« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014.12.31

天然ゴム生産量世界一の国は?

答えはタイである。第2位はインドネシア。

国際連合食糧農業機関(FAO)のデータ(FAOSTAT)によれば,2012年の天然ゴム生産量上位10か国は次の表のようになっている。

2012年のトップ10 生産量[t] シェア[%]
Thailand 3500000 30.6
Indonesia 3040400 26.6
Malaysia 970000 8.5
Viet Nam 863773 7.5
India 805000 7.0
China 780000 6.8
Cote d'Ivoire 256000 2.2
Brazil 177100 1.5
Philippines 164200 1.4
Myanmar 152000 1.3
World 11445176 100

つまり,タイとインドネシアが二強で,この2か国だけで世界の半分以上の天然ゴムを生産している。天然ゴムは合成ゴムよりも耐久性や熱物性が良く,タイヤの材料として欠かせないものである。

東南アジア各国では第二次産業の付加価値生産額が第一次産業を上回っている。しかし,東南アジア各国が生み出す一次産品は,世界の産業にとって以前にも増して重要である。そういうことを加納啓良『「資源大国」東南アジア』は伝えている。

【図説】「資源大国」東南アジア 世界経済を支える「光と陰」の歴史 (歴史新書y)【図説】「資源大国」東南アジア 世界経済を支える「光と陰」の歴史 (歴史新書y)
加納 啓良

洋泉社 2014-11-06
売り上げランキング : 204725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小生は2007年頃にJICAの仕事でカンボジアの天然ゴムプランテーションに行ったことがあるが,カンボジアの2012年の天然ゴム生産量は43471トンで,タイやインドネシアの1パーセント強でしかない。

とはいえ,カンボジアの天然ゴムプランテーションは広大だった。タイやインドネシアの天然ゴム園がどのぐらい広いか,想像を絶する。


Dscn1197
カンボジアのゴム園(↑)

Dscn1230
ゴムの木から樹液を取る作業(タッピングと言う↑)


◆   ◆   ◆


今でこそタイとインドネシアが2強だが,今から30年ほど前はマレーシアが最強だった。次の表が示しているように,マレーシアだけで世界の40パーセント以上の天然ゴムを生産していた。

1980年のトップ10 生産量[t] シェア[%]
Malaysia 1530000 40.8
Indonesia 1020000 27.2
Thailand 465200 12.4
India 148400 4.0
Sri Lanka 133151 3.6
China 113000 3.0
Liberia 81400 2.2
Nigeria 45000 1.2
Viet Nam 41000 1.1
Brazil 27813 0.7
World 3748108 100.0

なぜ,この30年間の間にマレーシアの生産量が落ちて行ったのかというと,その答えは加納啓良『「資源大国」東南アジア』に記されている。マレーシアでは天然ゴムからアブラヤシ(パーム油を採取する)への植え替えが進展したからである。

植えてからラテックスの採液を始めるまでに約五年間を要するゴムに比べ,アブラヤシは植えてから二年余りで収穫が可能になる。そのうえ,収穫に要する労働時間も少ないので,もともと人口が少なくて労働力不足のマレーシアでは,アブラヤシに乗り換えるほうがずっと有利だったからである。(『「資源大国」東南アジア』134頁)

アブラヤシ(果実)の生産量に関しては,インドネシアとマレーシアが2強で,この2か国で世界の8割以上を生産している。マレーシア一か国で全アフリカ合計の4倍ぐらい。


というわけで今年最後のブログ更新。皆様良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.30

今年の大納会には「マッサン」のエリーが来るよ

ニュースというほどでもないが,今日開かれる東京証券取引所の2014年大納会にはNHK連続テレビ小説「マッサン」のエリーを演じているシャーロット・ケイト・ フォックス(Charlotte Kate Fox)さんが来るそうだ:

2014年大納会・2015年大発会の開催について」(東京証券取引所,2014年12月26日)

大納会の開催日時は:

2014年12月30日(火) 午後3時00分~3時20分

日本取引所グループの斉藤 惇CEOがあいさつした後,エリーことシャーロット・ケイト・ フォックスとJPX起業体験プログラムの優勝者が打鐘,そして東京証券取引所の土本清幸取締役常務執行役員が手締めの発声,という次第だそうだ。

ちなみに2015年1月5日に開催される大発会のゲストは「おれたちの太郎」こと麻生太郎副総理である。

どうでもいいけど,「マッサン」のオープニング曲のさびの部分「麦は泣き 麦は咲き」って,ロシア国家の冒頭に似ているような気がしません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.29

【第二次逆オイルショック】2015年の原油価格見通し/まだまだ値下がりする?

