« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016.12.26

濱田耕作『通論考古学』を読む

日本考古学の父,濱田耕作が1922年に出版した考古学の概論書,『通論考古学』。

それが,今月,岩波文庫に入った。

通論考古学 (岩波文庫)通論考古学 (岩波文庫)
濱田 耕作

岩波書店 2016-12-17
売り上げランキング : 10216

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

濱田耕作は本書において考古学を次のように定義している。

「考古学は過去人類の物質的遺物により人類の過去を研究するの学なり」(25頁)

この定義は今でもよく引用されている,極めて明確な定義である。

このように定義をした後,考古学のドメイン(学問の範囲)や研究対象に始まり,発掘調査の方法,資料の研究方法,報告書の作成と刊行,遺物・遺跡の修理,遺物の複製,展示方法に至るまで,幅広く解説している。

今からおよそ100年前の概論書で,文体は文語調だが,内容は全く古くない。当時の考古学ではすでに,地質学や化学の知識が活用されており,現在のものとほぼ同じような科学的研究方法を確立していた。現在と違うのは,放射性炭素年代測定法や地中レーダー探査といった物理的手法が無かったことぐらいだと思う。


◆   ◆   ◆


この本で最も熱がこもっているのは,調査・研究・出版に係る項目である。

例えば,「44 発掘者」の項:

「考古学的発掘において最も肝要なる要素は,発掘者(excavator)自身の人物なり。その学術的良心に富み,単に珍奇なる物品を獲る念に駆らるることなく,考古学に関する各種の知識,経験を有すべきは言をまたず。また,事業の組織,経営の才にも長ずることを要する。」(127頁)
「発掘は一種の土木的工事なれば,発掘の指揮者は一面学者たると同時に,他面技師たるの資格を期待せらる。かくのごとく発掘者は学者技師たると共に,事業家たるの性質を具備せざるべからず。」(127頁)

考古学では学者然としていてはダメだということが述べられている。考古学者は技術者であり,事業家なのであると。このあたり,以前「当然のことながら研究室運営は研究以外の能力が必要」という記事で紹介した研究室運営の手引き『アット・ザ・ヘルム』を思い出させる。

考古学の醍醐味は発掘調査にあると思われるのだが,発掘しっぱなしではイカン,という戒めが「83 出版の義務」の項で述べられている:

「発掘ありて記録なく,記録ありてこれが刊行を怠るは,畢竟公的資料を破壊し,これを私蔵するものというべく,過去の人類に対して,その空間的存在として残された生命を絶つの罪悪を行うものというべし」(217頁)
「もし発掘の報告を出版せざるくらいならば,これをなし得べき時期まで,遺物の最好保存者たる土砂中に放置して発掘せざるにしかず」(217頁)
「ゆえに発掘の報告出版は,発掘事業の一部分にして,決して分離すべきにあらず」(217頁)

報告書の出版があって初めて発掘調査は完結するのである。

出版に際しても,何となく執筆して出版すればよいわけでなく,ベストを尽くすよう,図版,本文,体裁について事細かに指導をしているのがまた本書の良いところである。

こういう執筆・出版についてのノウハウは,研究室内のOJTで学ぶのが普通だが,本書では惜しみなく,やり方・考え方を披露している。理系分野では最近になって,研究方法・論文執筆方法のノウハウ本が充実してきたが,考古学の世界ではすでに100年前に,一流の研究者によってこういう本が書かれていたのである。


◆   ◆   ◆


濱田耕作は号を青陵という。Wikipediaの記事には記述がみられないが,岩波文庫版の春成秀爾先生の解説記事によれば,「青陵」は陵墓巡りに熱心だった少年時代からの雅号だそうだ。

考古学少年はやがて,京都帝国大学の講師となった。そして同大学のボスたちの指示により,先端の考古学を学ぶべくヨーロッパに派遣された。エジプト考古学の大家,ロンドン大学のピートリー教授らに師事し,当時の世界水準の研究手法を体得した後,帰国。その後,京都帝国大学文学部考古学講座の教授として精力的に発掘調査を行い,日本の考古学会を牽引した。

濱田耕作41歳,考古学者としての脂が乗っている時期に書かれたのが本書である。本書は考古学の教科書として広く受け入れられ,また,日本の考古学の水準を高めることに貢献した。濱田は考古学上の研究業績を積み重ねるとともに,優秀な考古学者を次々と育て上げ,1937年6月には京都帝大総長に就任した。


◆   ◆   ◆


本書は出版当時,京都帝大医学部教授で考古学の研究者でもあった清野謙次に激賞された。清野は濱田の親友とでもいうべき人物だった。しかし,清野が1938年に引き起こした事件によって濱田は総長の座を辞することとなった。濱田は当時,重い病気にかかっており,辞職直前に死去した。本書の理解者が,後に本書の著者を苦しめることとなったのは皮肉というべきか悲劇というべきか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.24

