« カンボジアの商業登記やり直し騒動 | トップページ | 弥生初日のキュレーション:「パペラキュウ」更新,ある女優の秘められた過去ほか »

2015.02.28

プノンペンの「絆ストリート」

東北大震災以降,「絆」という言葉が巷にあふれているが,プノンペンでもそう。

プノンペン市街の南側,St. 63に「絆ストリート」という一角がある。

ここには日系の飲食店が集まりつつある。

例えば,焼き鳥居酒屋「時代屋」とか,Cake Cafe「ふわり」とか,食堂「たこちゃん亭」(写真↓)とか,博多食堂「にゃむ」とか。

Takochanteipp

まだ日本人商店街というには店舗数が足りないが,それでも数店舗集まっている。

時代屋には先日昼飯を食べに行って,味噌カツ定食($5.5?)を食べた。名古屋あたりから来た店だろうか?

「ふわり」(↓)にはシュークリームやプリンなどスイーツが揃っている。シュークリームは3500リエル(85~90セントぐらい)で,イオンモールのビアードパパのもの(1.65ドル程度)の半額ぐらい。お味は良い。

Fuwaripp

「ふわり」の店内で,スイーツを食べたのち,小上がりで横になって寝ている白人男性がいたので笑った。白人はどこの国でも自由。

絆ストリートについてはノマドデザイナーを名乗るこの方も記事を書いている(参考)。

|

« カンボジアの商業登記やり直し騒動 | トップページ | 弥生初日のキュレーション:「パペラキュウ」更新,ある女優の秘められた過去ほか »

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/61210449

この記事へのトラックバック一覧です: プノンペンの「絆ストリート」:

« カンボジアの商業登記やり直し騒動 | トップページ | 弥生初日のキュレーション:「パペラキュウ」更新,ある女優の秘められた過去ほか »