« 双葉文庫に『BARレモン・ハート』が入っている件 | トップページ | 今週の経済の動き(2015年11月9日~13日) »

2015.11.07

「あさが来た」の方が大河ドラマっぽくていいと思う

山口県に住んでいるので大河ドラマ「花燃ゆ」を応援したいところだが,なんかダメ。

同じように幕末維新が舞台で,同じように女性が主人公なのだが,朝ドラの「あさが来た」の方がはるかに面白い。

高杉晋作の妹,文=美和が本当は何をしたのかよくわからない人物であるのに対し,今井あさのモデルとなった広岡浅子は大同生命を設立するわ,日本女子大学を創立するわ,いくつもの偉業を成し遂げた女傑である。描いていてどちらが面白いか,勝負は初めから決している。

文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯 (潮文庫)
古川智映子

潮出版社 2015-09-05
売り上げランキング : 9

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

広岡浅子が女子啓蒙活動の一環として開催した合宿には,市川房江や村岡花子も参加したとか。女傑の魂は女傑たちが引き継いでいった。

|

« 双葉文庫に『BARレモン・ハート』が入っている件 | トップページ | 今週の経済の動き(2015年11月9日~13日) »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/62634386

この記事へのトラックバック一覧です: 「あさが来た」の方が大河ドラマっぽくていいと思う:

« 双葉文庫に『BARレモン・ハート』が入っている件 | トップページ | 今週の経済の動き(2015年11月9日~13日) »