だいぶ前,2009年6月に本ブログで米エネルギー省の原油価格の見通しを紹介した(「【世界エネルギー見通し】2015年には1バレル110ドルに【米国エネルギー省】」)。

諸行無常というか,昨今の原油価格下落によって,この見通しは見事に外れることになった模様である。

2014年6月までは原油1バレルあたり100ドル超(WTI価格)だったことから,そのまま順調にいけば2015年に1バレル110ドルというのは妥当な予測だった。

しかし,その後,石油価格はみるみる下落し,2014年12月19日には55.89ドル/バレルに達している。

おかげさまで,というか,宇部のガソリンスタンドでは現在レギュラーガソリンが130円/リッターまで下がっており,スタグフレーションに苦しんでいる生活者への助け舟となっている。

とはいえ,石油価格の下落は省エネ・再エネ機運を損ない,エコカーや再生可能エネルギーの開発・普及に対しては悪影響を及ぼす。

結局のところ,石油価格下落というのは功罪両面を持つ「逆オイルショック」である。


◆   ◆   ◆


1986年の「逆オイルショック」

逆オイルショック」は今回が初ではなく,今から28年前にも起こっていた。1986年1月から始まった「逆オイルショック」がそれである。ここでは1986年のものを「第一次逆オイルショック」と呼ぼうと思う。そして今回の石油価格下落を「第二次逆オイルショック」と呼ぶことにしたい。

下に示すのが,1960年から現在にいたる国際原油価格の推移である。なお,途中までアラビアンライト(サウジアラビア産の軽質原油)の価格を表示しているが,途中からWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)に切り替えている。両者の間には差があるが,おおまかな国際原油価格の推移を把握するためにはこの切り替えは問題ない。

Oilshock01_2
1960年から現在にいたる国際原油価格の推移(↑)


1973年および1978~1979年に第1次および第2次オイルショックが発生している。これは読者諸氏もご存じのことと思う。そのあと,1986年から石油価格の大幅な下落が生じている。これが「第1次逆オイルショック」である。

かつて教育社から「コモンセンス」という経済誌が出ていたのだが,同誌1986年7月号では「第3次オイルショック」としてこの「逆オイルショック」を取り上げていた。

Commonsense198607
「コモンセンス」1986年7月号の表紙(↑)

1986年以前は原油価格は28ドル前後で推移していた。第2次オイルショック以前は10ドル台だったことからすれば,この価格は比較的高い水準である。原油価格が高いので,米国内の油田や海底油田(イギリス・ノルウェーの共同開発による北海油田)のようなコスト高の油田でも商売としてやっていけた。

しかし,原油価格が10ドル台に下落するという「逆オイルショック」が発生したことにより,これらのコスト高油田は打撃を被った。打撃を被ったのは米英だけではない。石油輸出を数少ない外貨獲得としていたソ連やメキシコも打撃を受けた。

逆オイルショック」を仕掛けたのは誰かと言うと,OPECの盟主,サウジアラビアである。サウジアラビアをはじめとする中東諸国ももちろん原油安によって損失を被る。しかし,先に,コスト高油田が壊滅すれば,先進国の中東への石油依存度が高まる。いったんOPEC側が主導権を握れば,そのあとはOPECが石油市場を自由にコントロールできる,というわけである。


◆   ◆   ◆


2014年の「第二次逆オイルショック」

さて,今回の「第二次逆オイルショック」もまたサウジアラビアが仕掛けたものであると報道されている。巷間に伝えられている「第二次逆オイルショック」の主目的は「米国のシェールガス産業潰し」である。

しかし本当にサウジアラビアが目的としているのは別のことだという説もある。それは,「ロシアとイランの経済に打撃を与える」ことだ,という説である。

サウジアラビアがなぜロシアとイランとを目の敵にするのかというと,ロシアとイランがシリアのアサド政権を支援しているからである。

バッシャール・アル=アサド大統領はイスラム教アラウィー派であり,大まかに言えばイランの国教である十二イマーム派と同じシーア派に属する。

ロシアはソ連時代からシリアと密接な関係を保っている。ロシアが軍事基地をシリアのタルトス港に持っていることは良く知られている。

ロシアとイランとがアサド政権を支援しているのに対し,サウジアラビアはシリアの反体制派の一つ,自由シリア軍(FSA)を支援している。自由シリア軍にはスンニ派勢力が含まれている。サウジアラビアの国教はワッハーブ派であり,宗派としてはスンナ派に属する。シリアに親スンニ派政権を誕生させることがサウジアラビアの悲願である。

原油価格下落がイラン経済にどのような影響を与えているのかについては,寡聞にしてよくわからないが,ロシア経済への影響は明確である。そもそもウクライナ問題以来,欧米の経済制裁によって,ロシアは弱っていたのだが,原油価格下落はさらにロシアを窮地に追い込んだ。サウジアラビアはスイング・プロデューサー(生産調整者)としての影響力をいかんなく発揮し,ロシアに大打撃を与えた。

サウジアラビアにとって米国は仇敵ではないため,米国のシェールガス産業を圧迫しつつも破壊しない程度の価格調整を行い続けるのではないかと言う話もある。


◆   ◆   ◆


2015年の原油価格見通し

先に米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)のレポート"Short‐Term Energy Outlook December 2014"による2015年の原油価格見通しを述べておこう。

EIAの現時点の見通しによれば,ブレント原油価格は,2015年3月~5月までに63ドル/バレルに下落した後上昇に転じ,2015年第4四半期には73ドル/バレル程度になるだろうということだ。

また,WTIに関して言えば,2015年には63ドル/バレルになるだろうとも,2015年3月には95%信頼区間が51~89ドル/バレルになるだろうとも述べている。


こうした公的機関による予測に対し,小生などは過去との比較,つまり1986年の「第一次逆オイルショック」との比較から単純に予測を立てている。

下の図は1986年1月~12月および2014年1月~12月の毎週のWTIの値の推移を示したものである。

Oilshock02_2
1986年1月~12月および2014年1月~12月のWTIの推移(↑)

