« お土産一覧 | トップページ | クリント・イーストウッド『運び屋』を観てきた »

2019.03.20

3つのカレンダー

ネパールでは3つの暦を用いる。

西暦,ヴィクラム暦,ネパール暦の3つだ。

例えば,2019年3月12日発行の英字紙"The Himalayan Times"の日付はこうなっている。

"March 12, 2019 Falgun 28, 2075, Nepal Sambat 1139"

最初の日付は言うまでもなく,西暦の英語表記。そして,つぎの"Falgun 28, 2075"はヴィクラム暦(विक्रम संवत, 略してवि. सं)である。ヴィクラム暦2075年ファルグン月28日という意味である。最後に出てくるのがネパール暦 (नेपाल संबत)である。ここでは年号だけが記されている。

ヴィクラム暦はラナ専制下の1904年4月に公式の暦として導入された太陽暦である。1901年がヴィクラム暦1958年である。この暦の新年バイサーク (बैशाख baisaak)月1日は,だいたい西暦の4月中旬ぐらいにあたる。

ネパール暦は太陰太陽暦で少し複雑。だが,伝統のお祭りはネパール暦に沿って行われる。ネパール暦元年1月1日は西暦879年10月20日だ。伝説ではशंखधर साखाः Sankhadhar Sakhwaという篤志家がネパール人の借金を肩代わりして帳消しにしたことを記念して始まったという。

|

« お土産一覧 | トップページ | クリント・イーストウッド『運び屋』を観てきた »

ネパール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お土産一覧 | トップページ | クリント・イーストウッド『運び屋』を観てきた »