« 今,話題の小学8年生 | トップページ | 桃木至朗『歴史世界としての東南アジア』を読む »

2017.10.14

甑島のラグーン

先日,仕事で鹿児島の離島,甑島(こしきしま)に行ってきた。


Sdsc_0638

いちき串木野からフェリーで出発。

Sdsc_0649

途中,甲板で波しぶきを浴びながら

Sdsc_0652

上甑島(かみこしきしま)の里(さと)港に到着。

Sdsc_0658

Sdsc_0663

何の仕事で行ったのか,ということについては別記事で書くことにして,今回はこの島の名物と絶景を紹介しておく。

島に到着した後,里港そばの「現在地」というレストランで昼ご飯を食べた。

Sdsc_0667

海鮮丼を頼んだのだが,なかなか豪華なのに880円(税抜き)でとてもお得。

Sdsc_0666

大事なのは,この島の名物「きびなご」の刺身が入っていること。

青魚は足が速いので,現地でないと刺身を食べることができない。


◆   ◆   ◆


昼食後,現地の方の案内でいろいろと施設見学をしたのち,この島の絶景「長目の浜」を見させてもらった。

Sdsc_0694

これが,上甑島の誇るラグーンの一つ,海鼠池である。左手が東シナ海であり,海鼠池は東シナ海とは丸い小石で形成された長さ約2kmの砂州によって仕切られている。

薩摩藩の時代に海鼠がこの池に放されたという。現在でも良質な海鼠が採れるのだそうだ。


◆   ◆   ◆


甑島からの帰路,佐藤洋一郎『稲と米の民族誌』(NHKブックス)を読んでいたら,偶然にもラグーンの形成についての記述があったので引用しておく。

「山に降った雨が海に向かって流れ出すいっぽう,海岸には海からの潮の影響を受けて砂丘が発達する。山からの水は行き場を失って砂丘の内側にたまって,海岸線に沿った細長い湖が出来上がる。これがラグーンである。」(『稲と米の民族誌』140~141頁)


|

« 今,話題の小学8年生 | トップページ | 桃木至朗『歴史世界としての東南アジア』を読む »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/65916172

この記事へのトラックバック一覧です: 甑島のラグーン:

« 今,話題の小学8年生 | トップページ | 桃木至朗『歴史世界としての東南アジア』を読む »