« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018.01.28

アキ・カウリスマキ『希望のかなた』を観てきた

再び映画の話。

YCAMでアキ・カウリスマキ監督『希望のかなた』(2017年)を観てきた。

Sothersideofhope

フィンランドに密入国したシリア難民の青年カーリド。彼は生き別れの妹ミリアムを探している。レストランオーナーのヴィクストロムやその従業員たちの善意に支えられ,やがてミリアムとの再会を果たす。

――と書くと,まじめな感じがするが,そこはアキ・カウリスマキ。毒を含んだコメディーとなっている。ヴィクストロムらが適当過ぎる日本食レストラン「インペリアル・スシ」を始めるあたりは会場も笑いに包まれた。

善良というにはほど遠い,どちらかというと小悪党というべき面々が,少しずつの善意でシリア難民兄妹の再会を成功させる,というあたり,老生はアグニェシュカ・ホランド監督『ソハの地下水道』(2011年)を思い出した(参照)。

どうでもいいけど,カーリド役の人,山田孝之似。

善意があれば悪意もある。

この映画には「フィンランド解放軍」(だったと思う)を名乗る民族主義過激派グループが登場し,カーリドを執拗に迫害する。実際,フィンランドでは移民排斥を掲げる自警集団「オーディンの戦士たち」が台頭しているようだ(参照:東洋経済記事)。

映画のエンディングにはアキ・カウリスマキの静かな怒りが込められていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エミール・クストリッツァ『オン・ザ・ミルキー・ロード』を観てきた

YCAMでエミール・クストリッツァ監督『オン・ザ・ミルキー・ロード』(2016年,セルビア・イギリス・アメリカ)を観てきた。

Sonthemilkyroad

この話はマジック・リアリズムで描かれたファンタジーだ。貧しい男と姫君の逃避行という典型的な昔話のパターンの。姫君というにはモニカ・ベルッチはトウが立ち,豊満で妖艶すぎるが。あと,男の方(エミール・クストリッツァ監督自身が演じる)も年齢が高すぎるが。

とはいえ,情熱,狂気,残酷さ,ユーモア,生命力,といったものに満ち溢れた魅力的な映画である。森や山や川や湖の景色は美しく,全編を彩るバルカン風音楽は強烈だ。


◆   ◆   ◆


全体で3つのパートに分かれる映画である。

<前半>

ボスニア内戦を彷彿とさせる激戦の中,前線にミルクを配達する男がいた。名をコスタ(エミール・クストリッツァ)という。肩にハヤブサを載せ,傘を差し,ロバにまたがり,銃弾の飛び交う中,平然と配達を続ける。周囲からは頭のおかしい奴だと見られている。

そんなコスタを好きになっているのが,コスタの配達するミルクを生産している家の娘,ミレナ(スロボダ・ミチャロヴィッチ)である。ミレナにはジャガという兄がいる。凄腕のスナイパーで村の英雄である。ミレナは兄の花嫁探しをしていて,難民キャンプにいたイタリア女(モニカ・ベルッチ)に白羽の矢を立てた。

ミレナの家に迎えられた花嫁(モニカ・ベルッチ)は,ミレナの家に出入りするコスタに魅かれるようになった。コスタはミレナの気持ちを知りながらも花嫁にも魅かれ始める。

そしてある日,停戦が合意され,村に平和が戻ってきた。ミレナの兄,ジャガも帰ってきて,いよいよ結婚式を挙げることになった。これに合わせてミレナもコスタと結構しようとする。ダブル結婚式である。コスタはジャガの花嫁とミレナの間で揺れ動くいていた――。


<後半>

コスタと花嫁(モニカ・ベルッチ)とミレナの三角関係は突如終焉を迎える。

謎の特殊部隊が村に現れ,家々を焼き払い,村人を皆殺しにしてしまったからである。

実は,かつて,花嫁に恋した多国籍軍の英国軍の将軍がいた。花嫁に恋焦がれるあまり,妻を殺してしまい,投獄されたため,今では花嫁を恨んでいる。村を焼き払った特殊部隊は,この将軍が送り込んだもので,「生死にかかわらず,女(モニカ・ベルッチ)を連れて来い」と命じられている。

辛うじて虐殺を逃れたコスタと花嫁は逃避行を始める――。


<後日譚>

逃避行から15年後。

コスタは修道僧となっていた。毎日袋いっぱいの砕石を背負い,野を越え山を越え,どこかに運んでいく。その目的とは??


