« 観光列車「〇〇の話」に乗ってきた | トップページ | 『神々の山嶺』観てきた »

2022.08.19

現代日本版トロイア戦争|『イリオス』が面白い

週刊ヤングジャンプで円城寺真己先生の『イリオス』が連載されている。

ホメロスの『イーリアス』や『オデュッセイア』で知られるトロイア戦争を,九州と関東の暴力団同士の抗争に置き換えた作品で,これが面白い。

とりあえず『イーリアス』などと対応する人物名を並べるとこんな感じになる:

  • 朱維屋(あかいや)会 → アカイア勢
    • 崇目(あがめ)ムネオ → アガメムノン
    • 奴狙(めねら)オサム → メネラーオス
    • 小堂(おどう) → オデュッセウス
    • アキレス → アキレウス
    • 鳩口(はとぐち) → パトロクロス
    • 志手栖(しです)テルヨシ → テルシーテース
  • 伊莉雄(いりおす)会 → トロイア勢
    • 亀山パリス → パリス
    • エレネ → ヘレネー
    • 亀山松吉 → プリアモス
    • キャシー → カッサンドラ
    • 粨(へくと)トオル → ヘクトール
    • 徹辺(てしべ)レイア → ペンテシレイア

トロイア戦争と同じ結末になるかどうかはいまのところわからない。物語の展開から目を離せない。

|

« 観光列車「〇〇の話」に乗ってきた | トップページ | 『神々の山嶺』観てきた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観光列車「〇〇の話」に乗ってきた | トップページ | 『神々の山嶺』観てきた »