« 海上花列伝|第六十一回から第六十四回のあらすじ | トップページ | 海上花列伝|あらすじ一覧 »

2019.04.01

元号の典拠は和書になるのかなぁ

今日の昼前には新元号が発表されるのだが、従来のように漢籍に典拠を求めるのではなく、和書に典拠を求めるかもしれない。

 

実は香淳皇后の諡号は和書『懐風藻』所収の安倍広庭「春日侍宴」の「花舒桃苑香 草秀蘭筵新」と山前王「侍宴」の「四海既無為 九域正清淳」を典拠とした。これははじめて和書を典拠とした諡号の事例である。

 

ということで今度の元号は『懐風藻』や『凌雲集』、あるいは日本書紀(これは漢文で記述されている)あたりを典拠にするのではなかろうかという漠然たる予感。

 

 

|

« 海上花列伝|第六十一回から第六十四回のあらすじ | トップページ | 海上花列伝|あらすじ一覧 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海上花列伝|第六十一回から第六十四回のあらすじ | トップページ | 海上花列伝|あらすじ一覧 »