◆   ◆   ◆


本作はとにかく,動物が良く出てくる映画である。ハヤブサもロバもアヒルもヘビもクマも,俳優陣に負けず劣らず芸達者で表情豊かである。ハヤブサとヘビは,とくに重要な役割を担っているので,目が離せない。


◆   ◆   ◆


イタリアの至宝であるモニカ・ベルッチもさりながら,エレナを演じるスロボダ・ミチャロヴィッチも魅力的な女優である。酒と歌と踊りが好きで,度胸もある女を演じている。年が一回り以上違うが,モニカ・ベルッチと並んでも遜色はない。この二人に愛されるコスタはとんだ幸せ者である。まあ,物語全体は悲劇の方向に流れていくので,不幸とも言えるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.27

『へうげもの』完結にて候

へうげもの』が25巻(25服)で完結した。

長い長い道のりだった。

終わり方が実に良い。慶安3(1650)年,老境に達した上田宗箇岩佐又兵衛が織部の面影を追って旅をする。

実は,慶安3(1650)年は上田宗箇と岩佐又兵衛が没した年である(上田宗箇は慶安3年5月1日(1650年5月30日)没,岩佐又兵衛は慶安3年6月22日(1650年7月20日)没)。両人とも薩摩や琉球に旅などできるわけもない。

――それは,宗箇と又兵衛とが最後に見た,白日夢のたぐいかも知れぬ――

と,折口信夫『死者の書』の末尾を真似してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.26

江坂輝彌『日本の土偶』が講談社学術文庫に入った

江坂輝彌著『日本の土偶』という本が講談社学術文庫に入った。

日本で出土した土偶について,300点以上の図版を駆使して体系的に解説している。
また,土偶はどこから来て、どのように変化したのか,縄文時代の文化・信仰とともに探求している。

もう表紙を見てピンときた。

これは諸星大二郎のイラストだと。そして買わなくてはいけないと。

諸星大二郎の絵はプリミティブな文化を描くのに最適。

思わず,ジャケ買いした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.23

数で埋め尽くされた本:『2017年 最大の素数』(虹色社)

今宵もまた,人の褌で相撲を取る。

ハフィントンポストの記事の引用だが,虹色社という出版社から『2017年 最大の素数』という本が出た。719ページに渡って,2324万9425桁の数字がびっしりと印刷されているわけである:

無茶しやがって…。「史上最大の素数」まさかの書籍化」(ハフィントンポスト,2018年1月21日)

アマゾンで「品切れ」と表示されても,ご安心あれ。オンデマンド出版だから数日でお手元に。

こういう本って,たまに出るわけである。

小生が知っているのは,暗黒通信団の『円周率1000000桁表』とか『素数表150000個』とか。

これらの本については,以前,本ブログでも紹介した(参照「『円周率1000000桁表』を読む・・・いや読まない」)。

数値がびっしり書かれていること自体にエクスタシーを覚える人はいるわけで,そういう人は『2017年 最大の素数』をお買い求めください。そんなに高くないし(税込み1944円)。

そうそう。好評につき紀伊国屋新宿本店4階にて販売開始だそうで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.19

阪大工業会誌TechnoNetをお片付け

入試の採点ミスを今頃になって認めたり,センター試験で試験監督が居眠りしたり,と緩みまくって失笑を買っている大阪大学。

この凋落著しい大学の工学部を遥か昔に卒業したのが老生である。一連の騒ぎは不徳の致すところとお詫び申し上げる次第である。


さて本題に移る。

そこの工学部の同窓会,大阪大学工業会からは年に4回,会誌"TechnoNet"が送られてくるのだが,塵も積もれば山となる,いまや本棚を圧するばかりの量になってきたので,一気にお片付けをすることにした。