YCAMで『修羅雪姫』(藤田敏八監督・梶芽衣子主演)を見てきた件

今月・来月と,ふた月に渡ってYCAM(山口情報芸術センター)で藤田敏八監督の映画特集をやっているわけである。

数ある監督作・出演作のうち,1960年代から1990年代の15本を一挙上映という空前絶後の企画。題して

「藤田敏八と時代の色気」

Fujitatoshiya
YCAMチラシより


この金曜日(23日),ツマとともにYCAMに出かけて観に行ったのが,『修羅雪姫』である。

正直なところ,藤田敏八監督の作品だからという理由ではなく,クエンティン・タランティーノから熱烈なオマージュを受けた作品だからという理由で観に行ったわけである。

Ladysnowblood
「YCAMシネマ」 vol.97より

血しぶきが多すぎる。荒唐無稽。とはいえ,主演の梶芽衣子が,実に美しく,格好良く,そして強い。

梶芽衣子演じる鹿島雪は獄中で雪の日に生まれた。母に代わって復讐を遂げるため,修羅の道を歩まなければならない。だから修羅雪姫。

オープニングの浅両組組長暗殺シーンといい,エンディングの鹿鳴館外で仆れるシーンといい,映画の初めと終わりを雪を血で染め上げる演出はやり過ぎ感がありつつも素晴らしい様式美である。


◆   ◆   ◆


映画の後は,トークイベントとして,映画批評家の山根貞男氏による藤田敏八作品の解説があった。

山根貞男氏はYCAMの企画名「藤田敏八と時代の色気」をえらく褒めていた。

「時代の色気」とは何か?

山根貞男氏の解説を踏まえると,一つは1970年代の作品群において,藤田敏八監督が,女優の魅力を引き出すのがうまかった,ということを意味している。『修羅雪姫』シリーズ,『野良猫ロック』シリーズにおいて梶芽衣子の魅力を最大限に引き出したこともそうであるし,『赤い鳥逃げた?』(1973年)において桃井かおりの魅力を,『赤ちょうちん』(1974年)において秋吉久美子の魅力を,『十八歳,海へ』(1979年)において森下愛子の魅力を,それぞれ引き出したこともそうである。

もう一つは,加藤泰の言葉だそうだが,「映画は青春のものである」という言葉に忠実な,瑞々しさ,激しさ,無軌道さの溢れる娯楽作品群を藤田敏八監督が1970年代に生み出したことを指している。「若さ」即ち「色気」。上述した女優達だけでなく,原田芳雄,地井武男といった俳優たちも当時は若手俳優として,藤田敏八作品の中でエネルギーを爆発させていた。

上述したように,カルト的人気を誇る『修羅雪姫』を観たいがためにYCAMに来たわけだが,山根貞男氏の解説を聞いているうちに,藤田敏八作品全体への興味も湧いてきた。

というわけで,来月は『野良猫ロック ワイルドジャンボ』と『新宿アウトロー ぶっ飛ばせ』と『赤い鳥逃げた?』を観てこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.18

光瀬龍『無の障壁』を読む

先日から光瀬龍作品を続けて読んでいるわけだが,今回は短編集の『無の障壁』を取り上げる。

Munoshouheki

光瀬龍『無の障壁』(ハヤカワ文庫 JA 109)

表紙は金森達。小生は萩尾望都の表紙よりも,哀切を帯びた,(ときには抽象画的な)金森達の方が良いと思っている。

「無の障壁」,「勇者還る」,「決闘」,「スペース・マン」,「異境」,「訣別」,「クロスコンドリナ2」の7編が収められているが,いずれも宇宙を舞台とした,光瀬龍の初期作である。「決闘」は萩尾望都によって漫画化されたような気がするのだが,記憶違いか? (→【2016年12月27日追記】やはり,記憶違いでした。萩尾望都ではなくて竹宮恵子が「決闘2108」として漫画化。)

「無の障壁」は裏表紙(↓)にあらすじが書いてあるが,冥王星の突然の爆発をきっかけとして,主人公が人類の危機に立ち向かうという話。初出は「SFマガジン」1964年4月号。

深宇宙から人類に破滅が迫るという内容や,主人公が調査員という設定など,代表作長編『たそがれに還る』(早川書房から1964年11月20日に書き下ろし長編として刊行)を彷彿とさせる。「無の障壁」はほぼ同時期に書かれた『たそがれに還る』のダイジェスト版とでも言えるのではなかろうかとも思った。

