« バンコクにおります | トップページ | 「暁の寺」ワット・アルンに行った »

2017.11.19

ジム・トンプソン・ハウスに行った

シルク王ジム・トンプソンの邸宅を訪れようという気が起こったのは,「失踪」の二字によるものだった。

Sdsc_0832

ジム・トンプソン・ハウスはバンコクの公共交通機関で行きやすいところにある。

まず,「スカイトレイン」ことBTSで,アソークからサイアム経由でナショナル・スタジアムに向かう。

Sdsc_0811

ナショナル・スタジアムに到着すると,観光客がぞろぞろとジム・トンプソン・ハウスに向かうので,それを追っていく。すると,すぐに到着する。

Sdsc_0812

Sdsc_0813
↑美しいタイシルク。

Sdsc_0815
↑ジム・トンプソンが設計し,作り上げた邸宅。中は撮影禁止。

Sdsc_0819
↑ジム・トンプソンが集めた中国の陶器。火鉢のようなもの。これは家の外にあるので撮影OK。

Sdsc_0825
↑これも撮影OK。ここに置かれているのはイミテーションかもしれないが,7~8世紀ドヴァラヴァティ派の仏像。

Sdsc_0827
↑ジム・トンプソンは屋敷の設計に取り掛かっていた頃,庭園のことを「ジャングル」と呼んでいた。都会にありながら,ジャングルを思わせる邸宅。それがジム・トンプソンの理想だったのだろう。


◆   ◆   ◆


1906年3月,米デラウエア州に生まれたジム・トンプソンは第二次世界大戦終了直前,対日作戦のため,OSSの諜報員としてインドシナ半島に派遣された。任地のタイに魅了されたジムは永住を決意。衰退していたタイのシルク産業を復興し,巨万の富を得た。

1967年3月,休暇で訪れていたマレーシアのキャメロン・ハイランドで失踪。大規模な捜索にもかかわらず,その後の足取りは杳としてつかめないままである。

彼が残した邸宅は今や私設美術館として開放され,バンコク有数の観光スポットとなっている。


◆   ◆   ◆


マレーシアのジャングルに消えたシルク王ジム・トンプソン。この事件は松本清張にも影響を与え,推理小説『熱い絹』を執筆させるきっかけとなった。

|

« バンコクにおります | トップページ | 「暁の寺」ワット・アルンに行った »

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/66062983

この記事へのトラックバック一覧です: ジム・トンプソン・ハウスに行った:

« バンコクにおります | トップページ | 「暁の寺」ワット・アルンに行った »