« トランプの年 | トップページ | 『野良猫ロック ワイルドジャンボ』と『ツィゴイネルワイゼン』を見てきた »

2017.01.05

お節介な顔認識テクノロジーに対抗する

さて,本日も英語の勉強ということで,the guardian紙のサイトを見ていたわけだが,面白そうな記事を見つけた:

"Anti-surveillance clothing aims to hide wearers from facial recognition" (by Alex Hern, the guardian, Wednesday 4 January 2017)

ベルリンを拠点として活動しているアーティスト兼技術屋のアダム・ハーヴィー(Adam Harvey)が,顔認識(顔認証)技術に抵抗する衣服を開発している,というニュースである。

このアダム・ハーヴィー,以前,「顔認識を拒否する化粧法」を開発して発表していた。その化粧法は,Wired誌でも取り上げられていた(参考)が,"CV Dazzle"というネーミングだった。

今回,ハーヴィーが提案しているのは,顔と誤認識させるテキスタイル・パターン(布地の柄)である。ガーディアン紙に写真が掲載されているので,そちらを見ていただきたいが,コンピュータがそのテキスタイル・パターンを見ると何百・何千という顔を認識してしまい,来ている人の顔を認識できなくなるというわけである。いわば,顔の飽和攻撃。

ハーヴィーがこのような対抗技術を開発している動機は,もちろんプライバシーの擁護,ということであるが,さらに言えば,人間の外観から人間の価値を決定しようとする誤った考え方への批判という意味もある。

ガーディアンの記事によれば,顔認識システムは,マーケティングから犯罪抑止まで応用されつつあるという。上海交通大学の研究者は,口や鼻の位置関係から犯罪性を見破ることができるとまで言っているという。

こういったお節介な顔認識テクノロジーはフランシス・ゴルトンらの優生学を思い起こさせる,とハーヴィーは言う。犯罪者は犯罪を実行する人々のことであって,犯罪者に見える人々のことではない,ということが忘れ去られているわけだ。


◆   ◆   ◆


ここで小生が思い出したのが,2013年9月にガーディアン紙でスラヴォイ・ジジェクが語っていたことである(参考)。本記事に関連する部分を再録してみる:

現在,大量の個人情報が国家によって収集されているが,それは膨大過ぎて情報機関のコンピュータをフル活用しても処理しきれないほどである。すると場合によってはコンピュータ・プログラムのバグによって,普通の市民がテロリストと誤認される可能性もある。なぜテロリスト判断されたのか,理由もわからずに。
"Without knowing why, without doing anything illegal, we can all be listed as potential terrorists." (Slavoj Zizek)

顔認識システムが誤った進化を遂げると,我々は何かの拍子に,犯罪者としてリストアップされ,ネット上で曝され,クレジットカードの使用を停止され,生存すらできなくなる可能性があるというわけである。

我々には認識されない自由というのも必要だろう。

|

« トランプの年 | トップページ | 『野良猫ロック ワイルドジャンボ』と『ツィゴイネルワイゼン』を見てきた »

アカデミック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

天網恢恢ですか。
先日見かけた話題ですが、ユーザーのアップした五百羅漢かなにかの画像にFacebookの顔認証システムがガシガシ反応したなんて言うのがありました…

投稿: 拾伍谷 | 2017.01.05 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/64721526

この記事へのトラックバック一覧です: お節介な顔認識テクノロジーに対抗する:

« トランプの年 | トップページ | 『野良猫ロック ワイルドジャンボ』と『ツィゴイネルワイゼン』を見てきた »