« 映画『沈黙 サイレンス』を見てきた | トップページ | 義経の頓智 »

2017.02.06

『ゴーメンガースト』なんぞを読んでいる

六百数十ページもある『タイタス・グローン』を読み終えたところだが,その勢いで第2部『ゴーメンガースト』に手を出したところである。これも同じぐらいの分量。

『タイタス・グローン』は,タイタスが誕生した日に話が始まり,タイタスが2歳になるかならないかのある日,第77代グローン伯爵を襲名したところで話が終わる。六百数十ページも費やしてこの時間の経過の遅さ。

『タイタス・グローン』においてはタイタスが形式上の主人公であり,ダークヒーローであるスティアパイクがゴーメンガースト城において成り上がっていく様子が物語の主軸となっている。もちろん,ガートルード妃やフューシャやプルーンスクワラー医師やフレイやケダなど,城の内外の人々についても細かい描写があり,立体感のある群像劇となっている。

その続編である『ゴーメンガースト』ではタイタスは7歳に達しており,ようやく主人公らしきポジションに就く。さてこれからスティアパイクとどう対峙していくのか?

|

« 映画『沈黙 サイレンス』を見てきた | トップページ | 義経の頓智 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/64858341

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゴーメンガースト』なんぞを読んでいる:

« 映画『沈黙 サイレンス』を見てきた | トップページ | 義経の頓智 »