« ペンシルベニア通り1600番地 | トップページ | YCAMで安藤サクラ主演『百円の恋』を見てきた »

2015.10.16

エイモス・チュツオーラ『薬草まじない』を読み始めております

先日購入したまま放置していたエイモス・チュツオーラ『薬草まじない』(岩波文庫)を読み始めております。

訳は『やし酒飲み』と同じく土屋哲。

薬草まじない (岩波文庫)薬草まじない (岩波文庫)
エイモス・チュツオーラ 土屋 哲

岩波書店 2015-09-17
売り上げランキング : 22264

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これもまた主人公が旅に出る話。

妻の不妊症を解決するため,<女薬草まじない師>を探しに<さい果ての町>を目指すのだそうだ。

原題は明確にそのことを述べている:

"The Witch-Herbalist of the Remote Town"

この話,『やし酒飲み』と同様,どこに話が進むのか予測不能で,要約もできない。

また祝詞のように長い言葉が繰り返し繰り返し出てきたり,登場人物たちのやることなすことが残虐なのにおおらか,というあたり,日本の「記紀神話」を思い起こさせる。

人によって好き嫌いがあると思うので,誰にでもおすすめできるものとは思わない。

しかし,訳者の文章の巧みさもあると思うが,エイモス・チュツオーラの小説は一度はまると抜け出せなくなるタイプのものだ。

やし酒飲み (岩波文庫)やし酒飲み (岩波文庫)
エイモス・チュツオーラ 土屋 哲

岩波書店 2012-10-17
売り上げランキング : 11816

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« ペンシルベニア通り1600番地 | トップページ | YCAMで安藤サクラ主演『百円の恋』を見てきた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/62485198

この記事へのトラックバック一覧です: エイモス・チュツオーラ『薬草まじない』を読み始めております:

« ペンシルベニア通り1600番地 | トップページ | YCAMで安藤サクラ主演『百円の恋』を見てきた »