« UBEビエンナーレを見てきた | トップページ | 「あさが来た」の方が大河ドラマっぽくていいと思う »

2015.11.05

双葉文庫に『BARレモン・ハート』が入っている件

毎週月曜日の晩がえらいことになった,という話は前に書いた(参考)。

月曜日午後9時にBS-TBSの『吉田類の酒場放浪記』を見たのち,午後10時からはBSフジでドラマ『BAR レモンハート』を見るという流れが出来てしまったからである。

若いころは「漫画アクション」を読んでも,『BAR レモンハート』は読み飛ばす漫画だったのだが,今はじっくり読んでしまう。

かつて「週刊漫画ゴラク」でラズウェル細木の『酒の細道』を読み飛ばしていたのが,今読むととても面白いのと同じ現象である。

中村梅雀がマスターを務めるドラマ『BAR レモンハート』を見ていると,原作を読みたくなるのだが,まさか今から全館を揃えるわけにはいかない。困っていたら(困らなくても良いのだが),行きつけの宮脇書店でちょうどいいものを発見した:

BARレモン・ハート 恋を彩る煌 くお酒 の巻 (双葉文庫)BARレモン・ハート 恋を彩る煌 くお酒 の巻 (双葉文庫)
古谷 三敏

双葉社 2015-10-15
売り上げランキング : 14077

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

つい先月,双葉文庫から出たわけである。まあ,ドラマ『BAR レモンハート』の放映に合わせたのだろうと思う。

ドラマでやっていた「女医さんとデート」と「1/150のプロポーズ」のエピソードはこの本に収められている。

ああ,ヴーヴ・クリコ・ラ・グランダム飲みてぇ。

|

« UBEビエンナーレを見てきた | トップページ | 「あさが来た」の方が大河ドラマっぽくていいと思う »

映画・テレビ・芸能・アイドル」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/62615877

この記事へのトラックバック一覧です: 双葉文庫に『BARレモン・ハート』が入っている件:

« UBEビエンナーレを見てきた | トップページ | 「あさが来た」の方が大河ドラマっぽくていいと思う »