1986年の「第一次逆オイルショック」の際,原油価格は25.99ドル/バレル(1月10日)から11.13ドル/バレル(7月11日)まで下落した。57.2%の下落である。

2014年の「第二次逆オイルショック」の場合,原油価格は107.23ドル/バレル(6月20日)から55.89ドル/バレル(12月19日)まで下落した。47.9%の下落である。

小生が最近凝っている,統計や予測の本から学んだことは,歴史を振り返るということである。「第二次逆オイルショック」でも「第一次逆オイルショック」の規模の原油価格下落が起きてもおかしくない。47.9%の下落ではまだ不十分で,50%台後半まで下落する可能性がある。「第一次逆オイルショック」を踏まえれば,2015年の原油価格は43ドル/バレル(60%下落)~54ドル/バレル(50%下落)といったところではないだろうか? プーチン大統領などは40ドル台まで落ち込むことを覚悟している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.28

エアアジア機行方不明の件

英国ガーディアン紙によると、スラバヤからシンガポールに向かっていたエアアジアQZ8501便が行方不明になったとのこと。

"Indonesia to Singapore AirAsia flight missing"(the guardian)

【2014年12月28日23時追記】

インドネシア・ブリトゥン島で残骸を発見したという情報が入ってきている。

ブリトゥン島はシンガポールとスラバヤを結んだ線の中間点にあたる。

QZ8501便の機体はA320-200。搭乗者は,乗客155名,乗員7名の計162名だったという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.26

【お前は人形の気持ちを考えたことはあるのか!?】日本エレキテル連合のネタは東京ゲゲゲイのダンスに昇華した

2014年流行語大賞(ユーキャン新語流行語大賞・年間大賞)には日本エレキテル連合「ダメよ~ダメダメ」が輝いたわけである。

多忙すぎて,志村けんに敬意を表して住んでいるという東村山のアジトにも戻れない日々が続いているという。

未亡人朱美ちゃんシリーズ」は数ある日本エレキテル連合のネタの中で,奇跡的にテレビで放映可能なものである。残りのネタはテレビに出せないものばかりだ。テレビしか見ない人々にとっては「未亡人朱美ちゃんシリーズ」が最初で最後の日本エレキテル連合のネタとなる可能性はある。そういう意味では一発屋となるだろう。

一発屋となる可能性はあるものの,いくつかの点で過去の一発屋達と一線を画している部分があると思う。

まず,子供たちの反応の良さ。子供は親たちが嫌う危ないネタに敏感だ。親が嫌がるほどそのネタに執着する。近年,レジェンドと言うよりもリビングデッドと化してきた加藤茶の「ちょっとだけよ」と同様,子供が「あれ何?」と聞いた場合に親が答えられない,そういう危険な要素が「未亡人朱美ちゃんシリーズ」にはある。「仮出所妻」なんて言葉も子供には説明できない。

母親たちやフェミニストから反発があるというニュースも流れている(参考)が,そういう反応が無ければ日本エレキテル連合のギャグの価値はない。

もうひとつ。朱美ちゃん(橋本小雪)細貝さん(中野聡子)のメイク・動き・決め台詞のインパクトと切れの良さ。動きと決め台詞についてはサンプリング/リミックスしやすい長さであることも一つの理由となっているのであろう,「ダメよ~ダメダメ」は東京ゲゲゲイのダンスに結実した。



見ているうちに,テレビ放映された攻殻機動隊シリーズや「イノセンス」(押井守監督,2004年)を思いだした。

「人形の気持ちを考えたことがあるのか」(by バトー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.23

小路田泰直『卑弥呼と天皇制』を読む

久々に古代史と日本神話の話を書く。

8月に上梓された小路田泰直『卑弥呼と天皇制』を読んだが,刺激的で面白かった。近代史の専門家が古代史のタブーにチャレンジしている。

卑弥呼と天皇制 (歴史新書y)卑弥呼と天皇制 (歴史新書y)
小路田 泰直

洋泉社 2014-08-06
売り上げランキング : 429097

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

日本の古代史,特に卑弥呼が居たとされる3世紀ごろを専門とする人びとの間では『古事記』『日本書紀』を史料として扱うのを避けているふしがある。戦前・戦中に「記紀」があまりにも称揚され,古代史学がイデオロギッシュになってしまった反動だろう。

おかげ様で,今,学校で習う日本の歴史では,邪馬台国と大和朝廷の間のミッシングリンクが埋められないままとなっている。

しかし,日本人が自分たちのアイデンティティの拠り所として古代史に興味を持つのは当然のことである。2013年の古事記ブームはその一例である。

敗戦後の歴史学の呪縛を解き放ち,「記紀」を史料として読み直し,紀元前から8世紀までの日本史を構築しなおそうという野心的な試みが,この『卑弥呼と天皇制』という新書に高密度に詰まっている。

煮詰まりすぎて,本記事で全貌を紹介するのは無理である。一部だけ紹介することとする。


◆   ◆   ◆


邪馬台国の所在(笠井新也説)

この本のメインテーマは日本における世襲王制確立過程を示すことである。卑弥呼もそのプロセスの一部となっている。

邪馬台国の所在については延々と「邪馬台国論争」が繰り広げられているが,著者が依拠するのは笠井新也説(1922年)である。畿内説の一つであるが,魏の使節が瀬戸内海ではなく日本海を経由して大和に至ったとしているところに特色がある。

