« 【YCAMでタルコフスキーマラソン】『鏡』と『ストーカー』を観てきた | トップページ | Web歴史漫画『カンニング・スタンツ』ついに完結 »

2017.11.26

【YCAMでタルコフスキーマラソン】『ノスタルジア』と『惑星ソラリス』を観てきた

YCAMで「タルコフスキー特集2017」というのをやっている,というのは昨日の記事で書いた。

Tarkovski01

今日はタルコフスキーマラソンの続きで,ツマとともに,『ノスタルジア』(1983年,126分)と『惑星ソラリス』(1972年,160分)を2本続けて観てきた。

『ノスタルジア』(1983年,126分)。これもまた水分の多い映画で,イタリアが舞台だから少しはカラッとしているかと思ったら,ドメニコの家の中の雨漏りやら温泉地での湯けむりやら,水気から逃れることはできなかった。ドメニコの焼身自殺と,アンドレイの命を張った温泉横断との連動が見事。祈りが世界を救うというのは『サクリファイス』と同じモチーフ。


『惑星ソラリス』(1972年,160分)。スタニスワフ・レムの原作だと,「生きている<海>と人類との奇妙な交渉を通して,人間の認識の限界に挑む」のがテーマなのだが,タルコフスキーは,愛,良心,郷愁について深く考察させる作品に仕上げた。原作と全然違うものになってしまったため,レムとタルコフスキーの間に亀裂が走ってしまったというのは有名な話。あと,首都高が未来都市として登場するのも有名。

◆   ◆   ◆


というわけで2日続けてのタルコフスキーマラソン。タルコフスキーの長編は7つだけなので,そのうち4本をまとめて観るという,滅多にない機会を与えてくれたYCAMに感謝。

|

« 【YCAMでタルコフスキーマラソン】『鏡』と『ストーカー』を観てきた | トップページ | Web歴史漫画『カンニング・スタンツ』ついに完結 »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【YCAMでタルコフスキーマラソン】『ノスタルジア』と『惑星ソラリス』を観てきた:

« 【YCAMでタルコフスキーマラソン】『鏡』と『ストーカー』を観てきた | トップページ | Web歴史漫画『カンニング・スタンツ』ついに完結 »