« 科研費のルールが変更になった件 | トップページ | ウンベルト・エーコ『バウドリーノ』読み始め »

2017.06.20

【雁木】「スパークリング雁木」を飲む

獺祭はメジャーになり過ぎたので,他の地酒を飲みたいと思うわけである。

以前紹介した村重酒造の「金冠黒松」は値段と味のバランスから言うと,獺祭よりもコストパフォーマンスが良いと思う。「2011年春季・全国酒類コンクール・純米酒部門第1位」だし。その辺の話はだいぶ前に「坂口謹一郎『日本の酒』を読みながら」という記事の中でダラダラと書いた。

今回紹介するのは岩国の八百新酒造の「雁木」,それも珍しい「スパークリング雁木」である。純米発泡にごり酒。

昨日,ちょっとしたお祝い事があったので,飲んでみた。

すっきりした甘口で(ほんとに甘い。和製シャンパンだ),お嬢様・奥様方にも喜ばれること請け合い。アルコール度数は14度。

Sdsc_0849

720ml,1700円。広島駅のお土産コーナーで買った。

シャンパン以上の発泡性があるので,開栓時には細心の注意が必要だ。キンキンに冷やしたうえでほんのわずかずつ開栓しないといけない。泡が吹き出しそうになったら閉める。そしてまた微妙に蓋を回して開ける――という作業を数分間繰り返してからようやく飲める。

Sdsc_0890

忍耐力が必要だが,飲んでみると労力に見合った味わいが楽しめる。飲み過ぎて二日酔いにならないように。

|

« 科研費のルールが変更になった件 | トップページ | ウンベルト・エーコ『バウドリーノ』読み始め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/65437189

この記事へのトラックバック一覧です: 【雁木】「スパークリング雁木」を飲む:

« 科研費のルールが変更になった件 | トップページ | ウンベルト・エーコ『バウドリーノ』読み始め »