« ヴィエンチャンで昼ご飯 | トップページ | マクタガート『時間の非実在性』を読む »

2019.06.02

今年もチャオ・アヌ像に詣でる

今年もヴィエンチャン王国最後の王,チャオ・アヌの像にお参りしてきた。

Dsc_1597

前にも書いた(「ラオス史メモ:チャオ・アヌの戦い」)が,チャオ・アヌはシャムの軛から脱し,ラオ人に誇りを取り戻そうと考えた。

だが,その試みは失敗し,1831年,タイの討伐軍によってヴィエンチャンは完全に破壊され,廃墟と化した。ラオ人の多くは連れ去られた。

Dsc_1598

チャオ・アヌの掲げた右手の先には,メコン,そして,今はタイ領となっているラオ人たちの故地,イーサーンが広がっている。

|

« ヴィエンチャンで昼ご飯 | トップページ | マクタガート『時間の非実在性』を読む »

東南アジア」カテゴリの記事

ラオス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィエンチャンで昼ご飯 | トップページ | マクタガート『時間の非実在性』を読む »