Munoshouheki2

『たそがれに還る』のヒロ18,『派遣軍還る』(宇宙塵版・SFマガジン版ともに)のリーミン,『百億の昼と千億の夜』のあしゅらおう,『征東都督府』ほかタイムパトロールシリーズの青龍寺笙子というように,光瀬龍作品には聡明で勇気のある女性が登場するのだが,この「無の障壁」にもそれっぽい異星の女性が登場する。

深宇宙からの脅威によって,太陽系の惑星が滅ぶというあたり,『たそがれに還る』の地球もそうだし,『失われた都市の記録』の第五惑星アイララもそうだし,光瀬龍作品で繰り返し登場するモチーフである。前にも言ったが,偉大なるマンネリズム。こうやって,光瀬龍作品を集中的に読んでいると,同じアイディアが繰り返され,なんだか松本零士作品を読んでいるときと同じような感覚にとらわれる。

文章は相変わらずの光瀬節。

たとえば,小生であれば,

「今,七千万の市民たちはその個室(/コンパートメント)の中で深い眠りについていた。」

と書くであろう所を,光瀬龍は

「七千万の市民たちの眠りはその個室(/コンパートメント)の中で今,深かった。」

と書くわけである。とても良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プーチンが山口に来てたわけで

ご存知の通り,12月15日の夕刻,プーチンを載せた専用機が山口宇部空港に到着したわけである。

その晩,小生はANA3815便(SFJとの共同運航便)で東京出張から戻ったので,ちょうど,プーチンの専用機と日本側の政府専用機とを見ることができた。

まず,小生が乗っていた機体の右手に,安倍首相が使った日本の政府専用機が見えた:

Sdsc_0506


飛行機を降り,ボーディング・ブリッジを歩いていたところ,左側にプーチンの専用機が見えた:

Sdsc_0508

先日の記事でもお伝えしたが機体はイリューシン96である:

Sdsc_0515

よく見ると,イリューシン96の向こうにも一機のロシア機が見える。そっちは輸送機アントノフである。プーチンの公用車を持ってきた飛行機である。

よくよく考えると,このとき,ロシア機2機,日本の政府専用機1機,JALの飛行機が1機,スタフラ(とANA)の飛行機が1機駐機していたわけである。合計5機も駐機しているという,まあ宇部空港始まって以来の大騒ぎである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.14

光瀬龍『銹た銀河』を読む

先日,光瀬龍の作品をあれこれ買い漁ったわけだが,そのうちの一つ,『銹<さび>た銀河』を読んだわけである。

「サビ」って「錆」じゃなかったっけ?と思っていたが,光瀬龍は「銹」の字を使っている。その理由はよくわからないので,とりあえず保留。昭和62年の出版。表紙は萩尾望都先生。

Stainedgalaxy

光瀬 龍 著(表紙:萩尾望都)銹た銀河 (ハヤカワ文庫JA)

あらすじは裏表紙(↓)にある通りで,遥かな未来における,人類滅亡譚。

Stainedgalaxyr

人類は,身体および記憶情報をカード化して保存しており,必要に応じて身体と記憶を再生されることによって永遠ともいえる命を得ていた。しかし,ある時,そのカードの大半が放射線により損傷を受け,身体・記憶の再生が困難となった。老ドラム,第一委員のフサといったすでに再生されている数少ない管理者たちがこの人類滅亡の危機に立ち向かおうとする,というのが第1部「夜明けの砂」。

第2部「夜の虹または遠い出発」は遠い星に住む植物型人間たちの話。彼らは平穏に暮らしていたが,ある日,別の星からやってきた「星人」によって,集落が壊滅させられた。生き残った首長のフセウと長老のヒシカリは伝承に従って北の伝説の都市へと向かった。

そして,この両者の物語が交錯するのが第3部「夕陽と城邑」。

最後に人類再生の望みをかけて,たった二人の人類の生き残り,老ドラムとフサが宇宙船に乗って地球から旅立つのだが,行く先に広がる銹色の銀河が,哀しみややるせなさを感じさせて,なんというか光瀬節。

人間のカード化は宇宙年代記シリーズや『百億の昼と千億の夜』にも出てきたアイディア。光瀬龍はこのアイディアをとてもお気に入りなのだろう。カード化されている間,人間は生きているのか死んでいるのか?それは凍結された生なのか,引き伸ばされた死なのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.12.10

【宮武一貴のイラストがいいなぁ】『SF未来戦記 全艦発進せよ(オール・ファイヤー)!』を買った件

この頃,とんでもない忙しさに見舞われていて,そこで生じたストレスを解消するべく趣味の本を買い漁っている。

趣味の本と言っても幅広いわけだが,いま集中しているのが昔のSF作品。それも光瀬龍のヤツ。皆さん,知ってますか光瀬龍!

