« この世界はいかに生まれしや? インドの場合 | トップページ | Is Bandung burning? (1) Visit to Agate Studio, Bandung: バンドンは燃えているか?(その1)バンドンのゲーム開発企業アガテ »

2013.12.01

金沢の尾山神社に行ってきた

先週末,金沢に行ってきた。なぜ,今頃記事を書くのかというと雑事に追われていたからです。明後日にはインドネシアに居るし…。

金沢で見たもののうち,記憶に残ったものを紹介する。尾山神社である。

Oyamashrine01

尾山神社は前田利家とまつを祀った神社であるが,神門は和洋折衷の斬新なデザイン。

Oyamashrine02

江戸時代は,幕府の許可なく神社を創建できなかったので,明治になってから建設された(1873年/明治6年)。

そのためか,西洋の建築技術が応用され,上層階にはステンドグラスが使用されている。さらに屋根には日本最古の避雷針が使用されている。

Oyamashrine05

↑境内から神門を振り返る。

Oyamashrine03

↑神門越しに社殿を望む。

Oyamashrine04

↑境内には前田利家像が。

Oyamashrinesidestreet

↑神社脇の小道

Oyamashrinesteps

↑神社の石段

|

« この世界はいかに生まれしや? インドの場合 | トップページ | Is Bandung burning? (1) Visit to Agate Studio, Bandung: バンドンは燃えているか?(その1)バンドンのゲーム開発企業アガテ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

神門、これは面白いですね。
ちょっと東南アジアの建物を思わせるスタイルでもあります。
と言うわけでインドネシア行、どうぞお気をつけていってらっしゃい。

投稿: 拾伍谷 | 2013.12.02 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44485/58679869

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢の尾山神社に行ってきた:

« この世界はいかに生まれしや? インドの場合 | トップページ | Is Bandung burning? (1) Visit to Agate Studio, Bandung: バンドンは燃えているか?(その1)バンドンのゲーム開発企業アガテ »