« カンボジア・コンポントム州,中田厚仁氏殺害から21年 | トップページ | 研究倫理は倫理。法律ではないから裁けない:先進理工学研究科・疑惑の博士論文には多分お咎め無し »

2014.04.08

「CNN:ココアノミクス」:チョコレートの需給,コスト構造についてのわかりやすいスライド集

CNN.co.jpのサイトでこういうページを見つけた:

ココアノミクス――チョコレート産業の包みの中は?

チョコレート産業は11兆円の市場規模を持つ巨大産業である。しかし,コスト構造を見ると,小売部門が43%,製造部門が20%,マーケティング部門が10%を占めていて,カカオ農家が手にするのは3%にすぎないとのこと。

File0001241908641
(by Alvimann)

どこかで似た話を聞いたと思ったら,コーヒー産業がそうだった。あれもコーヒー農家が手にする金はわずかだという話だった。

だからと言って製造・マーケティング・小売り部門といった下流部門が利益を収奪しているというわけでもない。

最近では,フェアトレードとか新たな取り組みがあるが,世界市場に影響を与えるほどではない。

タイとかマレーシアのゴム農家なんかは毎日,ラジオでゴム取引価格をチェックして,売るか売らないかを決めて利益を得ている。

つまり,カカオの場合も情報化が,カカオ農家が貧困から脱するための第一歩なのではないかと思う。

|

« カンボジア・コンポントム州,中田厚仁氏殺害から21年 | トップページ | 研究倫理は倫理。法律ではないから裁けない:先進理工学研究科・疑惑の博士論文には多分お咎め無し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「CNN:ココアノミクス」:チョコレートの需給,コスト構造についてのわかりやすいスライド集:

« カンボジア・コンポントム州,中田厚仁氏殺害から21年 | トップページ | 研究倫理は倫理。法律ではないから裁けない:先進理工学研究科・疑惑の博士論文には多分お咎め無し »