著者は交易ということに着目して,笠井新也説を補強している。古代から日本では日本海ルートと太平洋ルートという重要な海上交通ルートが存在する。この2つのルートが接点を持ちやすいのは畿内である。陸海の交通の要所だからこそ邪馬台国≒大和朝廷が畿内に根拠地を置いたわけである。

魏の使節が笠井新也説の通りに移動したとすると,日本海側から大和に抜けるのは大変なことのように思われる。しかし,著者によれば,丹後半島の付け根から由良川を遡上し,兵庫県丹波市氷上町石生(海抜95m)を経由して加古川を下れば,瀬戸内側に容易に到達できるという。そこから先は大和までは遠くない。そういえば松本健一『海岸線の歴史』でも,河川によって山中と海はつながっているという話が出ていた。

では,吉野ヶ里遺跡を初めとする,九州に存在する遺跡群はどう扱えばいいのか? これらについて著者は,邪馬台国のライバルである「狗奴国」の跡ではないかと考えている。詳しい根拠などについては本書を読んでいただくこととして,狗奴国の後継が熊襲だとすれば,畿内の邪馬台国(大和朝廷) vs 九州の狗奴国(熊襲)というすっきりした構図が完成する。こんなにわかりやすくていいのか?という疑問については後で述べる。


◆   ◆   ◆


卑弥呼は祖先崇拝の始祖

卑弥呼は鬼道によって人心を掌握したという。鬼道とは何かについては諸説あり,シャーマニズムだとする意見が多いが,本書では祖先崇拝だとしている。鬼とは中国語では亡霊を意味するからだ。

鬼道(祖先崇拝)以前の信仰は何かと言うと,自然崇拝である。自然崇拝から祖先崇拝への切り替えについて,著者は日本書紀の倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)のエピソードを示している。なお,倭迹迹日百襲姫は卑弥呼であるとする説がある(卑弥呼・倭迹迹日百襲媛命説)。

そのエピソードは簡単に言えば次の通りである:

崇神5年,疫病が蔓延した際,崇神天皇はそれまで信仰していた自然神である天照大神や倭大国魂ではなく,別の神に救いを求めた。そして皇女・倭迹迹日百襲姫に憑りついた大物主(おおものぬし)神を信仰することとした。大物主神の求めに応じ,大物主神の子孫である三輪氏が祭祀を執り行うこととなった。

大物主神は三輪氏の祖先神であった。これに倣う形で天皇家の祖先崇拝が始まるということである。ただし,この時点では天皇家に相応しい祖先神が居ない。そこで,倭迹迹日百襲姫=卑弥呼が何らかの名誉ある形で死を遂げ,祖先神となった。その祖先神・倭迹迹日百襲姫=卑弥呼の偉大さを示すのが,箸墓古墳だという。


◆   ◆   ◆


紀元前の大和国家

日本の古代史学者たちは,神武天皇の実在性について否定的である。神武天皇は紀元前660年に即位したとされているが,まさか縄文晩期か弥生時代に国家が存在するとは…ということであろう。

だが,著者は奈良盆地中央部にある唐古・鍵遺跡に注目している。ここは弥生時代前期(紀元前3世紀)から古墳時代後期(紀元後3世紀)まで数百年間営まれていた大集落である。

著者が引用する北條芳隆氏の説では,唐古・鍵遺跡では太陽信仰が行われていたようである。なおかつ唐古・鍵遺跡は大和盆地を日時計に見立てたときの中心に位置する。いわば宇宙の中心である。

日本書紀によれば,神武天皇は「六合の中心」に国家を建設することを意図して東征したという。「六合の中心」とは天地東西南北の6方向の中心であり,つまりは宇宙の中心である。紀元前に建設された唐古・鍵遺跡こそ神武天皇の都ではないのか,そして,太陽信仰という自然信仰が最初の王たちの信仰ではないか,というのが著者の指摘である。


◆   ◆   ◆


神武以来/紀元前から続く自然崇拝は倭迹迹日百襲姫=卑弥呼によって祖先崇拝に変わった。その後,垂仁天皇による祖先神と太陽神・天照大神の一体化,神功皇后・応神天皇母子による世襲王制確立,雄略天皇による神の内面化(高皇産霊神の登場),欽明天皇による仏教導入…というように天皇制を強化する努力が続く。そして天皇制強化の一連の動きの仕上げが8世紀の『古事記』『日本書紀』編纂である。

8世紀と言えば西ヨーロッパではカール大帝(シャルルマーニュ)によるフランク王国のキリスト教化,地中海世界ではウマイヤ朝によるイスラム教世界の拡大が行われていた時代である。ヨーロッパや中東と時をほぼ同じくして,近代につながる国家の基盤が形成されたという指摘は近代史家である著者ならではのものである。

初めに述べたように刺激的で面白い本だったが2点ほど難点がある。

一つはささいな話だが,著者撮影の神社や遺跡の写真の構図がイマイチだということ。社殿の屋根が途切れていたり,左右のバランスが崩れていたり。編集者がトリミングなどの後処理をしっかりやれば良かったのにと思った。小生もあまり偉そうなことが言えないが。

もう一つは古代のことを推測するのに,あまりにも合理的・論理的に推論を展開しているのではないかということ。著者は旧約聖書を引いて古代社会の論理を検討したりするのだが,この方法は適切だろうか?

