラ』第14話では,アスラと人間の和議のため,アスラの王マハーバリが娘シャチーをシャクラに嫁がせることにするのだが,この政略結婚,インド神話においてアスラ(阿修羅)の娘シャチーがインドラ神の妻となった話に対応している。

つまり,これらの話が示しているように,『神兵器アヴァターラ』の登場人物たちはインド神話に基づく名前を持っているだけでなく,インド神話のエピソードに基づく人間関係や行動も示している。

ということは,今後の『神兵器アヴァターラ』の展開はインド神話のさまざまなエピソードから予測できそうな感じである。


◆   ◆   ◆


本作の絵柄についても触れておこう。

本作の絵柄,とくに登場人物の表情は岩明均のそれを思い出させる。「第13話 選択肢(前編)」のアハリヤーの表情なんかまさにそう。

「岩明均 meets ヒンドゥー神話」などと言ったら言い過ぎか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.10.19

ゲーム本の行方

津野海太郎の『百歳までの読書術』をちら読みして気になったのは,老いて後,蔵書をどうするべきか,という問題である。

百歳までの読書術百歳までの読書術
津野 海太郎

本の雑誌社 2015-07-22
売り上げランキング : 3071

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

未来のことはわからないが,小生も人生半ばを過ぎたところに至ったものと考えられる。蔵書家というほどではないが,壁一面が本でいっぱいになっている。あと何十年生きても,草森紳一(参考)ほどにはならないと思うが,今後も増え続けるだろう本どもをどこに収納したらよいかと思うと,少しぞっとする。

最近はささやかな対処方法として,引き取り手の無いだろう,賞味期限を過ぎた書籍をスキャンして電子化している。いわゆる自炊という奴である。

自炊の対象となっているのは100円均一コーナーで入手した古本の類やゲーム本の類である。

今回はゲーム本のことを書く。


◆   ◆   ◆


小生がサラリーマンになって,金と時間に多少の余裕が出てきた頃,セガサターンでシミュレーション系のゲームをプレーすることに嵌っていた。

大戦略』とか『提督の決断』もヤバかったが,もっとエラかったのが『信長の野望』,それも『天翔記』である。

有名武将はあまり選ばなかった。選んだのは上杉謙信ぐらいか。

信長の野望 天翔記 ハンドブック』や『信長の野望 天翔記 マスターブック』といったゲーム本を頼りに,弱小大名をチョイスしては天下統一に励んでいた。

Tenshokihandbook

サラリーマン時代には土浦近辺に住んでいたので,小田氏治なんぞ選んで,天下統一をしたこともある。

Odaujiharu

『ハンドブック』には全武将のデータが,『マスターブック』には全城郭のデータが掲載されていて,非常に役立った。ちなみに『マスターブック』には「戦国女英雄伝 姫大名の国取り絵巻」というコーナーがあって,「朝倉桜」という架空の姫大名を主人公としたギャグストーリーが掲載されていた。

Tenshokimasterbook

姫武将というのは天翔記のシステムで,家臣が少ないときに当主の娘が武将になれるという仕組みである。姫は父親(当主)の能力を受け継ぐので,目茶目茶有能な武将の娘が姫武将になると,これもまた目茶目茶有能な武将となる。

Urawaza

『電撃ウラワザ王』という本にはセガサターン版天翔記で「本能寺の変」という4つ目の隠しシナリオを登場させる裏技が紹介されていた。

Urawazatenshoki

小生はこの「本能寺の変」シナリオで雑賀衆鈴木氏を選択して,和歌山に攻め寄せる織田軍団を蹴散らし,形勢逆転して楽しんでいた。ちなみに,その際は雑賀孫市の娘たちを姫武将にして,日本一の鉄砲軍団を編成していたものである。


◆   ◆   ◆


というわけで20世紀の終わり,某サラリーマンは『信長の野望 天翔記』に莫大な時間と労力を投じていた。

そのときに支えになったゲーム本の数々はやがて不要となったものの捨てられもせず,今に至っていた。

そして今回,裁断→スキャン処分となった次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