« 橋本一子:HIGH EXCENTRIQUE PIANO MUSICとD.M. | トップページ | インゲボルク・バッハマン『三十歳』を読む »

2017.07.25

橋本一子:Je m'aimeからUNDER WATERまで

1990年。

日本の全盛期。バブルはまだ弾けていない。イカ天ブーム。たま『さよなら人類』。

我らが橋本一子は,というと,この年の4月にベスト盤ともいうべき"Je m'aime"をリリースした。


Je m'aime


"ジュ・メーム"は丸井「赤いカード」CMソングとなった表題曲"ジュ・メーム"を含む新旧11曲で構成されたベスト盤。だから,"BEAUTY"収録曲の"ナジャ・ナジャ"や"きつね"のように懐かしい曲も入っている。締めはやはり"チューズデー・モーニング"。

1ko90jemaime

  1. ジュ・メーム
  2. ナジャ・ナジャ
  3. ハートはダイアモンド
  4. No No ボーイフレンド
  5. 夢の羽根
  6. イザベルの未来
  7. スイート・スイート・ダイヤモンド
  8. SEED
  9. 夢見る動物達
  10. きつね
  11. 羽根の気持ち
  12. チューズデー・モーニング

「エキセントリック」と「乙女心」が橋本一子の2大モチーフだとすれば,このアルバムのモチーフはブックレットの写真からも窺えるように,「乙女心」である。

"BEAUTY"以来,橋本一子はポリドールからアルバムをリリースしてきたが,このベスト盤がポリドールからの最後の作品となった。


ロマンティックな雨


92年,MMG(後のイーストウエスト・ジャパン)からアルバム"ロマンティックな雨"がリリースされた。

1ko92romanticrain

前述の"ジュ・メーム"は丸井「赤いカード」のCMソングだったが,このアルバムに収録されている"はるかな想い"は日産ブルーバードのCMに使われた。

90年代前半は橋本一子の感性が宣伝広告業界の空気とマッチし,この分野での才能を開花させた時期だと言えよう。この後,橋本一子は東京電力,花王,住友林業,アイフル,カネボウ化粧品,と次々にCMの仕事を手掛けるようになる。

  1. ロマンティックな雨
  2. 愛する
  3. はるかな想い
  4. もっとはやく
  5. Season
  6. 自分を抱きしめるように
  7. モ・ノ・ガ・タ・リ
  8. 4月の神秘
  9. ほんとの生命
  10. すこしときどき
  11. 生まれつづけるために
  12. 練習しましょ

アルバム全体を包むのは大雑把に言って「乙女心」だと思うが,むしろ母性に近い優しさを感じる。


UNDER WATER


"UNDER WATER 水の中のボッサ・ノーヴァ"は,初めアイオロスからリリースされた(1994年)。


↑アイオロス版(1994年)

だが,当時はまだインターネットは普及途中で,老生はいかなるリリース情報も掴んでいなかった。首を長くして待っているうちに月日は流れ,1998年になって,徳間ジャパンから出た盤を入手した。だから今,手元にあるのは徳間ジャパンのCDである。

1ko98underwater
↑徳間ジャパン版(1998年)

  1. あなたの…
  2. Triste
  3. オーロラ
  4. Happy Birthday
  5. 銀色の風に乗って
  6. Under Water
  7. 3月の水
  8. 楽しい気持ちで
  9. I Think So
  10. Papa et la
  11. こもりうた

ボサノヴァへの興味は橋本一子の"Mood Music"によって引き起こされた。"UNDER WATER"を手にする頃には,むしろ,小野リサを聴くようになっていた。橋本一子のニューアルバムを待ち望む間に,老生の音楽経験は他のジャンル,他のアーティストへと広がっていたのであった。


◆   ◆   ◆


"UNDER WATER"を最後として,その後,橋本一子のアルバムは入手していない。もちろん,橋本一子の活躍は続いている。先に述べたようなCMの仕事,映画『白痴』のサントラ,アニメーション『ラーゼフォン』への参画,"Ub-X", "duo"等々,アルバムのリリース……。

先ごろ,YoutubeでYMOの映像資料(夜のヒットスタジオ,1980年6月2日)を見たのをきっかけとして,懐古の念に駆られたわけだが,それだけで終わるのはどうかと……。今の橋本一子を追ってみようかと老生は思っている次第。


↑件の映像資料。

|

« 橋本一子:HIGH EXCENTRIQUE PIANO MUSICとD.M. | トップページ | インゲボルク・バッハマン『三十歳』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/65576911

この記事へのトラックバック一覧です: 橋本一子:Je m'aimeからUNDER WATERまで:

« 橋本一子:HIGH EXCENTRIQUE PIANO MUSICとD.M. | トップページ | インゲボルク・バッハマン『三十歳』を読む »