« 目からウロコ:『比較政治学の考え方』 | トップページ | 脱線:モノメーターという韻律 »

2016.10.19

本当は怖い『キーツ詩集』

相変わらず,だらだらと中村健二訳『キーツ詩集』を読んでいる。

税別1140円で何日も楽しめるんだから,コストパフォーマンスは極めて高い。

キーツ詩集 (岩波文庫)キーツ詩集 (岩波文庫)
中村 健二

岩波書店 2016-08-18
売り上げランキング : 134638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さて,表題の「本当は怖い」とはどういうことか?

『キーツ詩集』は詩集3つ分,すなわち『1817年詩集』『レイミア,イザベラ,聖アグネス祭の前夜,その他の詩』『拾遺詩集』とで構成されている。

このうち,『レイミア,イザベラ,聖アグネス祭の前夜,その他の詩』には長編の詩4つと短い詩(オード)9つが収められている。

その長編の詩の一つ,「イザベラ,またはバジルの鉢」が狂気を孕んだ悲恋を描いていてとても怖い。ホラー小説である。

ボッカチオ『デカメロン』の第4日目第5話をもとにした物語詩である。あらすじはこんな感じ:

フィレンツェの富豪の娘・イザベラと奉公人ロレンゾは相思相愛だった。これを快く思わないイザベラの二人の兄は,ロレンゾを連れ出し,森で殺害した。

ある夜,ロレンゾの亡霊がイザベラの枕元に立った。亡霊の導きによって,イザベラは森の中にうずもれたロレンゾの遺体を探り当てた。そして,イザベラはロレンゾの首を切り取って……。

やはりここから先は『キーツ詩集』を読んでいただきたい。

料理に使われているバジルを見るたびに,この話を思い出すこと間違いなし。

「なんてひどい,あたしからバジルの鉢を盗んでいくなんて」 ("O cruelty, To steal my Basil-pot away from me!")

というイザベラの叫びがいつまでも頭にこだまする。


デカメロンデカメロン
ボッカッチョ 平川 祐弘

河出書房新社 2012-10-11
売り上げランキング : 309863

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 目からウロコ:『比較政治学の考え方』 | トップページ | 脱線:モノメーターという韻律 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/64371004

この記事へのトラックバック一覧です: 本当は怖い『キーツ詩集』:

« 目からウロコ:『比較政治学の考え方』 | トップページ | 脱線:モノメーターという韻律 »