« エミール・クストリッツァ『オン・ザ・ミルキー・ロード』を観てきた | トップページ | 『風と光と波の幻想―アミターバ坂口安吾』は鳥居哲男文学の最高峰かもしれない »

2018.01.28

アキ・カウリスマキ『希望のかなた』を観てきた

再び映画の話。

YCAMでアキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』(2017年)を観てきた。

Sothersideofhope

フィンランドに密入国したシリア難民の青年カーリド。彼は生き別れの妹ミリアムを探している。レストランオーナーのヴィクストロムやその従業員たちの善意に支えられ,やがてミリアムとの再会を果たす。

――と書くと,まじめな感じがするが,そこはアキ・カウリスマキ。毒を含んだコメディーとなっている。ヴィクストロムらが適当過ぎる日本食レストラン「インペリアル・スシ」を始めるあたりは会場も笑いに包まれた。

善良というにはほど遠い,どちらかというと小悪党というべき面々が,少しずつの善意でシリア難民兄妹の再会を成功させる,というあたり,老生はアグニェシュカ・ホランド監督『ソハの地下水道』(2011年)を思い出した(参照)。

どうでもいいけど,カーリド役の人,山田孝之似。

善意があれば悪意もある。

この映画には「フィンランド解放軍」(だったと思う)を名乗る民族主義過激派グループが登場し,カーリドを執拗に迫害する。実際,フィンランドでは移民排斥を掲げる自警集団「オーディンの戦士たち」が台頭しているようだ(参照:東洋経済記事)。

映画のエンディングにはアキ・カウリスマキの静かな怒りが込められていると思う。

|

« エミール・クストリッツァ『オン・ザ・ミルキー・ロード』を観てきた | トップページ | 『風と光と波の幻想―アミターバ坂口安吾』は鳥居哲男文学の最高峰かもしれない »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アキ・カウリスマキ『希望のかなた』を観てきた:

« エミール・クストリッツァ『オン・ザ・ミルキー・ロード』を観てきた | トップページ | 『風と光と波の幻想―アミターバ坂口安吾』は鳥居哲男文学の最高峰かもしれない »