« 『文法の原理』:否定表現の揺れ | トップページ | 黒木奈々キャスター胃がん闘病,宮沢りえ母(りえママ)肝腫瘍で逝去 »

2014.09.23

語形変化の単純化:英語も日本語も

このあいだまでイェスペルセン『文法の原理』を読んでいたが,その余勢を駆ってブラッドリ『英語発達小史』を読んでいる。

Dictionary
(Photo by jdurham, morguefile.com)

ブラッドリは英語学者でありOEDの編纂者である。イェスペルセンの生没年は1860~1943年,ブラッドリのそれは1845~1923年であるから,イェスペルセンの少し先輩にあたる。

英語発達小史 (岩波文庫 青 659-1)英語発達小史 (岩波文庫 青 659-1)
H・ブラッドリ 寺澤 芳雄

岩波書店 1982-05-16
売り上げランキング : 384494

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
『英語発達小史』の第2章は「英語文法組織の成立」である。英語に限らず,屈折語の多くでは語形変化(つまり屈折)が単純化の一途をたどっていることが述べられている。

ブラッドリは語形変化の主たる原因として「音声変化」と「民族の混淆」を挙げている。

英語では名詞の語尾変化が無くなり,複数形の"s",属格の"'s"だけが残った。もちろん例外はあり,"tooth" -> "teeth"や"ox" -> "oxen"のようなものは残っている。

『英語発達小史』ではあまり詳しく述べられていないが,動詞も中英語期以降,単純化が進む(参考:English History「文法的な変化」)。

こうした語形変化の単純化の一方で,名詞の形容詞的活用や助動詞の拡大用法など,あらたな文法上の仕組み(ブラッドリは「新素材」と呼んでいる)が登場し,英語の発達を助けた。


さて,語形変化の単純化は日本語でも起こっている。このあたりはWikipedia「日本語」の「文法史」が詳しい。

日本語の動詞における語形変化を「活用」という。日本語の動詞の活用形は「未然形」,「連用形」,「終止形」,「連体形」,「仮定形(已然系)」,「命令形」の6つである。これは今も昔も変わっていない。しかし,活用の種類は平安時代には9種類あったが,現在では5種類に減少している。形容詞の活用は平安時代には2種類あったが,現在では1種類だけである。

もちろん英語と同じように,単純化だけではなく,表現を豊かにする「新素材」も登場している。可能動詞や受身表現がそれである。

|

« 『文法の原理』:否定表現の揺れ | トップページ | 黒木奈々キャスター胃がん闘病,宮沢りえ母(りえママ)肝腫瘍で逝去 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/60364731

この記事へのトラックバック一覧です: 語形変化の単純化:英語も日本語も:

« 『文法の原理』:否定表現の揺れ | トップページ | 黒木奈々キャスター胃がん闘病,宮沢りえ母(りえママ)肝腫瘍で逝去 »