« 井出穣治『フィリピン -急成長する若き「大国」』 | トップページ | Rで雨温図(Hythergraph)を書く(その2) »

2017.04.24

Rで雨温図(Hythergraph)を書く(その1)

久々に統計解析フリーソフトRの話をする。

雨温図 (Hythergraph)というのは,ある地域の降水量と気温をあらわすグラフのことである。月別の気温を折れ線グラフで,雨量を棒グラフで表し,両者を重ねて表現する。

これをRで書こうとすると,ちょっと手間取る。

折れ線グラフだけ,または棒グラフだけならplot()とかbarplot()といった関数を使ってあっという間に描けるのだが,両者を重ねるのは意外と難しい。

"Symfowareについての考察blog"や定番"統計解析フリーソフト R の備忘録頁"を参考にしながらスクリプトを書いてみたので紹介する。

最近ASEAN諸国の研究をしているので,ASEAN加盟国の一つ,ブルネイの首都,バンダルスリブガワンの雨温図を書いてみる。

雨温図に必要なデータは世界気象機関(WMO)のデータベースから入手:

"World Weather Information Service - Bandar Seri Begawan"

肝心のスクリプトは次の通りである:

こんな図ができるはず。

Hythergraphbrunei


スクリプトを読むとおわかりだと思うが,棒グラフと折れ線グラフのx座標がずれないようにするために,barxというベクトルを作って,棒グラフの各バー(棒)の中心の位置を記録し,折れ線グラフのx座標として利用している。

このあたりの知恵は"Symfowareについての考察blog"を参照。

今回は雨量,最高気温,最低気温のデータを全部ベタ打ちで入力したが,次回(その2)では,csvデータを取り込んでグラフを書く,というやや進化したものをお見せする予定。

|

« 井出穣治『フィリピン -急成長する若き「大国」』 | トップページ | Rで雨温図(Hythergraph)を書く(その2) »

R」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/65191796

この記事へのトラックバック一覧です: Rで雨温図(Hythergraph)を書く(その1):

« 井出穣治『フィリピン -急成長する若き「大国」』 | トップページ | Rで雨温図(Hythergraph)を書く(その2) »