« 英語に格はいくつあるか? | トップページ | 今,ソニー株が熱い »

2014.09.17

過去形とは現状の否定である

220pxflag_of_the_united_kingdomsv_2

イェスペルセン『文法の原理』をだらだらと読み進めているが,いよいよ終焉に差し掛かっている。


文法の原理〈下〉 (岩波文庫)文法の原理〈下〉 (岩波文庫)
イェスペルセン Otto Jespersen

岩波書店 2006-07-20
売り上げランキング : 93950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


下巻では時制,話法,否定形などが扱われているが,過去時制について面白い記述があった。

過去時制は過去のことに関する叙述に用いられるのが普通だが,願望を表す時や条件節にも用いられる。

下巻44ページの例を示すとこのようになる:

  • At that time he had money enough. (当時,かれは金をたっぷりもっていた)
  • I wish he had money enough. (かれに金がたっぷりあればいいのだが)
  • If he had money enough (もしかれが金をたっぷりもっているなら)

イェスペルセンはこれらの文(単純過去,願望,条件節)についてこのように言う:

「これらの文は,おのおの独自の仕方で,
  • He has money enough. (かれは金をたっぷりもっている)

と対立しているのだ。」(イェスペルセン『文法の原理』下巻44ページ)

つまり,過去形で語るということは,「現在,そうでない」ということを述べていることと同じなのである。

|

« 英語に格はいくつあるか? | トップページ | 今,ソニー株が熱い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/60327770

この記事へのトラックバック一覧です: 過去形とは現状の否定である:

« 英語に格はいくつあるか? | トップページ | 今,ソニー株が熱い »