以前(2011年5月13日),本ブログで「西郷信綱『古事記の世界』(岩波新書)を読む」という記事を書いたが,そこで紹介した西郷信綱のアプローチ手法はこのようなものだった(再掲):

現在の社会学や人類学ではフィールドワークを重んじ,対象とする社会に住み込んで観察することにより研究を進める。このフィールドワークの手法に影響を受けた著者(西郷信綱)は,いわば古事記の中に分け入って,古代人と感覚を共有することによって,古事記の世界を理解しようとする。

ギリシャや聖書に由来する神話概念を持ってきて古事記を解釈したり,考古学・歴史学の知識を以って合理的に解釈(これを著者(西郷信綱)は「自然主義」と呼んでいる)したりはしない,というのである。

著者(西郷信綱)は言う:

私の目ざすのは,古事記のなかに住みこむこと,そしてその本質を本文のふところにおいて読み解くことである(14ページ)


今述べたような西郷信綱のアプローチの仕方から見ると,本書のわかりやすすぎる論理展開はあまりにも合理的・現代的であるように思う。

というように2点ほど気になったとこはあったものの,本書の中で展開された,戦後古代史学の呪縛から離れ,「記紀」を史料として読み直そうとする試みは大いに評価できるものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.22

仏画を飾る

昨日,大掃除をしていたら仏画が出てきた。

かすかな記憶によれば,遥か昔,大阪花博のブータン館で購入したもの。

有り難い感じがするので,タペストリー棒を使って壁に飾ることにした。

Tara

チベット仏教についてはあまり詳しくないが,いろいろ調べてみると,この方は「ターラー(多羅菩薩)」らしい。

Tara2

wikipediaによれば,「観音菩薩の目から発せられる聖なる光から生まれた16歳の少女の姿の菩薩」だそうだ。

額,手のひら,足の裏に目があり,通常の両眼と合わせて合計7つの目によって慈悲を発するという。

別名,多羅仏母,救度仏母。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.21

網走地ビール「ハマナスドラフト」を飲む

先月の初めに宇部の井筒屋で北海道物産展があった(参考)。

そこで「網走地ビール」を2種類買ってみたのだが,そのうち,「流氷ドラフト(↓)」だけ飲んで,「ハマナスドラフト」は冷蔵庫に置いたままだった。

Hokkaidoten20141101abashiriokhotskb

そこで今日は「ハマナスドラフト」を飲んでみた:

Dsc_3084

ハマナスの果実を使っているということで,フルーティな味わい。苦味をほとんど感じずめちゃめちゃ飲みやすい。

ビールではありません。発泡酒です。

アマゾンでも網走地ビールを扱っていて,全6種詰め合わせセットには「ハマナスドラフト」も「流氷ドラフト」も入っている。網走監獄をイメージした「監極(かんごく)の黒」などという黒ビールもある。

網走ビール全6種詰合せ 北海道産 地ビール
網走ビール全6種詰合せ 北海道産 地ビール
網走ビール株式会社
売り上げランキング : 1372


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.20

プジョー山口でプジョーRCZ型マウスをもらった

うちのプジョー307の定期点検のため,プジョー山口に行ったとき,お土産としてRCZ型マウスをもらった。

最初はミニカーもらったと思ったのだが,マウスでした。

パソコンにつないだところ(↓)

Peugeotrczmouse02

テールライトが点いている!
もちろんヘッドライトも点いている(↓)

Peugeotrczmouse01

クリックカープロダクトという会社が作っているらしい。

使いこんだら塗装が剥げるだろうというのが唯一の懸念。


調べたら,無線式のマウスもあるようで:

クリックカーマウス マセラッティー 光学式 2.4GHz帯 無線式 車型マウス シルバー 充電タイプ 660097クリックカーマウス マセラッティー 光学式 2.4GHz帯 無線式 車型マウス シルバー 充電タイプ 660097

Click car products
売り上げランキング : 48796

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.14

悪夢のような映画『エスケイプ・フロム・トゥモロー』("ESCAPE FROM TOMORROW")を見てきた

サンダンス映画祭で問題作として話題となったブラック・ファンタジー,『エスケイプ・フロム・トゥモロー』(監督・脚本:ランディ・ムーア)を見てきた。YCAMで。

家族と一緒にディ○ニーランドを訪れた中年男が,妄想と現実の混じり合った悪夢のような時空間を彷徨う話。

シュールで悪夢のような映像はフェリーニの作品群を髣髴とさせる一方,終盤は『シャイニング』(スタンリー・キューブリック監督・ジャック・ニコルソン主演)を思い起させる。これはランディ・ムーアによるフェリーニとかキューブリックへのオマージュなのだろうか?

といっても小難しい内容ではなく,登場人物の真剣さが反って滑稽で,思わず吹き出しそうな可笑しさが全編に見られる。

公式サイトはこちら

ディズ○ー社に怒られるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.13

コーヒー生産量世界一の国はブラジル。では第2位は?

