« 古色蒼然『岩波講座 日本歴史』 | トップページ | 「江戸しぐさ」は都市伝説の類との話(続報) »

2015.01.07

世界初の浮体式潮流・風力ハイブリッド発電 (skwid),悪天候で沈没

世界初の「浮体式潮流・風力ハイブリッド発電」として話題を呼んでいた三井海洋開発株式会社の"skwid"だが,唐津沖で沈没したとのこと:

洋上発電装置,海底に沈む…実証実験中あえなく」(読売新聞,2015年1月7日)

上半分がダリウス型風車で,下半分がサボニウス型水車というダブル発電システムで,面白い装置だと思ったのだが,12月18日朝に行方不明になったということである。その後,沈没が確認された。12月17日には同地域が暴風雪に見舞われていた。

この装置は一昨年の第一次設置時にも災難に見舞われた。本ブログで過去に取り上げたことがある:

世界初の浮体式潮流・風力ハイブリッド発電 (skwid),水車紛失により落成式延期」(2013年10月14日)

同記事にも書いたが,日本で再生可能エネルギーを普及させようとする場合に直面するのが,日本の気候の厳しさ。

とくに風力発電・波力発電に関しては台風や雷や雪などが問題である。ヨーロッパで風力発電が盛んな理由としては,台風が来ないことが挙げられる。しかし,日本の場合は風車,水車はつねに過酷な気象条件にさらされる。

2013年に発生した曳航中の"skwid"が水車を紛失した事件について,過去記事で

「今回の事件は設置前の回航中に発生したものだが,設置できたとしても同じようなリスクがあるだろう。

と述べたが,あたかも予言したかのような結果となった。

洋上風力発電-次世代エネルギーの切り札- (B&Tブックス)洋上風力発電-次世代エネルギーの切り札- (B&Tブックス)
岩本 晃一

日刊工業新聞社 2012-12-19
売り上げランキング : 224970

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
風車工学入門―基礎理論から風力発電技術まで風車工学入門―基礎理論から風力発電技術まで
牛山 泉

森北出版 2002-08
売り上げランキング : 251701

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 古色蒼然『岩波講座 日本歴史』 | トップページ | 「江戸しぐさ」は都市伝説の類との話(続報) »

アカデミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/60936804

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初の浮体式潮流・風力ハイブリッド発電 (skwid),悪天候で沈没:

« 古色蒼然『岩波講座 日本歴史』 | トップページ | 「江戸しぐさ」は都市伝説の類との話(続報) »