« 神保町で『道教と東南アジア華人社会』と"History of Nepal"購入 | トップページ | 弥生三十日のキュレーション »

2018.03.29

Wright編"History of Neapl"のこと

神保町に行ったついでに,洋古書専門の北沢書店でDaniel Wright "History of Nepal"を購入したことは既に書いた。

Sdsc_1014

ダニエル・ライト (Daniel Wright)は編者であり,第1部"Introductory Sketch (導入的素描)"を書いている。第2部から"History of Nepal"が始まるが,これはインド総督官邸付ミール・ムンシ(秘書官長)のシュー・シュンカー・シンとネパール人のパンディット・シュリー・グナナンドによって訳された"Vansavali"という史書を訳したものである。

この本は探せばインターネットで全文を読むことができるが,本気で読もうと思えば,手元に一冊あった方がいい。

この本,もともとはケンブリッジ大学出版から1877年に出版されたものである。しかし長らく品切れとなり,研究者たちからは再版が望まれていた。そこで,82年目にして,インド・カルカッタのスシル・グプタ社からリプリントが出た。このリプリントを入手したというわけである。

|

« 神保町で『道教と東南アジア華人社会』と"History of Nepal"購入 | トップページ | 弥生三十日のキュレーション »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/66549413

この記事へのトラックバック一覧です: Wright編"History of Neapl"のこと:

« 神保町で『道教と東南アジア華人社会』と"History of Nepal"購入 | トップページ | 弥生三十日のキュレーション »