« インドでは今日(4月7日)から総選挙が始まる:国民会議派大敗の可能性 | トップページ | カンボジア・コンポントム州,中田厚仁氏殺害から21年 »

2014.04.07

4月7日はアユタヤ王朝滅亡の日

4月7日はアユタヤ王朝滅亡の日である。正確には翌日までビルマ兵による殺戮や略奪が続いたので4月8日を滅亡の日としてもおかしくはない。

1765年,ビルマ・コンバウン王朝のシンビューシン王はアユタヤから見て北(ランナー),北西・西(テナセリム)から侵攻を開始した。第二次泰緬戦争の始まりである。このころのビルマ軍は強力だった。シャム(タイ)各地で抵抗があったものの,1766年には王都アユタヤを包囲した。

Burmesesiamese_war_17651767
ビルマ軍の侵攻ルート(Wikipedia

1767年3月下旬,ビルマ軍はアユタヤの城壁の下にトンネルを掘った。そして,4月7日午後4時,いくつかのトンネルを爆破し,城壁を倒壊させた。日暮れまでにビルマ軍はアユタヤ市内に突入し,シャムの守備兵を駆逐した。そのあとは殺戮と略奪の嵐である。王宮は破壊され,シャム王は遺体で発見された。数万のタイ人が捕虜としてビルマに連れ去れた。アユタヤ朝400年の歴史はここに幕を閉じることになる。

このあたりの話はWikipedia英語版の第二次泰緬戦争の記事の"Sack of the city"の項が詳しい。


  ◆   ◆   ◆


ところが,ビルマによる支配はそう長く続かなかった。シャム(タイ)はすぐに回復する。救国の英雄,タークシン(中国系タイ人。中国名は鄭信。元首相のタクシンとは綴りが違う)が登場する。

タークシンはアユタヤ王朝の将軍である。アユタヤ陥落後,その下流にあるトンブリーに新王朝を樹立。国内に乱立した諸勢力を鎮圧後,アユタヤ王朝の旧領や属国を回復した。

タークシン王は晩年,精神錯乱をきたし,家臣によるクーデターで捉えられる。そして,民衆の支持を受けたかつての右腕,チャオプラヤー・マハーカサット・スック将軍に処刑された。

このチャオプラヤー・マハーカサット・スック将軍こそ,後にラーマ1世となる人物である。ラーマ1世が興したチャクリー王朝は今も続いている。


  ◆   ◆   ◆


ビルマによるアユタヤ王朝の滅亡は,現在のビルマ(ミャンマー)とタイの関係に強い影響を及ぼしている。タイの歴史の教育では必ず,第二次泰緬戦争とアユタヤ陥落が取り上げられ,タイ人のビルマ(ミャンマー)人に対するネガティブな感情のベースとなっている。

物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)物語タイの歴史―微笑みの国の真実 (中公新書 1913)
柿崎 一郎

中央公論新社 2007-09
売り上げランキング : 49667

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


物語 ビルマの歴史 - 王朝時代から現代まで (中公新書)物語 ビルマの歴史 - 王朝時代から現代まで (中公新書)
根本 敬

中央公論新社 2014-01-24
売り上げランキング : 1053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« インドでは今日(4月7日)から総選挙が始まる:国民会議派大敗の可能性 | トップページ | カンボジア・コンポントム州,中田厚仁氏殺害から21年 »

東南アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/59428664

この記事へのトラックバック一覧です: 4月7日はアユタヤ王朝滅亡の日:

« インドでは今日(4月7日)から総選挙が始まる:国民会議派大敗の可能性 | トップページ | カンボジア・コンポントム州,中田厚仁氏殺害から21年 »