Sdsc_0940
↑山と積まれた"TechnoNet"のバックナンバー

たまに面白い記事があるので,そのまま捨てるのは惜しいような気がした(最近のヒットはリタイアした方によるNISA体験記。身銭を切って投資にチャレンジした結果を公表している。工業とは全然関係ない)。

そこで興味ある所だけはスキャンして,あとは束ねて廃品回収に。棚も少しはすっきりした。

昨年の秋にも本を捨ててみたが(参照:「本を捨てる」),この頃は,本や雑誌の整理に凝り始めた次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.18

学会誌時評2018年1月版

もはや半分趣味のようなものだが,研究者っぽいことをしていると,所属している学会から毎月会誌が届くわけである。

他にも何冊かあるが,手元にある3誌を取り上げてみる。いずれも会員数では日本のトップテンに入るような学会の会誌である。

Dsc_0943

まず,会員数34,119,昨年,創立120周年を迎えた一般社団法人・日本機械学会(現会長:大島まり)が発行する「日本機械学会誌」2018年1月号(Vol. 121, No. 1190):

Dsc_0946

ここは昨年から児童画を表紙とする大胆なリニューアルを行っている。今回の表紙は吉川知里さん(9歳)による「心ウキウキゆかいなメロディーメーカー」。

特集記事は「新たな価値創造のために 女性活躍と多様性の推進」ということで「メカジョ」の座談会などが掲載されている。


◆   ◆   ◆


次に名前は地味だが会員数15,407人を誇る公益社団法人・空気調和・衛生工学会(現会長:奥宮正哉)が発行する「空気調和・衛生工学」2018年1月号(Vol.92, No.1):


Dsc_0945

表紙がおとなしすぎる。

学会創立100周年ということで,巻頭に先ほど触れた日本機械学会の大島まり会長や後で触れる日本建築学会の古谷誠章会長といった国内交流団体からの祝辞が載っている。あとは昨年9月に高知で開催された大会の概要報告等が載っている。


◆   ◆   ◆


最後に,会員数35,000名を超える一般社団法人日本建築学会(現会長古谷誠章)が発行する「建築雑誌」2018年1月号(Vol.133, No. 1706):

Dsc_0944

ポップというか奇抜というか,理工系学部・学科の中ではオシャレさんで通っている建築系らしい凝った意匠の表紙。見返し(表紙の裏)には流行をテーマにした漫画が載っている。

今回は「建築と学び」,「デジタル(のよう)に学ぶ」の2大特集。ここの雑誌は常に人々にどう見られているのか,という意識が強く,よく,建築雑誌は現状のままでよいのか,という議論をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枯れた技術の水平思考:Nintendo Switchとダンボール工作の融合

任天堂がNintendo Switchとダンボール工作の融合を考えた。

まさしく「枯れた技術の水平思考」。素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

アレハンドロ・ホドロフスキー監督『エンドレス・ポエトリー』を観てきた

今日は夕方からYCAMでアレハンドロ・ホドロフスキー監督の『エンドレス・ポエトリー』(2016年,フランス,チリ,日本)を観てきた。

Sendlesspoetry

アレハンドロ・ホドロフスキー監督自身の青年時代を描いた映画。舞台は第2次イバニェス政権成立時のチリの首都サンチアゴ。とは言っても虚実ないまぜで描いている。この手法はマジック・リアリズムというのだそうだ。映像はヴィヴィッド,極彩色で,フェリーニ,鈴木清順,大林宜彦らを彷彿とさせる。どぎつい描写が多いが,映画全体的からは生きる喜びが溢れ出している。

ホドフスキー監督自身が老いたアレハンドロとして登場し,若いアレハンドロを監督の末子のアダン・ホドロフスキーが,アレハンドロの父・ハイメを監督の長男のブロンティス・ホドロフスキーが演じている。ホドロフスキー一家総動員だ。

あと,若きアレハンドロの芸術仲間に合体ダンサーという男女二人組が出てくるのだが,その女の方を日本人ダンサーの伊藤郁女が務めている。

Sendlesspoetry2


老いたアレハンドロは若きアレハンドロに語る。老いるのは悪くないと。

人は老いることで,いろいろなことを手放すことができる。セックス,財産,名声,そして自分自身を。

大事なのは,とにかく自分自身を生きることだ。


今年の映画初めはこの一作。一年を生き抜くためのエネルギーを貰いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.10

日本への留学生,29万人超え

日本政府はグローバル化の一環として留学生の増加を狙い,2008年以来,「留学生30万人」の目標を掲げてきたわけである。

昨日たまたま手に取った,NPO「国際留学生協会」が発行する「向學新聞」の2017年11月号のトップに「留学生,過去最高の29万人超 政府目標年内に達成か」という見出し付きの記事が載っていた。日本政府の悲願もいよいよ達成か。ちなみに日本国内の在留外国人数もまた過去最高で,247万人を超えている。

今を去ること約10年前,2008年9月下旬に本ブログで「アメリカには58万人の留学生がいる」という記事を書いた。その時は,米国にはそんなにも多くの留学生がいるのか,と感心したものである。それが,今や日本も負けていないぐらいになったものである……。

と感慨深げになりつつ,米国Institute of International Educationの統計で,現在の米国における留学生数を確認してみたところ,魂消た。

2016/17年度の米国への留学生総数は1,078,822人で,さらに延びていたわけである。

まあ,人口比で考えたら日本も同水準だと言えるわけだが,それにしても米国は凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.09

千野隆司『おれは一万石』を読む

時代小説はあまり買わないのだが,タイトルに痺れて買ってしまったのがこれ,

千野隆司『おれは一万石』(双葉文庫)

である。

前に書いたことがあるが,うちのツマのご先祖は加賀藩主前田利常公に仕えた武士,小幡宮内長次(おばたくないながつぐ)で,禄高は10,950石に達していた(参考:「加賀藩・小幡宮内家の近世」)。なので,「一万石」には過剰に反応する次第である。

さて,内容。

時は天明6(1786)年,老中田沼意次が失脚しそうな不穏な雰囲気の頃。主人公は美濃今尾藩三万石竹腰勝起(たけのこし・かつおき)の次男,正紀(まさのり)17歳である。下総高岡藩井上家への婿入りが決まったのだが,高岡藩は1万石の小藩で,今まさに水害の危機に直面しており,なんか心許ない感じである。高岡藩領内の小浮村を洪水から守るべく,正紀は杭2000本の調達に奔走するのであった――。

尾張徳川家の血を引いているということで,井上家を奉じる藩士たちからの反発を感じたり,領内の農民の苦労を顧みない江戸住まいの藩主一家や家老たちに憤りを感じたり,主人公正紀の心の動きが若武者らしくて良い。

大名の石高については一昨年,「大名の石高はパレートの夢を見るか?」という記事で検討したことがあるのだが,1万石ちょうどの大名は31家もある(寛文印知による)。ちなみに寛文印知によれば,下総高岡藩は11,485.97石だった。


どうでもいい話だが,『おれは一万石』のタイトルでピンと来たのが,堀道広の漫画,『おれは短大出』。これは青林工藝舎の雑誌アックスに連載されているのだが,まだ単行本になっていないのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.08

『西郷どん』には『翔ぶが如く』の残り香が芬々(ふんぷん)

昨晩,NHK大河ドラマ『西郷どん』を観たわけだが,随所に『翔ぶが如く』の残り香が感じられた。

『翔ぶが如く』で西郷隆盛を演じた西田敏行は『西郷どん』ではナレーションを担当。

同じく『翔ぶが如く』で大久保利通を演じた鹿賀丈史は『西郷どん』では島津斉興(しまづなりおき)を演じている。

『西郷どん』には『翔ぶが如く』へのオマージュの要素があるのかもしれないが,同じテーマのドラマで,別の役とは言え同じ俳優たちが関わっているあたり,ひょっとして日本の俳優の層って薄いのではないだろうかと感じざるを得ない。


あと,西郷隆盛の三人目の妻,糸(イト)の件。

『西郷どん』で糸を演じているのは黒木華。ドラマの冒頭,上野で西郷隆盛の銅像の除幕式が催行される。この列席者の中には老いた糸の姿があるのだが,これが,田中裕子そっくり。田中裕子は『翔ぶが如く』で糸を演じたことがあるので,これもオマージュか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松の内にテレビで観た映画やドラマ3本

チラシの裏に書くべきことを,ブログに書いてしまうわけである。


◆   ◆   ◆


(その1)『君の名は。』を観た

1月3日,テレ朝系で新海誠監督『君の名は。』が放送された。老生は録画して後日鑑賞した。

以前のブログ記事で書いたように(参考),老生は去年の3月,YCAMで『秒速5センチメートル』を観た。その時の記憶を踏まえると『君の名は。』は『秒速5センチメートル』の別解のような気がした。あと,この映画は東日本大震災に大きな影響を受けているのだろうと思った。

携帯電話が主人公たちのコミュニケーションツールとして重要な役割を担っているというのは,『ほしのこえ』や『秒速5センチメートル』と同じ。老生がすごくいい演出だと思ったのは,瀧のスマホに残されていた,三葉と瀧の会話の記録が文字化けし,どんどん消え去っていくシーン。

奥寺パイセン(長澤まさみ)の位置づけについてはfinalvent氏がしっかりと考察しているので(参照)一読されたい。


◆   ◆   ◆


(その2)『精霊の守り人』を観た

NHKの大河ファンタジー『精霊の守り人』(主演:綾瀬はるか)を3年に渡ってずっと観ている。視聴率が振るわないようだが,老生としては見ごたえを感じている。

今回の最終章ではタルシュ帝国が海を越えて新ヨゴ国に攻め寄せてきている。その戦争シーンが「203高地」的というか,「プライベートライアン」的というか悲惨極まりなくて素晴らしい。訓練も受けず寄せ集められただけの新ヨゴ国の農民たちが,粗末な武器を手にタルシュ帝国の重装歩兵に立ち向かわされ,一方的に虐殺されていく。『シン・ゴジラ』で監督・特技監督を務めた樋口真嗣監督による演出である。さすが。


◆   ◆   ◆


(その3)『西郷どん』を観た

維新150年ということで始まった大河ドラマ『西郷どん』。鈴木亮平は作品ごとに体を仕上げてくるのが凄い。日本のロバート・デ・ニーロだ。

お由羅の方(小柳ルミ子)と斉彬公(渡辺謙)は江戸生まれなので,他の登場人物たちと違って江戸言葉を話している。細かい演出。神は細部に宿る。

オープニング曲に関して: 始まりが高校野球のブラスバンドによる応援曲を彷彿とさせるが,後半に女性の声が入ると,『龍馬伝』がフラッシュバックしてくる。幕末ということで意識したか?

いまのところ,西郷どんは心の美しい人として描かれるような感じ。だが,竜馬暗殺の首謀者説もあるなど,実際の西郷隆盛は結構な謀略家であるとも考えられ,そういった暗黒面との調和はどうすんだろうというのが気になるところである。

あと,「維新150年」はあくまで新政府側の表現で,会津はじめとする佐幕派の皆さんにとっては「戊辰戦争150年」であることに留意されたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.07

善通寺のカタパン

昨年,うちの両親が四国八十八箇所を巡り,無事に結願(けちがん)したそうである。

年末年始に実家に帰ったところ,そのときのお土産として「善通寺のカタパン」をくれた。

Sdsc_0936

善通寺のカタパンは熊岡菓子店のものが元祖だそうだが,お土産でもらったのは川向製菓のもの。

全体に砂糖がまぶしてある。素朴でおいしいのだが,下の写真の石ころみたいなカタパンなんか歯が折れかねないほどの硬度を誇っている。口の中に入れたら飴のように舐めて,柔らかくなるのを待つしかない。

Sdsc_0937

もともとは兵隊食として開発されたらしい。お遍路さんの携行食かと思っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せり,なずな,…

せり,なずな,ごぎょう,はこべら,ほとけのざ,すずな,すずしろ,これぞ七草。

というわけで,今日は七草粥の日である。もともとは「七種」と書いたらしい。
うちのツマがスーパーで,宇部西高校産の春の七草セットを買ってきた。

Sdsc_0940

正月食べ過ぎた人が胃を休めるように,という意味を持つ。ありがたい古人の知恵である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »