« 【キュレーション】今週の注目記事(2014年6月第2週) | トップページ | (続)さよなら人類――13歳の少年を模した人工知能がチューリングテストを通過 »

2014.06.09

【英国国家統計局】地下経済もGDPに

Moneypound
(Photo by mervynjenkins)

先月末の英・ガーディアン紙によれば,英国国家統計局 (ONS) がドラッグや売春などの地下経済もGDPに加算することにしたらしい:

"Drugs and prostitution to be included in UK national accounts" (by Angela Monaghan, theguardian.com, May 29, 2014)

Contribution of drug dealers and prostitutes to the UK economy boosted figures by £10bn according to estimates

ONSの見積もりによれば,地下経済の規模は農業と同程度で,出版業界よりやや小さいぐらいとのこと。

2009年の地下経済は97億ポンド。そのうち売春が53億ポンド,麻薬などのドラッグ売買が44億ポンドだという。地下経済のGDP比は0.7%ということである。

ヨーロッパ各国の統計でも地下経済の加算の動きがあり,その辺の情報は産経新聞が取り上げている:

『麻薬、売春』でGDPかさ上げ 伊・英が地下経済を統計に加算 “やくざ経済”で日本も!?」(2014年6月9日,産経新聞)

この動きが世界に広まれば,ある年を境に,統計上の経済成長が世界各国で見られるかも。

|

« 【キュレーション】今週の注目記事(2014年6月第2週) | トップページ | (続)さよなら人類――13歳の少年を模した人工知能がチューリングテストを通過 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【英国国家統計局】地下経済もGDPに:

« 【キュレーション】今週の注目記事(2014年6月第2週) | トップページ | (続)さよなら人類――13歳の少年を模した人工知能がチューリングテストを通過 »