« ディクソン『言語の興亡』を読む | トップページ | リチウムイオンバッテリー臥薪嘗胆 »

2018.12.25

印欧祖語の再現

昨日の記事で,印欧祖語を取り上げた。印欧祖語は理論的に仮定される言語であって,そのまま存在しているわけではない。現代に残る言葉や,古文書・碑文を総動員して再現(再建)する必要がある。

その再建作業であるが,高津春繁『比較言語学入門』に一つの例が示されているので,それをアレンジして紹介する。

まず,印欧語族の中でもゲルマン語派と呼ばれる古今の言語で,「父」をあらわす単語を並べてみよう:

  • ゴート語 fadar
  • ルーン文字 fadiR, faᚦur, faᚦir
  • 古アイスランド語 fađer
  • 古英語 fæder
  • 古フリジア語 fader
  • 古サクソニア語 fadar
  • 古高地ドイツ語 fater
  • 英語 father
  • ドイツ語 Vater

ちなみに,ルーン文字の"ᚦ"はアルファベットの"p"ではない。スリサズという文字で音価は英語の"th"の音価に対応する。

また,古アイスランド語のđは"d"にストローク符号を付した文字で,クロアチア語,サーミ語,ベトナム語等で使われる。歯茎入破音という音価を持つ。

これらゲルマン語派諸語の「父」を表す言葉から,分化前のゲルマン語(行ってみたらゲルマン祖語)では「父」を

fađer

と発音していただろうと推定される。

つぎに,ゲルマン語派以外では,「父」という単語はどう表されていただろうか?

こんな感じであった:

  • サンスクリット語 pitar-
  • 古ペルシア語 pitar-
  • 古ギリシア語 πατηρ
  • ラテン語 pater
  • オスク語 patír

この結果と,先ほどの分化前ゲルマン語との比較から,ゲルマン語派では他の語派のpに対してfをもって対応していたことがわかる。

そして,印欧祖語では「父」という単語は

*pəter

と表されていただろうと推定される。ちなみに,"p"の前についているアスタリスク"*"は再建された印欧語の発音を表すときに使われるお約束のマークである。

|

« ディクソン『言語の興亡』を読む | トップページ | リチウムイオンバッテリー臥薪嘗胆 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/67521168

この記事へのトラックバック一覧です: 印欧祖語の再現:

« ディクソン『言語の興亡』を読む | トップページ | リチウムイオンバッテリー臥薪嘗胆 »