« 千野隆司『塩の道―-おれは一万石(2)』を読む | トップページ | One of the don'ts in the Southeastern Asia: 傲岸不遜なクールジャパン »

2018.06.06

ラオ文字を学ぶ

ラオスにはかれこれ9年9回にわたって出稼ぎに行っているのだが,あいさつ程度しかラオ語ができない。

ここで一念発起してラオス語(ラオ語)を学ぶことにした。ネパール語も勉強し始めたところだというのに。


まずはラオ文字を覚える。

ラオ文字の子音字は27個ある。ヒンディー語やネパール語で使うデーヴァナーガリー文字の場合,子音字は33個だったから,少しばかりは楽である:

Lao01_2

あと,一筆書きで書けるところが良い。

しかし,似た字があって老生のような初学者はちょっと混乱する。

bとp,rとh,nyとyが似ている。

Lao02_2

あと2文字ずつある,phとfも互いに似ていてちょっと混乱する。fの方がしっぽが少し長いが。

|

« 千野隆司『塩の道―-おれは一万石(2)』を読む | トップページ | One of the don'ts in the Southeastern Asia: 傲岸不遜なクールジャパン »

アカデミック」カテゴリの記事

ラオス」カテゴリの記事

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/66800610

この記事へのトラックバック一覧です: ラオ文字を学ぶ:

« 千野隆司『塩の道―-おれは一万石(2)』を読む | トップページ | One of the don'ts in the Southeastern Asia: 傲岸不遜なクールジャパン »