答えはベトナムである。

Dsc09606
Photo by bhjoco

最近やたらにコーヒーを飲む割には,コーヒーの世界情勢に無頓着だったのだが,先日上梓された加納啓良『「資源大国」東南アジア』を読んで,ベトナムがコーヒーの世界で台頭していることを知った。

【図説】「資源大国」東南アジア 世界経済を支える「光と陰」の歴史 (歴史新書y)【図説】「資源大国」東南アジア 世界経済を支える「光と陰」の歴史 (歴史新書y)
加納 啓良

洋泉社 2014-11-06
売り上げランキング : 204725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東南アジア各国,とくにタイ,インドネシア,マレーシア,フィリピンといった国々ではすでに第二次産業の付加価値生産額が第一次産業を上回り,工業化が進んでいるのだが,それでもなお,これらの国々から輸出される一次産品は世界経済を支えている。

東南アジアで生み出される,コーヒー,茶,砂糖,米,天然ゴムといった一次産品の歴史と現状を紹介するのが,本書,『「資源大国」東南アジア』である。

著者はアジ研出身のインドネシアの専門家である。

第1章ではコーヒーと茶が取り上げられているが,コーヒーに関する記述が大半を占める。

日本人は20世紀初頭には年間一人当たり数グラムのコーヒーしか消費していなかったのだが,いまや欧米人並みに年間一人当たり3.29kgものコーヒーを消費するようになっている。コーヒーの消費拡大は日本だけの話ではなく,世界中で起こっている現象である。

19世紀ごろはインドネシアが世界のコーヒー生産の一翼を支えていた。しかし,1890年代にインドネシアでさび病が流行し,当時の主力品種であったアラビカ種は壊滅。また,中南米でのコーヒー生産が始まり,中南米が世界の中心となった。

第一次世界大戦後,インドネシアでは病気に強いロブスタ種(ロブスタはrobust,つまり強靭の意味)が栽培されるようになりコーヒー生産が復活。独立後も生産量を伸ばし,コーヒー大国の地位を占めるようになった。

昨今急激に生産量を伸ばしているのがベトナムである。ベトナムは今や世界第2位の生産国となった。

下に国際コーヒー機関による統計値(2013年の生産量)をグラフ化したものを示す。ここでは加盟国のうちの上位10か国を取り上げた:

Coffeeproduction

単位は1000袋(1袋は生豆60kg)。ブラジルの生産量が断トツだが,その6割ぐらいに匹敵する量をベトナムが生産している。その次がインドネシアで,さらにその次がコロンビアである。これら4傑で世界のコーヒー生産量の三分の二を占める。

地域別でいえば,今のところ,南米全体のコーヒー生産量は東南アジア全体のそれを上回っているが,もはやコーヒーといえば南米というイメージは過去のものとなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.12

ピジン語とその仲間:ピジン・イングリッシュ

オットー・イェスペルセンの"Language; its nature, development, and origin"(岩波からは三宅鴻による翻訳書が上巻だけ出版されている。英語版の電子版はこちら)の第12章「ピジン語とその仲間 "Pidgin and Congeners"」の続きを読む。今回取り上げるのは「ピジン・イングリッシュ」。

744pxchina_qing_dynasty_flag_1889_s

イェスペルセンによると,ピジン・イングリッシュは主として中国において,そしていくらかは日本やカリフォルニアにおいて,英語を話す西洋人とアジア人との間の意思疎通のために使用されているという。まあ,本書が出版されたのは1922年だから,あくまでも当時の話である。

イェスペルセンによれば,「ピジン (pidgin)」というのは"busines"の訛りである。つまり「ビジネス英語」なのである。英国と中国の貿易が始まった頃から形成された。18世紀半ばに書かれた書物の中ですでにピジン・イングリッシュについての記述があるという。

イェスペルセンは,ピジン・イングリッシュについてビーチラマール語ほど十分な情報を持っていないということをことわった上で,簡潔にピジン・イングリッシュの解説を行っている。以下はその概略である。


ピジン・イングリッシュの例

He no cari Chinaman's Joss, hap oter Joss. (ピジン・イングリッシュ) -> He does not worship Chinese god, but has another god. (英語)

"Joss"は"god"の意味だが,語源はポルトガル語の"Deus"あるいは"Deos"らしい。"Joss-house"と言えば「教会」のことを指す。"Joss-pidgin"は「宗教」のこと。そして,"Joss-pidgin man"は「聖職者」のこと。

敬意を示す時には"chin-chin"と言う(「請請<チンチン>」のことだろう)。"Chin-chin Joss"と言えば,「神に祈る」という意味になる。

ピジン・イングリッシュの単語の中には由来不明のものもあり,そういった単語を英国人は中国語由来と考え,中国人は英語由来と考える。

だが,従来由来不明と考えられていたピジン・イングリッシュの単語の中には語源が明らかになったものもある。

"chit"や"chitty"というピジン・イングリッシュの単語は「手紙」や「明細書」を意味するが,語源はヒンドゥスターニー語の"chithi"である。

「倉庫」を意味する"godown"はマレー語の"gadong"であり,さらにその語源はタミル語の"gidangi"である。

「貯蔵品」を意味する"chowchow"は中国語由来だと考えられているが,食料一般の意味にも用いられている。"chowchow shop"と言えば「雑貨屋」のことである。

中国語で個数を表す時,「個<ガ>」を使う必要があるが,ピジン・イングリッシュではこれを"piecee"で表す。本書でははっきり書いていないが,英語の"piece"に由来するだろう。

