« 丸川哲史『竹内好』を読む | トップページ | 周作人とどう付き合うか »

2018.09.15

『菊とギロチン』観てきた

この週末,YCAMで瀬々敬久監督『菊とギロチン』を観てきた。

荒々しく若々しい素晴らしい映画だった。189分もの長編なのに,それを感じさせない。

青春映画だ。以前,映画批評家の山根貞夫氏がYCAM「藤田敏八特集」のトークイベント(参照)で,加藤泰「映画は青春のものである」という言葉を引用していたが,この映画はまさにそれ。

全編に流れるジャンベや甚句(というかイッチャナ節?)が心地よい。

タイトルが登場するタイミングも良い。タイトルは2回登場するのだが,2回目に登場するのが,エンディング間際でなく,物語がクライマックスを迎えた時だというのが驚き。

関東大震災直後,徐々に閉塞感が強まっていく日本が舞台。実在のアナーキスト集団「ギロチン社」と女相撲・玉岩興行一座が出会う,という凄いアイディア。政治集団を描く映画はいくつもあるが,女相撲を描いた映画はおそらく史上初めて。

本作の温度の高さ,暴風雨のような勢いを伝えるには,(本作を観るのが一番だが)パンフレットに寄せられた鈴木邦男のメッセージを読むと良い:

実にタイムリーな映画だ!いや,映画ではないな。
これは大正アナキストが時代を超えて,
現代日本に投げつけてきた爆弾だ。
(鈴木邦男)

女相撲の描き方については,女相撲に縁のある人々からも高評価を得ているようだ。パンフレットでは伝説の女力士・若緑の息子さんが本作を褒めていた。

女力士を演じた女優たちは日大相撲部の指導を受けて訓練を積んだという。たしかに動きが本格的だ。取り組みのシーンでは観ていて身体が動いた。


◆   ◆   ◆


配役も素晴らしい。若いながらも挫折を味わい,冷笑と熱意,諦念と希望とが入り混じった複雑なキャラクターを演ずるのは,演技に定評のある東出昌大韓英恵である。

東出昌大は映画にドラマに引っ張りだこの俳優なので今更説明不要だろう。アナーキスト・中濱鐵を演じている。中濱鐵は,世の中を変える,大杉栄の仇を討つ,という燃えるような意志を持つ一方で,女と酒に溺れる自堕落な生活を続けている。この矛盾した役を破綻させずにうまくこなしている。

韓英恵は,つい先日観た『霊的ボリシェビキ』で主演を務めていた(参照)が,今や飛ぶ鳥を落とす勢いの凄い女優だ。1990年生まれ,静岡の星。本作や『霊的ボリシェビキ』だけでなく,今年は『大和【カリフォルニア】』,『西北西』と立て続けに主役を務めており,休む暇もない程。だが,プロは休んではいけない。引退したらいくらでも休めるとオシムは言っていた。本作では十勝川という四股名の女力士をやっている。十勝川は朝鮮半島出身。浅草で遊女をしていたが,大震災直後の朝鮮人虐殺を逃れて,玉岩興行女相撲に身を寄せている,という設定。興行先では体を売って男から金を巻き上げている。そんな複雑な役,韓英恵じゃないと無理だろう。

一途で不器用な女と男を演じるのは,新人・木竜麻生(きりゅう・まい)寛一郎(かんいちろう)である。

木竜麻生はかつての能年ちゃんを髣髴とさせるような一途な眼差しがいい。本作では花菊という女力士を演じている。花菊はDV夫から逃れて玉岩興行に身を寄せている。女相撲は駆け込み寺の機能も持っているのである。花菊は強くなりたいという一心で稽古を重ね,ついに内無双を体得した。

寛一郎は佐藤浩市の息子である。文学青年のようなか細い印象のアナーキスト・古田大次郎を演じる。ストイックというか奥手っぽいが,次第に花菊に思いを寄せるようになる。一途さが余り余って,最後には感情も行動も爆発する。本当に爆発する。

ということで,男女4人,演技に定評のある2人とフレッシュな2人の組み合わせが,画面に安心感と緊張感をもたらしていてとても良い。

この4人以外の俳優陣も結構豪華で,嶋田久作がいたり,井浦新がいたりする。三治と玉虎の悲恋(?)の話もいい。そういえば,女力士のトップに君臨する大関・玉椿を演じていたのは嘉門洋子だった。かつてのグラドルがいまや貫禄ある女将さんを演じるようになるとは。


◆   ◆   ◆


中濱鐵(東出昌大)は獄中で詩集『黒パン』を刊行する。その中の詩が,本作の後半では引用される。

『黒パン』の「黒」とはアナーキズムの旗印,黒旗だろうと思う。そして,「パン」とはかの有名な,クロポトキン著・幸徳秋水訳『麺麭(パン)の略取』を意味するのだと思うがいかがだろうか?


Kikuguillo01
↑公式パンフレット(定価1000円(税込み))。読み応えたっぷり。

|

« 丸川哲史『竹内好』を読む | トップページ | 周作人とどう付き合うか »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『菊とギロチン』観てきた:

« 丸川哲史『竹内好』を読む | トップページ | 周作人とどう付き合うか »