« 山口再エネ・ファクトリー東岐波発電所(ソーラー発電所)開所式に行って来た | トップページ | ピーマンはトウガラシの変種,ブロッコリーはキャベツの変種 »

2016.05.23

秀吉の孤独:異父兄弟姉妹を殺戮

秀吉,若輩(若い頃)に孤(一人)と成て

秀吉から北条氏直に宛てた宣戦布告状の一文である(『言経卿記』)。渡邊大門『秀吉の出自と出世伝説』(歴史新書y)の34ページに引用されている。

秀吉は幼少時,孤児であったようだ。

『真田丸』で描かれているように,天下人となった秀吉の下には,母や兄弟姉妹,妻の寧の一族が集まっているが,それは後の話。

しかもわずか数年でその大家族物語は崩壊し,秀吉は孤独に戻っていく。

渡邊大門はその著書『秀吉の出自と出世伝説』の「あとがき」でこのように書く:

本書を書き終えて思うのは,「秀吉は孤独であった」ということに尽きる。何ら所縁を持たず,自らの力量一つで頂点に上り詰めた秀吉には,なかなか理解者があらわれなかったことであろう。(『秀吉の出自と出世伝説』235頁)
秀吉の出自と出世伝説 (歴史新書y)秀吉の出自と出世伝説 (歴史新書y)
渡邊 大門

洋泉社 2013-05-10
売り上げランキング : 53734

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

秀吉は孤独を埋めるかのように,聚楽第に数少ない一族郎党を集めたわけだが,その一方で異父兄弟を始末するようなこともしていたようである。

秀吉の兄弟姉妹としては次の三人が知られている:

  • とも: 母なか(大政所)と実父弥右衛門との間に生まれた同父姉
  • 秀長: 母なかと義父筑阿弥との間に生まれた異父弟
  • 旭: 母なかと義父筑阿弥との間に生まれた異父妹

『秀吉の出自と出世伝説』の62~67頁には,このほかにも何名かの兄弟姉妹がいたらしいことが記されている。

ルイス・フロイス『日本史』によれば,秀吉の関白就任の翌々年,伊勢の一名の若者が,秀吉の弟であると名乗り出たことがあった。また,尾張に住むある姉妹が秀吉の妹たちらしいことがわかり,召喚されたことがあった。

これらの者は喜んで迎えられただろうか?

否。いずれも惨く殺された。伊勢の若者も,尾張の姉妹も,従者もろとも斬首された。

母の不都合を隠すためであると考えられる。

ということで秀吉が兄弟姉妹として認めるのは,とも,秀長,旭の3名のみ。そのうち,信を置いたのは秀長のみである。血縁を限定した上に,信頼したのは弟のみ。自ら孤独を選んでいるようなものである。

秀吉は,ともの子・秀次を養子として迎え関白に任じているが,これとて,後に切腹を命じている。

結果として,秀吉は自らの死に臨んで,全くの赤の他人であり潜在的な政敵であった家康に息子・秀頼の後見を頼まざるを得なくなった。

秀頼もまた実子なのかどうか疑問を拭い去ることはできず,結局のところ,秀吉は一生涯,孤独であり続けたと言えるのではないだろうか?

|

« 山口再エネ・ファクトリー東岐波発電所(ソーラー発電所)開所式に行って来た | トップページ | ピーマンはトウガラシの変種,ブロッコリーはキャベツの変種 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/63674948

この記事へのトラックバック一覧です: 秀吉の孤独:異父兄弟姉妹を殺戮:

« 山口再エネ・ファクトリー東岐波発電所(ソーラー発電所)開所式に行って来た | トップページ | ピーマンはトウガラシの変種,ブロッコリーはキャベツの変種 »