« 言語研究:『WIRED Vol.19 ことばの未来』と『統辞構造論』 | トップページ | WIRED,まだ読み終わっていないのに新しい号が出た »

2015.12.07

村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』を読む

村上春樹の紀行文,『ラオスにいったい何があるというんですか?』を読んでいる。

タイトルが実に良い。

すでに何回もラオスに行っている小生だが,このタイトルには惹かれる。

村上春樹がラオスのルアンプラバン(ルアンパバン)に向かう途中,ヴェトナム人から投げかけられた質問だそうだが,もし,小生が同じことを他人に聞かれたら,非常に戸惑うだろう。

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集
村上 春樹

文藝春秋 2015-11-21
売り上げランキング : 67

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

村上春樹自身,ルアンプラバン(ルアンパバン)への旅を終えた後も,明確な答えを見いだせなかった。

しかし,何かを達成することが旅の理由ではないとすれば,この問い自体が無意味なのかもしれないと思う。



村上春樹が書いた別の紀行文を数年前に読んだことがある。

それは,ギリシャやトルコの辺境を巡る旅の記録,『雨天炎天』だった。

当時は何回もギリシャに旅行しており,小生が感じたギリシャの空気を,この作家がどのように感じたのかを知りたかったのだ。

今回も似たような動機で読んだ。小生が頻繁にいくのは首都ヴィエンチャン,村上春樹が訪れたのは古都ルアンパバンという違いはあるが,作家がラオスで感じたことには一定の共感を覚えた。

雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)雨天炎天―ギリシャ・トルコ辺境紀行 (新潮文庫)
村上 春樹

新潮社 1991-07-30
売り上げランキング : 22365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 言語研究:『WIRED Vol.19 ことばの未来』と『統辞構造論』 | トップページ | WIRED,まだ読み終わっていないのに新しい号が出た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/62827192

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹『ラオスにいったい何があるというんですか?』を読む:

« 言語研究:『WIRED Vol.19 ことばの未来』と『統辞構造論』 | トップページ | WIRED,まだ読み終わっていないのに新しい号が出た »