« 3年ぶりに台湾に行ってきた件(その3)ホテルオークラのパイナップルケーキ | トップページ | 3年ぶりに台湾に行ってきた件(その5)台北101 »

2015.05.08

3年ぶりに台湾に行ってきた件(その4)金品茶樓の小籠包

小籠包と言えば「鼎泰豐(Din Tai Tung)」というのが合言葉のようになっているが,初日に九份を案内してくれた台湾のガイド氏のご紹介で,「金品茶樓(ジンピンチャロウ,King Ping Tea Restaurant)」(長春路16號)に行った。

行ったのは第二日目(5月4日)の夜,ホテルオークラでパイナップルケーキを購入した後である。予約なしで行ったが,ツマと二人なのですんなり入れた。小奇麗な店内は日本人でいっぱい。ツアー客の間では有名なのでしょう。

Kingping00

ガイド氏推薦のメニューを頼んだ。内容は次の通り:

 「小龍包套餐」

  • 前菜 冷菜
  • 小龍包  4粒
  • 蟹黄湯包 1粒
  • 蝦肉蒸餃 2粒
  • 菜肉蒸餃 1粒
  • 蝦仁焼売 1粒
  • 季節時蔬
  • 桜花蝦炒飯
  • 酸辣湯
  • 美齢鬆糕

一人前660元(10%のサービス税込)也。

Kingping01

ちょっと値が張る感じがするが,美味しかったので良し。金品茶樓の小籠包は薄皮で鼎泰豐にも負けない美味しさである。上のリストの「桜花蝦炒飯」はサクラエビの炒飯のこと。サクラエビの炒飯を食べるのは初めてだったが,香ばしく塩味控えめで良かった。酸辣湯も酸味・辛味・甘味のバランスが取れていてとても美味しかった。

Kingping02

金品茶樓で食事を済ませた後は,MRT行天宮駅近くの宿泊先ホテルまで夜の長春路を練り歩いた。

Night01

Night02

ネオン輝く夜の街並みはとても昭和テイスト。

|

« 3年ぶりに台湾に行ってきた件(その3)ホテルオークラのパイナップルケーキ | トップページ | 3年ぶりに台湾に行ってきた件(その5)台北101 »

中国」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/61557420

この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりに台湾に行ってきた件(その4)金品茶樓の小籠包:

« 3年ぶりに台湾に行ってきた件(その3)ホテルオークラのパイナップルケーキ | トップページ | 3年ぶりに台湾に行ってきた件(その5)台北101 »