「2つの煙突と3本のマストを持つ蒸気船 (a three masted screw steamer with two funnels)」をピジン・イングリッシュでは

"thlee piecee bamboo, two piecee puff-puff, walk-along inside, no can see"

と表現する。最後の"no can see"が意味不明だが,"bamboo"が「マスト」を,"puff-puff"が「煙突」を,"walk-along"が「蒸気機関」を表す。


ピジン・イングリッシュの発音

上の文例で"thlee"が"three"を表していることでわかるように,"r"であるべきところに"l"の発音が用いられる。このあたり,日本人を含むアジア人の多くが"r"と"l"の発音の区別を苦手とすることを反映している。

ピジン・イングリッシュで"loom, all light"といえば,"room, all right"の意味である。


ピジン・イングリッシュにおける"belong"

ビーチラマール語では属格(所有格)の代わりに"belong"が使用された。ピジン・イングリッシュにも"belong"が登場するが,使い方は異なる。

  • "My belongy Consoo boy." (ピジン・イングリッシュ) → "I am the Consul's servant." (英語)
  • "You belong clever inside." (ピジン・イングリッシュ) → "You are intelligent." (英語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.11

ピジン語とその仲間:ビーチラマール語

Dictionary
(Photo by jdurham, morguefile.com)

この秋,何回か『文法の原理』を取り上げた(参照)が,その著者オットー・イェスペルセン『言語―その本質・発達・起源』(原題:"Language; its nature, development, and origin")という本を書いている。

日本では三宅鴻(故人)による翻訳書が岩波書店から出ているのだが,実は上下巻のうち下巻は未刊行のままである。

言語 上―その本質・発達・起源 (岩波文庫 青 657-1)言語 上―その本質・発達・起源 (岩波文庫 青 657-1)
オットー・イェスペルセン 三宅 鴻

岩波書店 1981-04-16
売り上げランキング : 105121

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本の中で小生が興味があるのは「ピジン言語」に関するイェスペルセンの見解である。しかし,その部分は下巻に含まれており,三宅訳で読むことができない。

なので,やむを得ず,原書で読むことにした。

幸いにも原書は電子図書館(California Digital Library)に収められている:

Language; its nature, development and origin ([1922])

ピジン語とその仲間について書かれているのは第12章(原著216~236頁)である。今日はバヌアツやパプア・ニューギニアで用いられている「ビーチラマール語 (Beach-la-Mar)」,別名「サンダルウッド英語」について取り上げてみる。


ビーチラマール語の語彙

この言語は様々な土地から集められ,プランテーションで働かされた奴隷たちがコミュニケーションを図るために英語をベースに作った言葉である。

語彙は英語,あるいは英語だと思いこまれている言葉から成る。

英語だと思いこまれている言葉としては,「トマホーク(小さい斧,ネイティブアメリカンの言葉)」,「タブー(禁忌をあらわすマオリ族の言葉,タプに由来)」,「カイカイ(食べ物や食事をあらわすマオリ族の言葉)」などがある。

英語に由来する言葉だが意味が変わってしまったものとしてはこんなものがある:

  • nusipepa: newspaperに由来。手紙や印刷物など,文書一般のこと
  • pisupo: pea soupに由来。缶詰食材のこと
  • mary: 女性の名前に由来。女性一般を指す
  • bullamacaw, pulumakau: bull and cowに由来。家畜,牛肉,缶詰の牛肉を指す


ビーチラマール語の描写的表現

語彙が限られているので西洋人が一言で済ませるような事物をぎこちない言い方で表現する。

例えば,楽器のピアノをどう表現するかというとこんな感じである:

big fellow bokus you fight him he cry (叩くと叫ぶ大きい箱)

ちなみにbokusはboxのことである。

妊婦はこのように表現される:

woman he got faminil inside (家族を体内に得た女性)
ここでfaminilはfamilyのこと。


ビーチラマール語では精神的な働きをinsideという言葉で表現する。

  • be statled (英語:びっくりする) → jump inside (ビーチラマール語)
  • know (英語:知る) → feel inside (ビーチラマール語)
  • consider (英語:よく考える) → inside tell himself (ビーチラマール語)


ビーチラマール語の文法

印欧語に見られる屈折はこの言語では見られない。また複数形は無い。例外的にmenという表現は使われるが。

複数を表現するためにallを使う。

all he talk (ビーチラマール語) → they say (英語)


印欧語の属格(所有格)はbelongで表現される。

that woman he brother belong me (ビーチラマール語) → she is my sister (英語)

womanに対してheを使っていることからわかるように,性別は無視(そういえば,ラオスやインドネシアでも女性を指してheという言い方をする人たちがいたなぁ)。

大工道具の「のこぎり」なんか,belongを使ってこんな風に表現される:

brother belong tomahawk, he come he go (ビーチラマール語:トマホークの兄弟,行ったり来たりする)


動詞に時制がないので,未来形や現在進行形は"by and by"もしくは"bymby"で表す。

brother belong-a-me by and by he dead (ビーチラマール語) → my brother is dying (英語)

過去形は"been"や"finish"で表す。

ここまでの文法を用いて「彼は禿げている」というのをビーチラマール語で表すとこうなる:

grass belong head belong him all he die finish (彼の頭の草は死んだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.10

毅然と死す

昨日,ブッツァーティ『タタール人の砂漠』(岩波文庫)について記事を書いたが,何よりも感動的だったのは,死に臨むドローゴの姿だった。

死は恐ろしい。迫りくる死に対応する方法はあるだろうか。

およそ8年前の2006年にそういう記事を書いたことがある(「死を覚えよ(1) 良く死ぬことは可能か?」2006年2月21日)。その後もいろいろ考察したものの,納得できるような答えは見つからないままである。

では別の問い。

毅然として死ぬことは可能だろうか?

