« 今年の日テレ24時間テレビの敵は,NHK「バリバラ」だけではなかった | トップページ | 「第4次産業革命」でいいのか? »

2016.08.24

リオ五輪・男子マラソン,猫ひろしの軌跡

リオ五輪の男子マラソンにカンボジア代表としてタキザキ・クニアキ(猫ひろし)が出場し,完走した。

155人中139位だが,15人脱落して,最後が140位・ヨルダンのAbu Drais, Methkalなので,完走者の中では最後から2番目という結果である。

ちなみに猫の1人前,138位だった韓国代表には韓国民から批判が集まっているとか。

参考:『【萬物相】お笑い韓国マラソン』(朝鮮日報,2016年8月24日)

リオ五輪公式ページ(参照)からデータを抜き出して上位3名と猫の軌跡を追ってみる。

下に示したのが,距離と通過タイムをグラフにしたものである。

Riomensmarathon

このグラフだと1位のキプチョゲ,2位のリレサ,3位のラップがほぼ重なっていて差がわかりにくくなっている。だが,いずれにしても,グラフは直線的で,ペースがほぼ一定していることがわかる(後半若干早まっているが)。

これら上位陣と猫とを比較すると,次のようなことがわかる。

中間地点ではトップと猫の通過時間の差は約11分だった。それがゴール時点では差が約37分に拡大している。グラフを見ると,下に凸の曲線,つまり,猫のスピードが徐々に落ちていった様子がわかる。

もし,猫のスピードが一定を保っていたらどうだっただろうか?ゴール地点ではトップとの差が22分程度となり,123位から126位のあたりになっていただろうと予測される。

まあ,完走したこと自体,大変なことなので,ペース維持まで要求するのは望蜀の嘆というべきか。

|

« 今年の日テレ24時間テレビの敵は,NHK「バリバラ」だけではなかった | トップページ | 「第4次産業革命」でいいのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/64104790

この記事へのトラックバック一覧です: リオ五輪・男子マラソン,猫ひろしの軌跡:

« 今年の日テレ24時間テレビの敵は,NHK「バリバラ」だけではなかった | トップページ | 「第4次産業革命」でいいのか? »