« 『野良猫ロック ワイルドジャンボ』と『ツィゴイネルワイゼン』を見てきた | トップページ | 1月1日と2日の富士山 »

2017.01.16

『英語歳時記』霧の項,そしてカール・サンドバーグ

中学か高校の時,図書室で『英語歳時記』という本をパラパラとめくって読んでいた。

その本の中で,霧(fog)について書かれた一節がとても味わい深かったという印象がある。

そして幾星霜。 今頃になってAmazonで購入してみたわけである。

30数年ぶりに,霧の項を読み直してみるとこんな感じだった:

fogはmistよりも濃度の高いものをいう。イギリスはfogの多い国で,とくに11月から冬にかけては多く,ときに低く垂れこめた濃霧が1,2週間も消えないことがあり,人々の気持ちを陰うつにする…(中略)…文学でそれを描いた最も目覚ましい例は,…(中略)…Charles DickensのBleak Houseの冒頭の部分である。John GlasworthyのThe forsyte SagaでBosinney青年が自動車にひかれて死ぬのも,煤煙が混じてできる11月の霧深い夜である…(『英語歳時記』968頁)

こういう解説文のあとで,T. S. EliotやC. Sandburg(カール・サンドバーグ)の詩が引用されるのだが,どちらもfogをネコに例えている。

小生としてはサンドバーグのこの短い詩がとても良いと思った。

THE fog comes
on little cat feet.

It sits looking
over harbor and city
on silent haunches
and then moves on.

C. Sandburg: "The fog"

霧はやってくる,子猫のような足取りで。

|

« 『野良猫ロック ワイルドジャンボ』と『ツィゴイネルワイゼン』を見てきた | トップページ | 1月1日と2日の富士山 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/64770683

この記事へのトラックバック一覧です: 『英語歳時記』霧の項,そしてカール・サンドバーグ:

« 『野良猫ロック ワイルドジャンボ』と『ツィゴイネルワイゼン』を見てきた | トップページ | 1月1日と2日の富士山 »