« ラオスのランチは長い | トップページ | ラオスの大統領宮殿 »

2016.08.15

Robert Cooper "Our Man in Laos"が面白い

ヴィエンチャンのMonument booksで同地永住者のRobert Cooperが書いた"Our Man in Laos" (Lao Insight Books, 2015)を買った。

Cooperはグレアム・グリーンから着想を得たということで,タイトルはグリーンのブラック・コメディ"Our Man in Havana"(和訳名『ハバナの男』)をもじっている。

ラオスに逃げ込んだ英国人の強盗を時効前に捕まえるべく、元グルカ兵の大佐が派遣されてくる話だが、非常にユーモラスな書きぶりで面白い。

とはいえ小生はそれほど英語力がないため、辞書が常に必要なので面倒なことこのうえない。

ハバナの男ハバナの男
グレアム グリーン 田中 西二郎

早川書房 1998-05-31
売り上げランキング : 52039

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ラオスのランチは長い | トップページ | ラオスの大統領宮殿 »

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

スパイ小説のパロディのような「ハバナの男」をさらに本歌取りする感じでしょうか。主人公がグルカ族で追われるのがイギリス人というのがPC配慮感ありつつ毒もキツめになってそうですね。

投稿: 拾伍谷 | 2016.08.16 01:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/64065052

この記事へのトラックバック一覧です: Robert Cooper "Our Man in Laos"が面白い:

« ラオスのランチは長い | トップページ | ラオスの大統領宮殿 »