ブッツァーティ『タタール人の砂漠』の最終章におけるドローゴの臨終の場面を読みながら思い出したのが,中井久夫『時のしずく』(みすず書房)に収められた「安克昌先生を悼む」という素晴らしい弔辞だった。

時のしずく時のしずく
中井 久夫

みすず書房 2005-04-21
売り上げランキング : 139234

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

精神科医であり,翻訳家であり,エッセイストである中井久夫が,2000年に40歳で亡くなった安克昌という精神科医の葬儀の際に述べた弔辞である。

この文の中では安克昌が毅然として逝った様子が述べられている。

二日間の意識混濁ののち,きみは全身体をつっぱらせて全身の力をあつめた。血圧は170に達したという。そして,何かを語ってから,「行くで,行くで,行くで,行くで」と数十回繰り返して,毅然として,再びは帰らぬブラックホールの中に歩み行った。きみの死は素敵だった。きみが好んだことばのようにワンダフルだった。しかし,きみの人生はもっとワンダフルだった。(中井久夫『時のしずく』285ページ)

安克昌の母親は涙をぬぐいながら「あんな素敵な死は見たことがありません」と述べたそうだ。


毅然として死んでいった人がいたことは確かである。

心の傷を癒すということ (角川ソフィア文庫)心の傷を癒すということ (角川ソフィア文庫)
安 克昌

角川書店 2001-12
売り上げランキング : 98517

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.12.09

ブッツァーティ『タタール人の砂漠』を読む

先日,インドネシアに出張したのだが,その旅のお供に持っていった本がブッツァーティ『タタール人の砂漠』(岩波文庫)である。

以前,岩波のブックカバーを入手した話を書いた時に紹介したが(参照),ちゃんと読んだのは今回が初である。

インドネシア出張時には読み切れなかったが,昨日,東京出張の際に読み切ることができた。

タタール人の砂漠 (岩波文庫)タタール人の砂漠 (岩波文庫)
ブッツァーティ 脇 功

岩波書店 2013-04-17
売り上げランキング : 93748

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


とある国の若き将校,ジョヴァンニ・ドローゴ中尉は,初任地としてバスティアーニ砦に派遣される。バスティアーニ砦は北の国境に位置し,砦のむこうには「タタール人の砂漠」と呼ばれる広大な砂漠が広がっている。ドローゴ中尉とその上司・同僚・兵士たちはいつか現れるかもしれない敵に備えながら,同時に敵の襲来を期待しながら,変化のない毎日を延々と過ごしている。

ドローゴは一時的に故郷に戻ることもあったが,故郷での生活に馴染めなくなってしまい,また同時に敵と戦うという英雄的な願望を捨てられなくなってしまい,結局,三十年余りの日々を砦で過ごすこととなる。彼の青春は無為に消費されてしまった。

そして,軍人としてのキャリアの最後になって待ちに待った敵が襲来するのだが,肝心のこの時,ドローゴは重い病に侵されており,砦から遠ざけられてしまう…。


先日紹介した『ブラック・スワン』の著者ナシームはこの物語がとても気に入っているようで,同書では,「ブラック・スワン/黒い白鳥」を待ちわびて人生を浪費してしまった人物としてドローゴが紹介されている。


だが,小生はこの物語を単に人生を浪費した話だとは思っていない。

待ち望んでいた北の敵との戦いからも遠ざけられたドローゴは,だれにも邪魔されない自分自身の最後にして最大の戦いとして死に立ち向かう。これを描いた最終章29章は非常に感動的である。

『タタール人の砂漠』は人生の皮肉,生の矛盾を描いた物語ともいえるが,希望や誇り,そしてまた,死の肯定的意義を最後の最後に描き出した物語であるともいえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.03

バンドンに来ております

シンガポールを経て,現在,バンドンに来ております。

バンドンには一応,国際空港がある。前にも紹介したが(参照),「バンダラ・フセイン・サストラヌガラ」という。

Bandarahuseinsastranegara

ご覧のとおり,ターミナルがとても小さい空港で,ある人曰く,「家みたいなところに着いた」

ターミナルから滑走路上を歩いて飛行機に乗り降りするというのも乙なものである。

とはいえ,ちゃんと入国審査は行われているし,小さめの飛行機が多いとはいえ,ガルーダやエア・アジアやライオンやシルクなど各航空会社の飛行機が乗り入れている。

Bandarahuseinsastranegara02

バンドンと言えば,日本人にはバンドン会議しかなじみがないが,インドネシアで4番目,ジャワ島では3番目の大都市である。バンドン工科大学(ITB: Institut Teknologi Bandung)という名門校のほか,いくつもの大学が存在する学園都市でもある。

バンドン会議と日本のアジア復帰―アメリカとアジアの狭間でバンドン会議と日本のアジア復帰―アメリカとアジアの狭間で
宮城 大蔵

草思社 2001-01
売り上げランキング : 438307

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »