« 千野隆司『おれは一万石』を読む | トップページ | アレハンドロ・ホドロフスキー監督『エンドレス・ポエトリー』を観てきた »

2018.01.10

日本への留学生,29万人超え

日本政府はグローバル化の一環として留学生の増加を狙い,2008年以来,「留学生30万人」の目標を掲げてきたわけである。

昨日たまたま手に取った,NPO「国際留学生協会」が発行する「向學新聞」の2017年11月号のトップに「留学生,過去最高の29万人超 政府目標年内に達成か」という見出し付きの記事が載っていた。日本政府の悲願もいよいよ達成か。ちなみに日本国内の在留外国人数もまた過去最高で,247万人を超えている。

今を去ること約10年前,2008年9月下旬に本ブログで「アメリカには58万人の留学生がいる」という記事を書いた。その時は,米国にはそんなにも多くの留学生がいるのか,と感心したものである。それが,今や日本も負けていないぐらいになったものである……。

と感慨深げになりつつ,米国Institute of International Educationの統計で,現在の米国における留学生数を確認してみたところ,魂消た。

2016/17年度の米国への留学生総数は1,078,822人で,さらに延びていたわけである。

まあ,人口比で考えたら日本も同水準だと言えるわけだが,それにしても米国は凄い。

|

« 千野隆司『おれは一万石』を読む | トップページ | アレハンドロ・ホドロフスキー監督『エンドレス・ポエトリー』を観てきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/66260962

この記事へのトラックバック一覧です: 日本への留学生,29万人超え:

« 千野隆司『おれは一万石』を読む | トップページ | アレハンドロ・ホドロフスキー監督『エンドレス・ポエトリー』を観てきた »