« 昏々沉沉たる未来 | トップページ | キリンビールから届いた »

2016.06.01

豊川斎赫『丹下健三――戦後日本の構想者 (岩波新書)』を読む

仮に明治維新以降を近代とすると,日本は近代に入って148年を迎えているわけである。そして,終戦(敗戦)の年,1945年を境とすると,明治元年から終戦までの「戦前」が77年,終戦から今年までの「戦後」が71年。多少長さが異なるが,だいたい真っ二つに分かれる。どちらの方が我々にとってリアリティのある時代かというと,後者,「戦後」である。

本書は近現代の日本建築の歴史のうち,「戦前」にあたる部分をバッサリ切り落とし,「戦後」に焦点を当てて記述している。そして,戦後建築の中心人物として丹下健三に焦点を当ててその軌跡,その思想をコンパクトに記述している。

丹下健三――戦後日本の構想者 (岩波新書)丹下健三――戦後日本の構想者 (岩波新書)
豊川 斎赫

岩波書店 2016-04-21
売り上げランキング : 50376

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

当然のことながら,日本の建築の流れは丹下健三とそのスクールの面々だけで形成されてきたわけではないのだが,この本は,戦後の建築の流れをわかった気にさせてくれる。これ読むと,ほんとに丹下健三って偉かったんだなーと単純に思う。

良い本だと思うのだが,一点だけ文句を言いたいところがある。

序章のタイトル,「残酷な建築のテーゼ」。

これはいかん。エヴァンゲリオンじゃないんだから。

著者・豊川斎赫氏の年齢を見たら,小生よりも3つ下。大学時代にエヴァの洗礼を受けたのかもしれん。サブカルにも理解がありますよ的な悪戯は本書には不要だと思う。

あ,本書の内容に触れるのを忘れた。別記事で書こうと思う。

|

« 昏々沉沉たる未来 | トップページ | キリンビールから届いた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/63716113

この記事へのトラックバック一覧です: 豊川斎赫『丹下健三――戦後日本の構想者 (岩波新書)』を読む:

« 昏々沉沉たる未来 | トップページ | キリンビールから届いた »