小学校5年生のときに,萩尾望都によって漫画化された秋田文庫版『百億の昼と千億の夜』で衝撃を受けて以来,中学,高校と,『喪われた都市の記録 』,『たそがれに還る』,『派遣軍還る SFマガジン版』,そして宇宙年代記シリーズと,読み漁ってきたわけである。そうそう,『征東都督府』とか『所は何処,水師営』とかタイムパトロールものも読んだなぁ。

それから幾星霜。突然,思い出したように,喪われた過去を取り戻すかのように,かつて入手していなかった,あるいは手放してしまった光瀬龍作品をネットで注文している今日この頃である。

今回紹介するのは福島正実や今日泊亜蘭や眉村卓らとのアンソロジー『SF未来戦記 全艦発進せよ(オール・ファイヤー)!』である。

「全艦発進せよ」に<オール・ファイヤー>というルビを振ってしまうあたりが光瀬節。

Allfire

全艦発進せよ!―(オール・ファイヤー) SF未来戦記 (1978年)

じつはこの本,中学生だった時に所持していたのだが,引っ越しか何かの際に廃棄してしまった。今回,20~30年ぶりに再入手したわけである。

久々に読み直してみると,結構覚えている。とくに光瀬龍の短編はそう。

人間の脳を内蔵した艦艇,つまりサイバー艦同士の戦いを描いた「戦士たち」,特殊部隊同士が地下空間を利用して不意打ちを食らわせ合う「機動部隊を撃破せよ」などの短編。これらは,光瀬流ファンにはおなじみのアジア連邦と全アフリカ連合との間の覇権争い,つまり第一次統合戦争を舞台とした作品である。宇宙年代記シリーズと世界観を共有し,短編ながら壮大な歴史の流れを感じさせる。

「白兵戦」や「トロイ作戦」は,徴兵され,平凡な日常生活を奪われた民兵たちが奮闘する姿を描いた短編。絶望的な状況で主人公たちがなおも生き続けなくてはいけない,という光瀬龍作品の典型的なエンディングで締めくくられ,『百億の昼と千億の夜』あるいは『たそがれに還る』といった長編を彷彿とさせる。偉大なるマンネリズム。

この本,ところどころに宮武一貴<スタジオぬえ>のイラストが挿まれているのだが,武骨で実にいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.12.08

幸せの黄色い新幹線

幸せの黄色い新幹線って言うと大げさだが,広島駅で偶然,ドクター・イエローを目撃したので,写真を撮っておいた。

Sdsc_0497


Sdsc_0498


Sdsc_0500


Sdsc_0501

Wikipediaによれば,923形というものらしい。

安心して新幹線に乗れるのも,このドクター・イエローのおかげである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.05

ブルーボトルコーヒーに行った件

出張の帰りにアトレ品川のブルーボトルコーヒーに行ったわけである。

サードウェーブ系カフェの話は前に書いたものの(参照),WIRED誌の受け売りであって,ブルーボトルコーヒーに立ち寄るのは今回が初。

Sdsc_0489

午前10時台に行ったところ,わりと空いていてすぐに注文できた。

Sdsc_0488

当日のドリップ・シングル・オリジン,エチオピア・シダマ・デリ・コチョハ550円也を注文し,ついでにサフラン&バニラビーンズクッキーも頼んだ。

さて,お味はというと……滅茶滅茶うまい。

やはり作り置きではなく,一杯一杯ハンドドリップで丁寧に入れるとかくも風味が違うものか。あと,エチオピア・シダマ・デリ・コチョハという豆が紅茶を思わせるような良い香りと味わいで,感動ものだった。

余勢を駆って,帰り際にエチオピア・シダマ・デリ・コチョハの豆,200g,1900円也も買ってしまったほどである。


ブルーボトルは日本の喫茶店にヒントを得たとかいう話があったが,実際,昔ながらの街の喫茶店を思い出させるような味わいのコーヒーが提供されていると思った。

こりゃ,スタバやタリーズには戻れないわ。なお,シアトルズベストのトディ・コーヒーは許す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.03

【ロシアの飛行機が宇部に来た!】プーチン来るで!

12月15・16日にプーチン大統領が山口に来るわけである。

その先駆けとして,今日,ロシア機が山口宇部空港に来ていた:

20161203_144952

Sdsc_0495_2


今日の午後,東京出張から帰って来たのだが,なんとこんなところでロシアの飛行機を見ることになるとは。

ちなみにこの飛行機はイリューシン96(Ilyushin Il-96-300,RA-96018)である。

大統領の訪日に備え,宇部空港での離着陸テストのために来たという話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »