« 『神々の山嶺』観てきた | トップページ | モンゴル語の"Л (L)"の発音 »

2022.10.29

久々に記事を書く

ここ2か月ほど忙しすぎてブログにアクセスしていなかった。

10月も末になってようやくブログ記事を書く余裕ができた。

猫にとっては気候がちょうど宜しいらしく,家のあちこちで愛猫オリセちゃんが寛いでいらっしゃる。

20221029_103507

真夏に比べて毛量が増え,すこし丸く見えるようになってきた。

20221024_182205

20221024_014627

猫,というよりも伴侶動物の話だが,最近,伴侶動物がもたらす認識や思考の変化について考えている。

汽水空港から発刊されたzine,内澤旬子『こんにちはヤギさん! ヤギが飼いたくなったなら』を皮切りに,ダナ・ハラウェイ『伴侶種宣言』,岩波書店『思想 2022年10月号 マルチスピーシーズ人類学』などを読みふけっている。

この世界には人類しかいないわけではない。

我々人類はいろいろなものを見聞きして,いろいろ考えたりしているが,他の種(アクター)は別の見聞,別の思考を続けており,彼らと完全には理解し合えないにしても,彼らからより多様な知見,知恵を得られる可能性がある。

ようするに我々は色鮮やかな世界を見ているようでいて,実はこれはまだモノトーンの世界かもしれないのだ。

 

 

|

« 『神々の山嶺』観てきた | トップページ | モンゴル語の"Л (L)"の発音 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『神々の山嶺』観てきた | トップページ | モンゴル語の"Л (L)"の発音 »