« ハドリー・チェイス『蘭の肉体』を読んだ | トップページ | 田中慎弥『宰相A』を読んだ »

2015.11.28

インド系食堂はなんでもカレー味

まだジョホールバルにおります。

「腹もペコちゃんだし…」というわけで,孤独のグルメよろしく,ホテルの近所の食堂でご飯を食べてきた。

何の略か知らないが,"ABMH Restoran"という。

Abmhrestoran

調子に乗ってナシゴレン(焼き飯)とmaggi sup(ラーメン)を頼んでみたが,インド系の店員はうなずきもせず厨房に向かう。どの国でもそうだが,インド系はだいたい威張っており笑いもしない。

注文通っているのか?

と思ったがちゃんと来た。どちらもカレー味でびっくり。

まず,これがナシゴレン。

Dsc_0490_2

インドネシアとかマレーシアで頼んだら出てくるのと全然違う。まあうまいんだけど。

つぎにラーメン。

Dsc_0492

"maggi"という東南アジアではおなじみの袋入りラーメンだが,スープがカレースープになっている。

耐えられないような辛さではないが,空調のない店内では汗だく。スポーツジムに行ったぐらい汗が噴き出す。野球観戦でカレーを食べた井之頭五郎なみの状態になる。

夜風に吹かれて体を乾かしながら帰路についた次第である。


|

« ハドリー・チェイス『蘭の肉体』を読んだ | トップページ | 田中慎弥『宰相A』を読んだ »

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/62766068

この記事へのトラックバック一覧です: インド系食堂はなんでもカレー味:

« ハドリー・チェイス『蘭の肉体』を読んだ | トップページ | 田中慎弥『宰相A』を読んだ »