« 鹿児島って東洋のナポリ? | トップページ | リアルな絵で大法螺を »

2016.09.16

NHKの番組編成が嬉しけしからん件

2016年9月15日のNHKの番組編成が嬉しけしからんので,一言申し上げておく。

午後10時から

NHK総合で「クローズアップ現代+」「リオ閉会式の舞台ウラ 仕掛け人たちが初激白」
Eテレで「浦沢直樹の漫勉」「池上遼一 55年第一線 活躍続ける伝説漫画家 美男美女へのこだわり」

というように興味ある番組が2つ同時に放送されたわけである。

面白い番組が同時刻だと困るんですけど。

仕方ないのでハードディスク録画をした次第。

先に「リオ閉会式の舞台ウラ」を見たが,その中で閉会式の演出・振付を担当したMIKIKO先生から学んだこと:

限られた数(50人)のパフォーマー達が競技場の広い舞台で霞んでしまわないようにするためには,「一人を拡張して見せる」しかない。

中小企業が生き残るための戦術にも同じことが言えるだろう。

で,次に「漫勉」「池上遼一」を見たのだが,池上遼一先生,凄い。

【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】第九話:池上遼一と福井の越前ガニ 」でも指摘されているが,池上遼一先生に関しては

  • 年々,画力が向上している
  • 美しい日本人の男女を描くことができる

という2点を強調しておきたい。あと,アタリをつけるときに定規を使う人は初めて見た。几帳面さがよくわかる。

『アダムとイブ』の悪役,スメルを描くところが放映されていたが,筆遣いが本当にすごい。

池上遼一先生が描くヒーローたちは,必ずと言ってよいほど憂いを含んだ表情をしているのだが,それは,ヒーローたちが自分たちを「終わりゆく時代の人たち」だと認識しているからではないか,という浦沢直樹の指摘は鋭い。

「男たち,美しく」(by 「戦場のメリークリスマス」)
アダムとイブ 1 (ビッグコミックス)アダムとイブ 1 (ビッグコミックス)
山本 英夫 池上 遼一

小学館 2016-02-29
売り上げランキング : 1956

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 鹿児島って東洋のナポリ? | トップページ | リアルな絵で大法螺を »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/64209171

この記事へのトラックバック一覧です: NHKの番組編成が嬉しけしからん件:

« 鹿児島って東洋のナポリ? | トップページ | リアルな絵で大法螺を »